スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELC@安曇野 NICONA

定例の旧英会話スクールメンバーでの食事会であるELC。今日はニコナでランチ。私のチョイスはハンバーグランチ。美味しかったのだが、今回も錆びついた英語脳フル回転で味わう余裕無し。その後、友人とファミレスでお茶して帰宅。







スポンサーサイト

カフェバロ (CAFE VALO)

今週末のイベントの一つが安曇野在住時に習っていた英会話スクールの先生&友人とのランチであるELC。今日は松本市梓川のカフェバロ (CAFE VALO)へ。とても雰囲気の良い素敵な店構え。窓からの眺めも良く、ゆっくり食事をしながら歓談するには良い店であった。

ランチはメニューが1種類。



ガッツリ系より、幕の内弁当風のこんなメニューの方が私にはありがたい。

タカノフルーツパーラー

久しぶりにタカノフルーツパーラーへ。私は「初恋の香りとあまおう苺のパフェ」、妻は「苺のプレートデザート」をチョイス。1890円もするパフェなのだが、確かにイチゴは非常に良い素材であった。意外だったのがこの白いイチゴ。初めて食べたが、一見すると酸味が強いと思いきや、非常に甘いイチゴであった。




English Lunch Club / スープカレー飯次郎

通っていた英会話スクールの先生とクラスメートとでの定例食事会ELC。今回は穂高川のすぐ脇に出来たスープカレーの店飯次郎へ。元々神奈川の綱島に店があり安曇野に移転してきたとのこと。私の部下は綱島の店に入ったことがあると言っていたが、やはり人気だったそうだ。

実はこの店は開店直後くらいに妻と一度来た事があった。その時は夜だったから気付かなかったが、店の周辺はイワナかヤマメか分からないが魚の養殖場の隣というか中にある。清流の美しさも堪能できる場所でもあった。

スープカレーというあまり聞き慣れないジャンルの食べ物だが、カレーの味付けが絶品。写真は国産豚の角煮と野菜のスープカレーと自家製ハンバーグとゴーダチーズのスープカレー。スパイスが特別なのか、想像している普通のカレーとは一味違う。そんなこともあり口コミで一気に広がったのか、混雑するのが難点。予約する方が良いかもしれない。







食事の後はクラスメートとお茶。限られた時間内に食事をしながら英会話となると、なかなか言いたい事の全てが言える訳ではないので、細かい話はこの場にて。久しぶりに若い女性との会話を楽しんだ。

ご近所さんとタヴェルナ・ラピュタで夕食

夕食は近所の奥さんに声を掛けられ、妻と3人で穂高のタヴェルナ・ラピュタへ。この店は何度か来た事があったが、改めて美味しいと再認識。久しぶりだったので会話も弾み、楽しい時間を過ごした。今日はご馳走になってしまったが、今度東京に来た時には美味しい店にご案内しよう。








レストラン バリエ Cafe VARIE

定例の安曇野在住時にお世話になった英会話の先生と友人との昼食会、English Lunch Club。今回は穂高にあるレストラン、バリエへ。ここの場所は安曇野では有名なパン屋、あづみ野の朝のほぼ向かい側。うーん、こんな所にこんなレストランがあったとは気付かなかった。

私と友人はシーフドプレート(1200円)。パイの中は炒めた白身魚と貝、タコ、ホタテ、エビなど。それらにエビのクリームソースが絡めてある。上品な風味。エビは大きくて食べ応えがあった。



先生はビーフシチュープレート(1600円)をチョイス。



デザートとドリンクはそれぞれ200円。この内容でこの価格はリーズナブル。



先日、5年振りに英会話スクールへ通うことを再開したと書いた。当然だが、英会話に通うようになると、何かしら話すことになる。言いたかったことが伝えられなかった場合は気になるので、後で言い回しを調べたりする。結果として、忘れかけていた言葉を思い出したり、新たな言い方を覚えたりする。

今回も食事の味を味わう暇もないくらい先生と話をしたが、まだ英会話を再開して数回ではあるものの、5年間のブランク期間と比べると、確かに言葉が出てくるようになった気がした。仕事で英語を話す機会が殆ど無い私には、やはり英会話スクールの継続無しに上達はあり得ないようだ…

ガレットの店 ブレ・ノワール (Ble Noir)

定例のEnglish Lunch Clubの昼食会で穂高にあるガレットの店、ブレノワールへ。

実はガレットを食べるのは初めて。ここのガレットは信州産そば粉100%を使って焼いてあるらしい。食事系とデザート系のガレットがあり、先ずは食事系。クレープっぽい生地に、卵、チーズ、しめじ、ベーコンが包む様に入っていて、フォークとナイフで食べる。これは美味い。



せっかくなので、デザート系も食べることに。選んだのは店名を冠したブレノワール。パリパリに焼かれたガレットにはちみつが塗ってあり、バニラアイスと蕎麦の実のローストが乗せてある。甘いガレットと香ばしい香りの蕎麦の実の組み合わせが新鮮。





これはまた来なくては…

English Lunch Club

今日のランチは以前習っていた英会話の先生+クラスメイトとの定例食事会、English Lunch Club。今回は山麓線沿いのきこり亭へ。この店は安曇野在住時は良く行っていたお気に入りの店。チョイスしたメニューは定番のきこり膳1100円。ガッツリ食べたい人には物足りないかもしれないが、私の年齢になるとカロリー控えめで種類が多いこの様な食事がありがたい。

最近英語を使う機会が減ってしまったので、非常に貴重な時間であった。

松本ブエナビスタで夫婦新年会

ブランチは夫婦新年会を兼ねて松本のブエナビスタへ。一人1680円のバイキング。この界隈ではクオリティは高い方で満足感もある。めんたいこスパゲティはソースが美味しかった。サービスで出してくれたフォアグラのムース?は好みが別れる所。私はあのソースの酸味が苦手で妻にあげてしまった。デザートのチョコ生クリームバナナが非常に美味しかった。


English Lunch Club

定例の以前習っていた英会話の先生+クラスメイトとの食事会、English Lunch Club。

先生は今日もハイテンション。待ち合わせ場所で我々を見るや否や大声で挨拶すると先ずは女性陣にハグ。若干彼女達は引き気味(に見えるの)だが、そこが先生の良いところ。めげずに毎回同じ行動なので、儀式として定着した。外国人だと自然だが、もし私が同じ事をしたら完全に訴えられるレベル。うーん、役得だなぁ。

という訳で、今日は安曇野アートヒルズミュージアム隣のニジノカオリでフレンチ。雰囲気も良く、落ち着いて歓談しながら食べる店としては最適。



コースはプチコース2000円をチョイス。前菜は信州産福味鶏とくるみのパテ、さつまいもとマスカルポーネのムース。舌触りも良く、ソースもマッチしていた。



パンは2種類でお変わり自由。下段のパンはかなり粒子の密度が高く、もっちりした風味で私好み。



本日のスープ。確か何とか豆のスープだったような…



先生と私の男性陣は信州産SPF豚フィレ肉のローストとたくさんのきのこ。豚肉なのに焼き加減がミディアム。柔らかくてこんな豚肉は初めて。確かに美味しかった。



女性陣は本日の鮮魚ソテーとたくさんのきのこ。



デザートは…確か紅茶のパンナコッタとバナナのシャーベットだったかな。



最後にコーヒーか紅茶が付いたが、写真は取り忘れて無し。

非常に楽しい時間ではあるが、いつもながら自分の英語力の衰退を再認識させられる厳しい時間でもある。
努力あるのみか…

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。