スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Pro (17-inch, Late 2011) macOS再インストールで [続ける] を押しても先に進まない(失敗する)問題

ずっと使わずに放置していたMacBook Pro (17-inch, Late 2011) があったので、工場出荷時に戻そうと思い、「command + R」で内蔵の macOS 復元システムから起動した。Yosemiteまでアップデートしていたので、macOSユーティリティが起動した。

ここまでは正常だったが "macOSを再インストール" を選択し、「続ける」ボタンをクリックしても、押したことは認識できるのだが、全く無反応。何も始まらない。NVRAM(PRAM)をリセットしたり、「option + command + R」 キー または 「shift + option + command + R」 も試したが変わらず。パーティーションも色々と切り直したり、再フォーマットもしたがダメ。"Time Machineバックアップからの復元" では正常に復帰できるので、ハードウェア的な問題ではないようだ。

試行錯誤して結局解決した。換装していた1TBのHDDでは、macOSユーティリティ(Yosemiteでアップデートされた)では正常にリカバリーできなかったが、元々装着されていた750GBのHDDに戻したところ、「command + R」で正常にリカバリーが始まった。完全に忘れていたが、この Late 2011 のモデルでは、「command + R」ではmacOSユーティリティは起動せず、地球儀が回るアニメーションが始まり、ネットワークからのリカバリーが始まる。

はっきりしたことはわからないので、ここからは半分想像で原因を考えてみる。Yosemiteくらいまでアップデートしてしまうと、「command + R」で起動するmacOSユーティリティ自身がHDDに残っていた場合は、そちらを優先させるのかもしれない。最近のmacOSのファイルシステムは詳しくないのでよくわからないが、macOSユーティリティはブートブロック等に書き込まれており、ディスクユーティリティのフォーマットでは消去されないだと思った。なぜなら、macOSユーティリティ内のディスクユーティリティで1TB HDDに対してフォーマットやパーティーションの切り直しなどは何度も行ったが、「command + R」で起動するとmacOSユーティリティが起動する。元に戻した750GB HDDは、Windowsで完全にフォーマットをした後、バックアップに使用していた。macOSに関連するものは何も含まれてないはずなので、このHDDを接続してリカバリーモードで起動すると、Late 2011内の不揮発性メモリに含まれる本来のリカバリーモードが起動したのだと思った。つまり、1TBのHDDも、一度外してWindows等でフォーマットをすれば、正常にリカバリーできたのかもしれない。
スポンサーサイト

El Capitanの標準メールのエイリアスで問題発生→解決

El Capitanがいよいよリリースされたが、標準メールでトラブルが発生した。メールを送ろうと思ったが、エイリアスが従来登録していたエイリアスが表示されず、差出人のアドレスがiCloudアクセス用の主アドレス(Apple ID)のみの表示になってしまう。

標準メールの設定を修正しようと思い、メールのメニューからメール→環境設定→アカウント情報→エイリアスを確認したが、従来使っていたエイリアスが表示されない。仕方がないので手動で追加しようと思い、プルダウンメニューから「エイリアスを編集」を選択するとダイアログが表示されたので追加を試みたが、[OK]も[キャンセル]も効かず、ダイアログが閉じることができない不具合に遭遇した(※問題解決後は「エイリアスを編集」を選択するとSafariが開き、iCloudへのサインイン画面が開く)。この状態になると、標準メールを終了させる以外に閉じる方法は無し。

結論から書くと、以下の方法で直すことができたので記載しておく。

1.システム環境設定でiCloudを選択
2.一度iCloudからサインアウト(Macからは情報が消えるが、iCloud上には情報は残る)
3.念のため一度リブート
4.システム環境設定でiCloudを選択し、再度サインイン

この後、標準メールを起動したところ、差出人のアドレスに従来のエイリアスがすべて表示された。

ちなみに私はMobileMeからの移行組なので、メールアドレスは未だに me.com を使用している。また、現行はエイリアスは3つまでだが、MobileMeからの移行のため5つまでエイリアスが使える。これらが影響しているのかどうかは不明である。

