スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEDIABRIDGE MBR-1500 BMW マイクコネクタ修理

愛用のMEDIABRIDGE MBR-1500 BMWのマイクコネクタが断線した。半田付けで復旧を試みるも、コンタクトが圧着式で且つ、一度だけ挿入できる方式のため、引き抜いて半田付けし、再利用ができなかった。そのためコネクタ部分のみを購入して修理した。

こんな記事が国内の人に役に立つ確率はゼロだと思われるが、一応書いておく。

部品を調査すると、molexのコネクタであることが判明。便利な時代で、どんな半導体やコネクタ部品でも今は誰でも大抵購入できる。90年代にハード開発エンジニアをしていた時代には部品どころかデータシートでさえ代理店から…長くなるのでやめておこう。

コネクタはハウジング(プラスチックケース)とコンタクト(金属端子)から構成されている。それぞれのパーツは、下記のサイトから下記の価格(今現在)で購入可能。細かい部品なので、購入単位が5個とか100個とかだが、使用するのはハウジングは1個、コンタクトは2個のみである。

■コンタクト
 メーカー molex
 型番 43030-0010
 個数 100個(100個単位)
 価格 524円(100個)
 http://jp.rs-online.com/web/p/pcb-connector-contacts/2333021/

■ハウジング
 メーカー molex
 型番 43025-0200
 個数 5(5個単位)
 価格 36円(5個単位なので180円)
 http://jp.rs-online.com/web/p/pcb-connector-housings/2332747/

右側が切れた線とハウジング。左側が新規購入したコンタクトとハウジング。ハウジングは再利用できたかもしれないが、内部のコンタクトのかえしをホールドする部分が削れてバカになっている可能性が高いので購入。



極性を確認し、古い線からコンタクトを切断。コンタクト付近は内部で断線している可能性が高いので、5cm程度はカットした方が良いかもしれない。線に収縮チューブを通して、ワイヤーストリッパーで線の被覆を剥く。圧着ペンチでコンタクト圧着し、コンタクトをハウジングに挿入。極性は古いコネクタを参考に間違わないようにする。収縮ケーブルをコネクタ側に寄せて、半田ゴテで軽く撫でて収縮チューブを収縮させて完了。無事マイクが復活した。

スポンサーサイト

Z4+MEDIABRIDGE+iPhone5/BluetoothでSiriを使ってハンズフリー操作

以前も書いたが、MEDIABRIDGEとiPhoneをBluetoothで接続すると、車を運転中でも、相手の名前を呼ぶだけでハンズフリーで電話を掛けて会話をすることが出来た。

iPhone5でも試してみたところ、従来同様にBluetoothで接続可能(MEDIABRIDGE:Version 6518)であった。更にiPhone5になってからは、Siriが使える。ハンズフリーだけでなく、天気予報を音声で尋ねたり、音声だけでメールを送ったり、リマインダーにToDo事項を追加したりできる。

車内の方が、Siriの活用の機会は多いかもしれない。

theme : BMW
genre : 車・バイク

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500 アップデート 6518

久しぶりのアップデート。リリースノートを見ると、Bluetooth関連が色々と修正されているようだ。

-------------------------------------------------------
* DICE Electronics Firmware Update Information Sheet *
-------------------------------------------------------
BMW MediaBridge
Version Number: 6518
Release date: 8/10/2012

Changes and improvements
---------------------------
- Chapter (Audiobooks) and Episodes (Podcasts) are now handled correctly
- Firmware version number is now announced by TTS
- Pressing the Scan button turns on Voice Control
- Fixed a bug which caused the BT Phone not to pair.
- Added a feature where the system announces the status
- Automatically reconnect when a BT connection is lost
- Allow the start if a BT stream if in BT mode and a next/prev track is pressed.

