スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話メンバーでポトラックパーティー

今日は定例の安曇野でのランチではなく、先日習い始めた東京での英会話クラスでのポトラックパーティーに呼ばれた。ちなみにポトラックパーティーとは料理をホストが用意するのではなく、参加メンバーが食べ物を持ち寄るパーティーのこと。何年か前に英会話のレッスンで知ったのだが、今回は初めて自分が参加することに。留学生や海外在住者にとっては日常なのだろうが、日本ではこのような習慣は無い(少なくとも私の周りの人達の間では)。せいぜい長野でバーベキューくらいだろうか。

私は基本的に飲めないのだが、酒を担当したのでスパークリングワイン、ワインの赤と白、日本酒数本、チューハイなどを用意。COSTCOや安曇野の量販店で購入しておいた。流石に量が多かったので酒類は車で運び、一度戻って自転車でホストのお宅へ。

今回はゲスト等もあり、先生を含めて8人が参加。先生がかなり日本語を理解できる方ということもあってか、英語と日本語が入り乱れるパーティーとなった。サラリーマンは私一人で、会社経営、店舗経営、学者、専業主婦という普段は接点が無い方が殆ど。参加メンバーによるギターの生演奏と生歌をBGMに、お喋りをするという初めての経験であった。

安曇野でのランチは先生が理系的な趣味なのと、メンバーが若いということもあり話が噛み合うのだが、東京のクラスは殆どが文系&年配の方が多いため、日本史の話など私が疎いテリトリーの話が多い。応用物理学の話もあったが、流石に私の理解の範疇を超える。Androidの4.4のコードネームがKey Lime PieじゃなくてKitKatだったのは意外だったね、なんて話だったらもっと饒舌になれたのだが…

スポンサーサイト

5年振りに英会話スクール再開

昨年の今頃、同じ様なタイトルの記事を書いた覚えがある。書くのが遅くなってしまったが、結局Skypeを使ったオンライン英会話は1ヶ月でやめてしまった。先生によってバラツキが酷かったからである。たまたま最初に教わった先生は良かったのだが2回目以降の先生が全滅であった。間違った発音、内容でも訂正してくれない。一度フリートークのレッスンを選択して驚いた。「今日はフリートークなので、時間まで何か喋れ」である。喋っても相槌を打つ程度で、特に指導は無い。最初に受けた先生にお願いしようとしても、なかなか時間が合わなかったり。

それから25分という時間も短いと思った。向こうは時間管理が厳密なので、レッスンの途中でも時間が来たら容赦なく終了。質問する時間も無く、慌ただしい。そのため、この1週間何していた?的な世間話が皆無なのが残念であった。

安曇野に住んでいた5年前までは、小規模な英会話スクールで習っていた。前半は先生との雑談タイム。前回のレッスンから今日までの間に起きたトピックスを雑談するのが定番。当然話せば質疑応答。時には殆どが雑談時間ということもあった。言葉に詰まると、先生は単語や言い回しを教えてくれたり、発音も良く矯正してくれた。毎回何か言わないといけないので、言いたいことを予習した。予習した内容を実践することで言い回しを覚えたり、その場で質問できた。今思えば一番英語が身に付いたのがこのレッスンだったように思える。生徒数名の小規模スクールならではの特徴かもしれない。しかも申し訳ないくらいリーズナブルであった。

前置きが長くなった。この安曇野で習っていたようなスタイルの英会話スクールがあれば習いたいと思っていたが、近くにあることが最近わかった。早速見学というか、体験レッスンを受けてみた。生徒は3名、イギリス人の先生。1回1時間半という充実した時間。前半30〜40分は1週間の出来事、国内、国外のニュースについて語り、後半はテキストブックに沿ったロールプレイングなど。価格も安曇野の時とほぼ一緒。私が求めていたスタイルにかなり近かったので、通うことに決めた。

やはりface-to-faceで受けるレッスンの方が私には向いているようだ…

4年振りに英会話スクール再開

4年のブランクがあったが、ようやく英会話スクールを再開した。と言っても、オンライン英会話である。

英会話というと学校に通うのが普通だが、今はネットを使って外国在住の外国人から直接習う英会話スクールが多い。一般的なオンライン英会話では、先生はフィリピン人の大学生(アルバイト?)、Skypeを使って1日1回(まで)25分の授業、月5000円というのが相場のようだ。

ということで、定番のLangrichという英会話スクールの無料体験(2回)を申し込んでやってみた。オンライン英会話は生まれて初めての経験である。

予約を入れSkypeを立ち上げて待つとコールが来て授業スタート。最初なので、テキストを使うコースで受けてみた。結論から言えば非常に良かった。やはり話すことは重要であり、言いいたくても表現できなかったことを後から振り返ることでそれが英語力向上に繋がると思う。

オンライン英会話は時間に束縛されない。空いていれば15分前から予約が出来るので、思い立った時にできる。当初短いと思った25分という時間も集中するには適度。先生の発音も奇麗だったし、教え方も良かった。オンライン英会話の場合、先生の質、即ち先生に対する教え方の教育がポイントになるようだ。

先生はフィリピンにいる訳なのだが、音声はクリアで遅延も途切れることも無かった。映像は若干カクカク気味だが、問題にならないレベル。Skypeは音質が良いので聞き取り易かった。

基本的に毎日習えるので、続ければかなり向上しそうな予感。それにしても凄い時代になったものである。

暫く続け、またレビュー予定。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。