MacBook Proビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム修理完了

私が昨年まで使っていたMacBook Pro 17インチ(第5世代 - 2011年10月発売 - late2011 - 10.7 Lion MD311J/A Model No : A129)を妻に譲り、私が新しいMacBook Pro Retina15.4 を購入したことは既に書いた通り。

だが、その後まもなくして、その妻に譲った17インチMacが不調になった。画面に縦縞が出るようになったり、急にリブートしたり。妻はハイテク機器と相性が悪いので、またかと思っていたら、今度は本当にMacの調子が悪かったようだ。買ってから3年経った機種だったので、結局妻も先月Macを新調した。

17インチMacはリカバリーモードでOSの再インストールをしても途中で止まってしまう。修理はマザーボード交換だろうから、4〜5万円は掛かるだろう。17inchの画面は魅力的だが、動かないMacを持っていても邪魔なだけだし、どうしようかと考えていた。

先日、Appleから公式にMacBook Proビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラムの案内が出た。症状も一緒だし、シリアルを調べると完璧に当たり機種。という訳で修理に出した。

AppleにMacを修理に出したのは実は初めて。Webから電話の予約をすると、きちんと指定時間にコールバックしてきた。対応は実に丁寧。対象機種だということで、こちらが申し訳なくなるくらい謝っていた。ピックアップの日時を指定すると宅配業者が取りに来た。Macは梱包も何も不要。そのまま渡して完了。翌日、修理品受け取りのメールが来たと思ったら修理完了、送付の案内。丸2日間で修理完了。修理品は完璧な梱包で、ほぼ新品購入時と同等の状態で届いた。

壊れたのは残念だが、アフターサービスは完璧であった。

Mac/移行アシスタントで残り時間わずかで固まるトラブル

結論から言えば、、移行アシスタントで残り時間わずかで固まる場合はワークアラウンドは見つからなかった。OS Xのクリーンインストール後、アカウントを新規で作成し、手動でアプリとデータを戻した方が確実で早い。

Macのお気に入りの一つが移行アシスタント。アプリからデータは勿論、設定までがごっそり転送され、簡単に旧Macから新Macへ移行できる。移行後は旧機種と全く同じ状況。素晴らしい。だが、今回はその移行アシスタントが正常に機能せず、この激務で貴重な土日は、Huluで映画鑑賞しながらひたすら待ち続けるだけの無意味な週末になってしまった。

Macを購入し、いつもの様に移行アシスタントでアプリやデータを旧Macから新Macに移す作業を開始した。転送の方法は有線LAN、無線LAN、旧MacからHDDを取り外し&SATAアダプタを取り付けてUSB経由で新Macへ直接接続、Thunderbolt接続で旧Macをターゲットディスクモードで接続の4通りがある。まずはお手軽でそこそこ速く、信頼性も高い有線LANで試した。容量は800GB程度。当初、正確な時間は覚えてないが、6〜8時間くらいだったと記憶している。

順調に移行しているように見えた。終盤に差し掛かり、残り1分の表示が出た時に問題が起こった。このまま固まったのである。正確にはマウスカーソルは転送元、転送先共に正常に動いているので、完全なフリーズではない。終了条件から抜け出せず、アプリが終了しない感じ。かと言って、タイムアウトもない。この状態が1時間以上継続した。新MacはSSDなので冷却ファン以外は無音だが、旧Macは通常のHDDなのでHDDの転送中はヘッドのシーク音がするはずだ。だが耳を当ててもスピンドルが回転する音しかしない。完全に転送が止まっている。仕方が無いので電源の長押しで強制シャットダウン。新Macは中途半端にデータがコピーされてしまったので、[CMD]+[R]でディスクユーティリティーを起動し、ディスクを消去後にOS Xの再インストールをした。この作業で40分。元の状態に戻したところで、もう一度挑戦。しかし、結果は同じ。ググって調査してみると、Thunderboltのケーブルを使うとうまく行ったという報告を見つけたので、日曜にケーブルを買いに行くことにした。ダメ元で一晩、もう一度試してみてが、やはりダメであった。