取り敢えずアップデートして使ってみた。以前のバージョンでは、Songモードで曲を聴いている時にPlay Listモードへ移動しても、今再生している曲のプレイリストの場所へ戻れず、プレイリストの最初に戻ってしまっていた(稀に成功する)。まだ真剣に使い込んでないのでわからないが、リリースノートには記載されてないが、今回はそれが改善したように思える。Bluetooth関連は電話の着信や発信しか使ってないので、恩恵は少ないかもしれない。

theme : BMW
genre : 車・バイク

Z4(E85/E86)+MEDIABRIDGE+iPhone/Bluetoothでハンズフリーフォン

車内で携帯電話は原則使わないのでDICE MEDIABRIDGE MBR-1500 BMWに添付してあったマイクはセッティングしてなかった。せっかくあるので使ってみると、便利なことが判明。まるで純正品の様にシームレスに使うことが出来ることが分かった。やはり食わず嫌いはよろしくない。

準備としては、ペアリング作業がある。MEDIABRIDGEとiPhoneをペアリングしたが、あっさり認識。一度ペアリングしてしまえば、搭乗時にiPhoneの操作は不要。車に乗ると自動的に再認識される。iPhoneをバッグの中に入れておいても構わない。

■電話を掛ける場合

BMW Z4(E85)の後期モデルには、ステアリングに通話ボタンがある。これがそのまま使える。通話ボタンを長押しすると、MEDIABRIDGEが音楽を演奏していた場合は音楽演奏が一時的にミュートされる。そしてiPhoneの音声コントロールが自動的に起動される。

「ポポッ」という音の後に、iPhoneの連絡先に登録してある人の名前をフルネームで発声する。認識率はiPhone側の問題。今回初めて使ってみたが、意外に認識率は高いと思った。あとはiPhoneの音声コントロールに従って自動的に電話が掛かる。ハンズフリーフォンとしての音質も良い。妻と車内から通話したが、妻の話では、iPhoneから直接会話しているのと変わらないと言う。車内で相手の声もハウリング等も無くクリアに聞こえる。

会話が終了すると、音楽が再生されていた場合は再開。ちなみに強制的に電話を切る場合もステアリングの通話ボタンを押す。

■電話を受ける場合

電話が掛かってくると、音楽が演奏されていた場合は一時的にミュートされ、ヘッドユニットには電話番号が表示される。ステアリングの通話ボタンを押すと着信する。



MEDIABRIDGEの設置は助手席の座席の下。現在はiPod Touchを使っているので、傷防止のケースに入れてMEDIABRIDGEの横に置いている。



MEDIABRIDGEのハンズフリーフォンのマイクの設置位置はここにした。フロントまでマイクのケーブルをルーティングしたくなかったし、この位置でも充分に音が拾える。ケーブルはパネルを押して隙間を作り、内装を通すようにしたため奇麗に設置できた。



Z4ロードスター(E85)の後期モデルやE86に標準装備のマルチファンクションステアリング。音量やトラックのUP/DOWN、通話ボタンが装備される。前期モデルでは、オプションのマルチファンクションステアリングキットを装着すれば使えるはず(未確認)。



通話ボタンを長押しすると、音楽演奏がミュート。" VOICE DIAL " と表示され、iPhoneの音声コントロールが起動される。



不思議なのは、あくまでもMEDIABRIDGEとZ4のヘッドユニット(オーディオ)のインターフェースは6連装のCDチェンジャーのコネクタだけということ。電話番号等の表示は、CDチェンジャーからのテキスト情報の表示がサポートされていれば、MEDIABRIDGEから表示できるのもうなずける。わからないのがハンズフリーの通話ボタン。BMW純正オプションのハンズフリーテレフォンシステムがどこのインターフェースに接続しているか分からないが、少なくともCDチェンジャー関連ではないと思う。普通に考えれば、ヘッドユニット側のどこかのインターフェースだと思うのだが、どうやってMEDIABRIDGEはCDチェンジャーとのインターフェースだけで通話ボタンを認識しているのだろうか。本当に良く出来たデバイスである。

theme : BMW
genre : 車・バイク

BMW Z4 にインストールした DICE MEDIABRIDGE で iPod を操作

BMWの純正オーディオ(ヘッドユニット)をそのまま使用し、非対応であったiPod/Touch/iPhoneを接続可能にするDICE MEDIABRIDGE (メディアブリッジ) MBR-1500。BMW純正iPodアダプタと違い、プレイリスト数に制限もなく、機能も豊富である。

