スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lift Master ガレージドアオープナー ドアが閉まらないトラブル修理

Lift Masterのガレージドアオープナーが閉まらなくなった。今までのトラブル同様、何か駆動系が噛んで動かなくなり、スイッチ操作をするとリレーの音とモーター自体は回ろうとしているのだが、「キーン」という様な動きたくても動けないような音が出ている。

改めて駆動系を見てみる。いきなり原因判明。理由はわからないが、ガレージドアを引き上げるトロリーがオーバーランして、カバープロテクションボルト(ストッパー)に衝突している。ロータリーエンコーダーかマイクロスイッチで引き上げ限界をセンシングしていると思うが、15年も使っているので経年劣化か何かでうまく動かなかったのだろう。高トルクのモーターはカバープロテクションボルトに衝突後も更に引き上げようとして、チェーンやギアが正常でない状態で噛み合って動かなくなり、モーターの高負荷防止の安全装置が働いて一応停止したと思われる。

まずはテンションを緩め、停止位置にマージンを持たせるように再調整してみることで解決してみる。



チェーンのテンションを調整するインナーボルトを緩める。やはり非常に硬く噛んでいたようで、チェーンにはかなり強い力が掛かっていてなかなか回せなかった。台座も無理に引かれたせいか、若干変形している。

取り敢えず緩めると、モーター及びトロリーも動くことを確認。改めてチェーンのテンションを調整。



次はオーバーランしないようマージンを持たせるため、トラベル量のUp側を若干反時計周りに回して、トロリーとカバープロテクションボルトの位置に余裕を持たせる様に設定。



改めてマニュアルを読むと、トロリーとカバープロテクションボルトの間は2〜4インチとあるので、4インチ程度に設定して修理完了。快調に開閉ができるようになった。


スポンサーサイト

theme : ガレージのある暮らし・・
genre : 車・バイク

冷蔵庫 TOSHIBA GR-W50FB(W) のオートクローズドアをDIYで修理

2年程前、我が家の冷蔵庫である東芝GR-W50FBの製氷機のDIY修理記事を書いた。冷蔵庫の修理なんて誰も興味は無いだろうと思ったが、一応記事にした。車やガジェット類をバラす時は大抵詳細に写真撮影するのだが、冷蔵庫に限っては撮影することさえ忘れてしまい、テキストだけの記事となった。

blogには、本サイトを訪れた人がどんな検索キーワードでこのサイトに辿り着いたかを調べる機能があるのだが、実は意外に「東芝冷蔵庫 製氷機 修理」など冷蔵庫関連のキーワード検索で訪れる方が多い。予想以上のアクセス数なので、きちんと写真を撮れば良かったと後悔している。

ということで前置きが長くなったが、今回はオートクローズドアが壊れたので、忘れずに写真を撮りながら修理した。

妻から、冷蔵庫の両開きドアの左側が押し込まないと閉まらなくなったので見て欲しいと依頼があった。本来ならば、オートクローズ機能により、軽くドアを閉めると途中から冷蔵庫が自力で最後までドアを閉め切る。この機能が完全に壊れたようだ。左ドアを開けた状態で冷蔵庫本体の上部を見ると、左側からダンパー、ドアフックのロック機構(冷蔵庫本体にドアフックが噛む部分)、電動タッチオープン用ソレノイドが並んでいる。この中央のドアフックのロック機構を覗くと、スプリングが外れている。単に外れたか、スプリングを支えている部分が折れたかのどちらかであろう。手前側は折れた形跡が無いので、奥が外れたか、折れたことになる。冷蔵庫天板の開閉機構用カバーを外して調査する。

冷蔵庫天板の開閉機構用カバーは4つのネジをプラスドライバーで外し、少々力を入れると外れる。左ドアのドアフックのロック機構を見ると、案の定スプリングを支える支柱が折れていた。



これは正常な右ドアの同じ部分。やはり折れた事に間違いはない。スプリングはかなり強力なので、接着剤で折れた支柱を貼ってもテンションに耐えられないだろう。

恒久対策としては部品の交換だろうが、幸いに、支柱部分のプラスチックは肉厚なので、この部分でスプリングを支えることは出来そうだ。DIYで修理対応することにする。



ということで、ネジ5本を外してドアフックのロック機構を一度取り外し、折れたプラスチック支柱の下部付近に直径1.5mm程度の穴を電ドルで開けた。この穴にスプリングを引っ掛ける。



スプリングをラジオペンチで引っ張り、開けた穴に差し込み、カバーを戻して修理完了。

動作確認すると、オートクローズドアは無事復活した。修理成功。操作感も特に違和感無し。ちなみに修理時間は10分程度であった。

除雪機 HONDA スノーラ HS660 オイル交換

除雪機もエンジンを搭載している以上、オイル交換が必要である。購入した2005年頃は結構積雪があったので、毎年数回は動かしていた。シーズンオフにはオイル交換やメンテをしていたのだが、その後雪も少なくなり、除雪機を全く動かさない年もしばしば。それに伴ってオイル交換やメンテもしなくなり、前回オイル交換をしたのは何年前だろうという感じ。勿論、オイルの量や色は毎年確認しており、問題無かったので延期していたのだが。本来ならば、動かさなくてもある一定期間が過ぎたら交換すべきなのだろう…