日曜、ヨドバシでThudnerboltケーブルを購入し、速攻で帰宅。早速つないで見ると、移行時間は有線LANの約半分で4時間と表示。そのまま待つこと3時間程度だろうか。今度は残り23分で停止した。容量は200GB程度は余裕があるはずだ。Macのファイルシステムは詳しくないが、もしやクラスタギャップだろうか?それとも圧縮伸長して転送するなら伸長時のテンポラリファイルを置く容量が足りないのだろうか?色々な原因を考えた上、要はファイルを減らしてみりゃいいだろうということで、TimeMachineを信じてデジカメの写真やiTunesの音楽データをばっさり削除。もう一度上述したOSのクリーンインストールから初めてリトライしたところ、転送時間は1時間弱。しかし、今度は残り11分で停止した。

これは何か転送するファイルに問題があると考えた。転送元のHDDの物理的な結果があるなら、カショーン、カショーンとリトライをするはず。しかし異常音はしない。ということは、ファイル自体の問題。アプリやデータは単なるファイルだが、問題があるとするならシステム設定系のファイルだろう。そう言えば、移行アシスタントではどのファイルを転送するか、アプリ、データ、その他のファイル、設定系ファイルの選択肢がチェックボックスでチェックできたはず。ということで、クリーンインストールした後、「コンピューターとネットワーク設定」のチェックボックスを外して動かしたところ、無事終了した。

妻のMacの移行でも同様のトラブルが発生した。そちらは「コンピューターとネットワーク設定」のチェックボックスを外してもダメ。結局アカウントを新規で作り、ターゲットモードで旧Macをマウントして、手動でアプリやらデータをコピーした。

久しぶりの大トラブル。どうして移行アシスタントがうまく動作しなかったかは原因不明である。思い起こしてみると、一つだけ心当たりが。以前、何かのワークアラウンドか裏技だったかは忘れたが、2〜3回ほど、.plistファイルを触ったことは確かにあった。あくまでも推測の域を出ないが、この辺りが何かトラブルの元を作っていた可能性も否定はできない…

それにしてもパソコンの設定で2日も潰したのは数年振りだ。なかなか厳しい週末であった…

theme : Mac
genre : コンピュータ

MacBook Pro Corei7-2.6GHz/16GB-1600MHz/1TB/Retina15.4 購入

久しぶりにMacBook Proを新調した。3D CADの動作が重かったのと、妻の6年落ちのMacBook ProにYosemiteを入れたら遅くて使い物にならなかったので、私の3年落ちMacBook Proを妻にシフト、私のMacBook Proを新調することにした。英語キーボード、16GB、1TB-SSDが必須だったのだが、Sofmapに限定モデル(旧機種ハイエンドモデルのカスタム版)の在庫があったのでそれを購入。Corei7-2.6GHz/16GB-1600MHz/1TB-SSD/Retina 15.4inchというスペック。これでまた3年は戦えるか…

備忘録も兼ね、一応スペックを書いておく。

MacBook Pro 15.4/Retina/2.6GHz/16GB/1TB-SSD flash storage
ME874JA/A
Model No:A1398
Core i7,6MB L3 cache Turbo boost 3.8GHz
16GB/DDR3L SDRAM
Retina 2880x1800 15.4 IPS
Intel Iris Pro Graphics
NVIDIA GeForce GT750M 2MB GDDR5
FaceTime HD
Thunderbolt 2port x 2
Mini Display
SDXC HDMI USB 3port x 2
802.11ac WiFi BT4.0
35.9 x 24.7 x 1.8 2.02Kg

theme : Mac
genre : コンピュータ

初めて使った「どこでも My Mac」

用事があって、Macを持参して妻が実家へ帰った。夜、妻から電話。メーラーの送信は出来るが受信が出来ないらしい。設定を聞いても問題無さそう。Macが目の前にあれば何とかなるかもしれないのだが…