最初からiPodが対応しているカーオーディオのオーナーから見れば面倒なことをして操作しているように思えるかもしれない。しかし、iPodとの接続を全く意識してない純正オーディオに対して、無改造で、且つ、既存のユーザーインターフェースをそのまま使って多彩な機能を実現したことは賞賛に値すると思う。

iPod Touchを接続し、下記の一連の操作の動画を撮影してみた。

・イグニッションON
・再生再開
・ヘッドユニットで選曲
・ステアリングホイールで選曲
・プレイリストを選択



このMEDIABRIDGEはBluetoothもサポートしており、携帯電話にも簡単に接続できる。私は一人で運転している時は携帯電話を掛けない/取らない主義なのでこの機能は使ってないが、Bluetoothの機能の一つとして音声によるアナウンス機能がある。デフォルトでは、動画の様に現在のモードを喋ってくれるが、設定を変更すると曲名までアナウンスしてくれる。但し、曲名は英語の曲名のみアナウンス可能。ちなみに曲名の表示は純正オーディオのディスプレイの制約もあり、日本語は全て"_" (アンダーライン) で表示されてしまう。

曲名をアナウンスさせるまでの設定を動画で撮影した。

theme : BMW
genre : 車・バイク

MEDIABRIDGE + iPod Touch で WiFi同期は最強

Z4のカーオーディオ環境にDICE MEDIABRIDGE MBR-1500を導入したが、iPodをiPod Touchに変更した。iPod TouchはWiFi同期が出来るからである。要は、部屋に居ながらにして車に一切触れることなく、カーオーディオの曲の更新が出来る。

車は階下の駐車場に停めてある。洗車後はカバーまで掛けてあるので、iTunesで曲の追加やプレイリスト等を更新した場合は、カバーをドアが開くところまで外し、iPodを取り出し、USBにつないで同期し、車に戻す必要があった。カバーは別としても、車からiPodを外して同期し、戻すのが非常に面倒であった。しかし、iPod Touchにしてからは部屋から全てが可能となる。WiFiは駐車場の車まで電波が届くので、部屋からWiFi同期を行うことで、車載の状態のまま曲の追加や削除、プレイリストの変更が可能になる。便利だろうと思っていたが、本当に便利であった。

好きなアーティストの曲のベスト盤を作ってCD-Rに焼き、CDケースに束のようにCD-Rを入れ、好きな曲をCDチェンジャーに入れて聴いていたのはついこの前。それでもテープに比べれば革新的であった。それが部屋に居ながらにして全ての操作を行えるようになるとは…。

自分にとっては、もうこれ以上、カーオーディオに望むことは無い。また一つ、サチってしまったテクノロジーを見たような気がした。

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500 アップデート

Z4に装着しているDICE MEDIABRIDGE MBR-1500だが、DICE Electronicsのサイトにあるファームウェアの更新状況を確認すると、わずか数ヶ月の間に既に何回もバージョンアップがされていた。

確かに何となくしっくりこない仕様?が気になっていたことがあった。例えばエンジン停止状態からイグニッションを回し、エンジン始動。普通に考えれば、エンジン停止時に音楽演奏がされていた場合、エンジン始動時には再開するのが普通だろう。しかし、演奏が再開されない。一度オーディオの[DISC 1]ボタンもしくは[←]または[→]を押せば、Song modeに入り、演奏が始まる。まぁ一回ボタンを押すだけなので、ヨシとしていた。

ということで、早速バージョンアップ。バージョンアップはファームウェアアップデート用の専用ソフト(私はMac用を選択)をダウンロードして実行するだけ。あとはMEDIABRIDGEをUSB接続すれば、自動的にネットからファームウェアをダウンロードし、書き換えてくれる。アップデートの必要が無ければその旨警告されアップデートされない。このアップデーターは非常に出来が良い。



ということで、アップデート完了。Version Number 5353から5629になった。上述した問題はやはり修正されていた。エンジン始動後、すぐに音楽演奏がされるようになった。素晴らしい。MEDIABRIDGEを接続した最初だけは正常に動作したが、その後、エンジンを停止・始動させると従来と同様、演奏再開はしなかった。ただ、従来と違うのは、エンジン始動後に特に操作しなくても2度程Song modeに切り替わり、再生しようとしているがうまくいってないように見える。従来通り、曲の送りまたは戻しボタンを押すと、正常に演奏が始まる。

また、使う必要があるのかどうか疑問だったエンジン停止後のiPod/iPhoneへの充電機能は無くなったようだ。最初のコフィギュレーションモードで[DISC 2]を選択した場合、従来なら充電時間を選択できたのだが、バージョンアップ後は"Not abailable"になった。車のバッテリー上がりを考えると私は不要と思っていたし、そんな理由もあってエンジン停止後の充電時間は最短の10秒を選択していた。この機能は仕様からドロップして正解かもしれない。

機能・音質は勿論、MEDIABRIDGEは非常に良くできたiPod/iPhoneインターフェースである。そう言えば、まだちゃんとしたインプレ記事を書いてなかった。今回書こうかとも思ったが、寒いのでまた今度…。

theme : BMW
genre : 車・バイク

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500をBMW Z4(E85)にDIYで取付

取付作業はリンク参照

http://leadaworthwhilelife.blog94.fc2.com/blog-entry-660.html

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500-BMW 到着

注文していたDICE MEDIABRIDGE MBR-1500-BMWが到着した。eBayで発注してから10日間。クリスマスシーズンだったので、もう少し時間が掛かるかと思っていたが、何とか冬休み前に届いた。店からはすぐに発送されたようだが、USPSの普通便だったせいか、US内で暫く荷物は留まり、日本に到着したのは発送から8日後。国内に来てからは通関を含めて2日間で到着となった。





物はこんな感じ。本体とCDチェンジャーに接続するケーブル、USBケーブル、マイクである。このMEDIABRIDGEはBluetoothも対応しており、ハンズフリー着信が可能。そのマイク。



今回のインストール作業では、バックカメラも装着する。カーナビはバックカメラ用のRCA端子が装備されているので、RCAタイプのカメラであるClarionのRC11Cを購入済み。

バックカメラもiPodアダプタであるDICE MEDIABRIDGEも揃った。今回の装備をインストールするに当たり、Z4の修理マニュアルから必要なページも印字完了。明日からは冬期休暇。インストールするに当たっての不明点もマニュアルで確認してクリアにした。一部不安なのは、バックカメラを車内に引き込む方法。ナンバープレート照明の横から穴を開けて車内に通す予定だが、うまくいくだろうか。

それにしても車のオプション品をDIYする時はどういう訳か冬が多い。春まで待てば良いのだろうが…。

BMW Z4(E85)に非純正CDチェンジャー型iPodアダプタを接続

海外のサイトを探すと、Z4(E85)に接続可能な非純正CDチェンジャー型iPodアダプタが多数見つかる。外部に配線が露出せず、ステアリングに装備されている曲や音量のアップダウンボタンを含む、純正オーディオの操作系がそのまま使えるのが大きな魅力。また、当然iPodの充電も出来る。

非純正のCDチェンジャー型iPodアダプタには、接続形式や操作方法にはいくつかの種類があることが分かった。

接続形式

■ ヘッドユニットコネクタ接続型
座席前方のヘッドユニット(エアコン吹き出し口下部のオーディオ本体)のコネクタの間に割り込ませるタイプ。クワッドロックと呼ばれる大型のコネクタにCDチェンジャーへの信号が含まれており、それを奪うようなハーネスを噛ませる。大抵は既存のCDチェンジャーは使用不可となるが、iPodアダプタによってはスイッチによってバイパスできるものもあるようだ。コネクタへのアクセスは比較的容易だが、ヘッドユニットが形式や年式で異なるため、適合性のチェックを入念に行う必要がある。