そうだ、「どこでも My Mac」を使ってみるか。ということで、初めて「どこでも My Mac」を使って復旧を試みた。先方がADSLということもあり、若干もたつくが一応使い物になるレベル。結局Mac側の問題ではなく、ADSLモデムかWiFiルーターの関連の問題であることまで突き止めた。残念ながら彼女の実家のネット設定がわかる人が留守で、流石にリモートで他人の家のルーターの設定を変える訳にはいかず断念。それにしても「どこでも My Mac」、意外に便利であることを今更ながら知った。

Seagate 2.5inch Hybrid Laptop SSHD ST1000LM014 インプレッション

先日MacBook Proに換装したSSHDであるが、主観的ではあるが簡単にレビューを。HDDの速度と比較した定量的なデータはないので、話半分ということで…。

まず肝心な速度だが、全体的には「何となく早くなった気はする」という感じである。プラシーボ効果の範疇かもしれない。起動時間は変わらないように思える。アプリケーションの起動時間は明らかに短くなったが、劇的という程でもない。普段良く立ち上げるiTunesやiPhotoなどを起動すると、「あれ、早いな?」と気付く程度。内蔵の8GBのSSDは多分キャッシュとして使われているのだろうが、アプリ程度のサイズであればキャッシュのヒット率が高く、速度が体感できるのかもしれない。

今回の換装の目的は怪しかったHDDの交換なので、容量が増えた上に、若干とは言え速度改善もあったので満足。

MacBook Pro 17inch/Core i7/2.4GHz 1TB SSHD ST1000LM014 へ換装

昨年から調子が悪かった内蔵の750GB HDD。時々エラーというかバッドブロックをリトライするような「カショーン、カショーン…」と嫌な音を立てる。HDDが完全に死ぬ前にHDDを交換するのが賢明だろうとの結論に至り、どうせ交換するなら容量を1TBにし、且つ、HDDとSSDのハイブリッドであるSSHDに交換することにした。

現在使用しているMacのスペックを改めて書く。

第5世代 - 2011年10月発売 - late2011 - 10.7 Lion
MD311J/A Model No : A1297
MacBook Pro 17インチ
CPU:Core i7/2.4GHz HDD容量:750GB ドライブ規格:DVD±R/±RW/±RDL

買ったSSHDは以下の通り。Amazonで約12000円であった。

Seagate 2.5inch Hybrid Laptop SSHD ST1000LM014 1TB 9.5mm

作業は当然DIYで行う。

■交換に必要な道具■

T6トルクスドライバ、プラス精密ドライバ

■HDD交換手順■

Mac本体をシャットダウンし、傷が付かない様に柔らかい布の上に裏返しで置く。筐体の縁にあるネジ10本を精密ドライバで外す。底面カバーは中央部に2箇所、軽い嵌め込み部分がある。底面カバーを曲げないよう、ゆっくり引上げると「ポン!」と外れる。



今回購入したSSHD。



古いHDDを外す。HDDの上下に黒いプラスチックマウントがある。上側のマウントのネジ2本を外せば、HDDが外れる。



SATAのケーブルはテンションを掛けない様に注意してHDDから引き抜いて外す。



T6のトルクスドライバを使用して固定用のネジ4本を古いHDDからSSHDへ移す。



後は逆の手順で組立てる。SSHDにSATAのコネクタを接続し、黒いプラスチックマウントでSSHDを固定。底面カバーを被せ、中央部の嵌合2カ所を押して嵌める。外したネジ10本で固定して完了。

データ移行はTimeMachine等からも出来るが、私は古いHDDから行うことにした。そのため、外した古いHDDは、USB HDDケースの入れる。データ移行時の転送元ドライブとなる。