■ CDチェンジャー用コネクタ接続型
CDチェンジャーに接続するコネクタを外し、取り付けるタイプ。リアのストレージコンパートメント(運転席と助手席との間、後方のCDチェンジャーが入っている部分)からアクセスするため、ヘッドユニット側に接続するタイプに比べるとコネクタへのアクセスは面倒。但し、CDチェンジャーは3ピンと6ピンのコネクタでほぼ統一されているようなので、このタイプのiPodアダプタであれば、適合に失敗するリスクは低いと思われる。

操作方法

■ DISC番号直接型
純正iPodアダプタがこのタイプである。CDチェンジャーのDISC番号(1~6)がそのままプレイリストに対応しているケースが多い。純正iPodアダプタの場合は、プレイリストが5つまでしか対応してないが、非純正品も同じ物が多い。一つのプレイリストにたくさんの曲を入れれば良いのだろうが、大抵の場合はアーティスト毎にプレイリストを作る場合が多いので、現実的では無い。これならCDにMP3を入れて普通にCDチェンジャーを使っても変わらないレベル。

■ DISC番号間接型
今回の調査でこのタイプがある事が新たに分かった。CDチェンジャーの操作体系をそのまま使い、多彩な操作方法を実現した賢い方法。DISC番号が、操作方法に対応している。例えば、DISC1は曲選択、DISC2がプレイリスト選択、DISC3がアーティスト選択と言った具合である。DISC2でプレイリストをUP/DOWNボタンで選択する(未確認だがテキストでプレイリスト名が表示されるようだ、当然日本語は出ないが)。曲順を変更したい場合は、DISC1を選択してUP/DOWNボタンで選曲する、という感じである。これなら従来の純正オーディオの操作体系のまま、自由にiPodを扱えそうだ。このタイプを見つけたので、自己責任のリスク覚悟でDIYしようと思った。

具体的な製品

今回の調査で見つけた BMW Z4(E85) に接続可能だと思われるiPodアダプタをいくつか紹介する。いずれもステアリングに装備されているボタンを含む、純正オーディオの操作系を用いてiPodを操作できる。

注意
下記製品は独自調査によるものであり、接続及び動作を保証したものではありません。また、DIYは自己責任でお願いします。

GROM AUDIO / GROM-USB2-BMW-S
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号直接型



CONNECTS2 / CTABMIPOD009.2
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号直接型



XCarLink / SKU3055
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号直接型



DENSION / GW33BM4
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号間接型


DICE ELECTRONICS MediaBridge MBR-1500-BMW
CDチェンジャー用コネクタ接続型
操作方法:DISC番号間接型


プレイリストの数に制限があるの機種は選択肢が除外したいので、候補はDENSIONのGW33BM4とDICE ELECTRONICSのMediaBridgeとなる。接続はCDチェンジャー用コネクタ接続型の方がリスクが低い。実は今回、同時にカーナビにバックカメラも接続しようと考えていた。カーナビはリアのストレージコンパートメントに搭載されているため、どちらにせよCDチェンジャー付近にはアクセスする予定。また、DICE MediaBridgeはWEB上に詳細なインストールマニュアルや操作マニュアルが公開されている。また、
YouTubeにZ4へのインストール方法を説明した動画までアップロードされていた。これは非常に大きなポイントであり、特に今回のように自己責任によるDIYでは選択する大きな理由の一つになる。



ということで、先日ebayにてDICE MediaBridge BMR-1500-BMW を発注した。日本円で20380円。年末には到着する予定なので、冬休みを利用して年内には取付をしたい。果たして、接続できるだろうか…。

theme : BMW
genre : 車・バイク

プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。