■データの移行手順■

データの移行手順を簡単に書くと以下の通り。

1.古いHDDからデータ移行を行う場合は、古いHDDを入れたUSB HDDケースを接続
2.起動時に[command] + [R] キーでリカバリーモードに入る
3.いきなりTimeMachineや古いHDDからもリカバリーができるが、私は一度OS Xを
 クリーンインストールしたかったので、Disk UtilityでSSHDをフォーマット。
 その後、OS Xのインストール。OS Xのインストールは、約1時間程度掛かる。
4.インストール後、TimeMachineやUSB HDD等、どこからデータ移行するか
 尋ねてくるので外部ドライブ(USB HDD)を選択

数時間待てば(私の場合、600GBの使用量で10時間程度)、内蔵ドライブ(1TB SSHD)にアプリケーションからデータ、設定情報の全てが全く同じ状態でコピーされる。

今回もトラブル無く無事完了。この辺りの使い勝手はMacは秀逸である。

MacBook Pro 起動せず→リカバリ成功、今回で2度目

Macに関して書いた前回の夏頃の記事も、確か起動しない件だった。記録も兼ねて一応書いておく。

今回はシャットダウンしようとしたところ、ギアが回転したまま固まった。仕方がないので強制的に電源をOFFし、再度電源をONにしたらアップルロゴの後に、やはりギアが回転したまま。本体に耳を当てても、ヘッドがシークしている様な音はしない。数回、強制電源OFF→電源ONを繰り返したが同じ。仕方が無いので、起動時に[command] + [R] キーでリカバリーモードに入り、MacOSだけ再インストールしたところ、正常に起動した。

今回はHDDから異音こそ聞こえてこなかったが、どうもHDDがヤバそうな雰囲気。完全に死ぬ前に、HDDを換装するか…

MacBook Pro 起動せず→リカバリ成功

夏休み初日から出鼻をくじかれたが、MacBook Proのリカバリーモードの優秀さによって救われた。

昨夜移動し、MacBook Proに電源をつないで起動。ん?何かおかしい。アップルマークが表示され、スピンドルが回転するがそのまま5分待っても起動しない。もしやと思って本体に耳を当てると、「カショーン、カショーン、…」と1秒程度周期で嫌な音がしている。これはHDDが逝ったか?

早速リカバリディスクでDisk Utilityと思ったが、良く考えてみるとそんなディスクが添付されていた記憶がないし、あったとしても今回はACアダプタしか付属物は持って来てない。調べてみると、起動時に[command] + [R] キーでリカバリーモードに入るのであった。しかも、このリカバリーモードのOSやユーティリティのソフトウェア群自体はどうも内蔵のフラッシュメモリに入っているようだ。素晴らしい。

早速Disk UtilityでHDDのチェック。特に起動しないような問題は無かった。想像するに、起動時にOSがアクセスする何かのシステムファイルが格納されているセクタにたまたまバッドセクタが発生し、リードでリトライを繰り返しているように思う。必要なシステムファイルが根本的に読めないようではしょうがない。OSの再インストールを試みる事にした。

このリカバリモード、更に驚くべき機能があった。リカバリーモードのOSで無線LANがつながり、Mac OS Xの再インストールができるではないか。しかも、このMacは元々OS X Lionモデルだが、先日アップデートしてOS X Mountain Lionをインストールしたばかりであった。そのアップデートの状態も認識し、ネットワークからOS X Mountain Lionをダウンロードしてインストールしてくれる。賢過ぎる…

こういう普段は見えない部分に出来の良さを感じさせるところがAppleである。一般の人から見ると地味な機能ではあるのが、こんな機能にさえ徹底的に拘り、何かあった場合は気持ち良いくらい奇麗に事が進められるところがAppleの本当に強みなのかもしれない。こういう経験をしてしまうと、価格が高くても次はAppleを選んでしまう。

待つこと約1時間。OS X Mountain Lionの再インストールは無事終了。何事もなく、昨日シャットダウンした時と全く同じ設定、状態で起動が成功して問題は解決した。その後HDDは大丈夫そうだが、一応様子を見ながら状況によっては交換を考える。

Time Machineには何度か救われたが、OS Xのリカバリーモードがこんなに素晴らしいとは…
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。