ということでオイル交換開始。まずはオイルゲージをチェック。



量も充分だし、見た感じもまだ奇麗な気もするが、今回は交換する。



オイルが出易い様に片側のクローラーに台を噛ませて除雪機を傾ける。



そのまま抜いても良いのだが、粘性を下げるためエンジンを1〜2分ほど回してから排油ボルトを回し、オイルを抜く。樋はペットボトルを切って即席で作った。廃棄するオイルはホームセンターで売っているオイル廃棄用の箱に吸わせて可燃物として廃棄。

こうして見てみると、結構汚れていた。もっと早く交換して良いくらいかも。



排油ボルトを締め、新しいオイルを入れる。オイルは4サイクルガソリンエンジン用の5W-30。この除雪機の場合は0.55リットルを使用。



スターター(始動グリップ)を引いてピストンが上死点に来た所で停止。続いてガソリンを抜いた後、燃料コックを"止"にしてメンテ完了。本当ならこれを春にやるべきであった。

LiftMaster Model 1265/973LM 3ボタンを使用してStop/Close/Openを設定

ガレージドアオープナー、LiftMaster Model 1265 と 3個ボタンリモコン 973LM に関する備忘録。973LMには3個のボタンがあるが、普通に本体に学習させると大ボタン1個でOpne/Close兼用になってしまう。これを小さいボタンから順番にStop、Close、そして大きなボタンにOpenを割り当てる方法。

1.一度ガレージを閉める。
2.最初に登録されているリモコンを全消去する必要がある。
 本体の Learn ボタンを長押しする。LEDの点灯が消えたらボタンから指を離す。
3.ここからが設定本番。リモコンの大ボタンを押したままにする。
4.ガレージ内に設置してある固定ボタンユニットの Lock ボタンを押したままにする。
 ※リモコンの大ボタンは押したまま。
5.ガレージ内に設置してある固定ボタンユニットの開閉ボタンを押したままにする。
 ※リモコン大ボタン、Lockボタンは押したまま。
6.オープナー本体の照明が一度消え、再度点灯したら終了。全てボタンを離してOK。

以上で、3個のボタンがStop/Close/Openに割り当てられる。リモコンが複数ある場合も、同様に操作する。

Lift Master ガレージドアオープナー ドアが閉まらないトラブル修理(再調整)

建ててから12年が経過したガレージ。特にガレージの設備で気に入っているのがLift Master製の電動ガレージドアオープナー(LiftMaster PROFESSIONAL SECURITY+ GARAGE DOOR OPENER Model 1265 1/2 HP)であるが、昨年末から閉まらない現象が発生し始めた。クローズボタンを押すと、途中まで閉まって開いてしまう。

全開からクローズボタンを押してドアを閉める。



しかし、ドアがこの位置で一度停止し、反転して開いてしまう。ワークアラウンド(応急措置)としては、反転する直前に停止ボタンを押して一度ドアを停止させる。再びクローズボタンを押すとドアが30cm程閉まる。また反転する直前で停止。これを繰り返す。ドアの半分くらいまで閉めると最後まで閉まったのでそれで凌いでいた。



こんな状況では不便極まりないので、自分で直すことにした。流石に12年物のドアオープナーなので、交換修理かと思って調査を始めた。ドアオープナー自体はebayとかで$200前後で売られている。更に驚いたのは、USの専門店のサイトに行くと、ドアオープナーの部品(モーターとかスプロケット、制御基板等)がバラで買うことができること。流石DIYの国である。

マニュアルに何かヒントが無いか読み返してみたら、再調整で直りそうなことが判明した。ドアのトラベル量の調整が出来る事は知っていたが、その開閉力、今回の場合は閉じる力が弱いと反転することが分かった。

マニュアルには「ドアが降りている間にオープナーのライトが点滅せずにドアが反転した場合は、調整ネジを時計回りに回して下降力を増やしてください」と書いてある。確かに挟み込み防止の光センサーを遮った場合は、オープナーのライトが点滅してドアが反転したが、今回はライトは点滅していない。調整してから12年も経ったので、メカ部の摩擦が増えたか、負荷を検出する電気的な閾値が変化したのかもしれない。



ということで再調整することにした。これが12年物のガレージドアオープナー。リフトマスターモデル1265。




裏側のライトケースを外す。



調整前がこのポジション。



調整後がこのポジション。あっさり直った。クローズボタンでドアは完全に閉まった。また、下降中に手でドアを停めると、ちょっと重さを感じた瞬間にドアは反転してオープンに。挟み込み防止機能も働いている。



これでまた暫く使えそうだ。めでたし、めでたし。

theme : DIY日記
genre : 車・バイク

電動シャッター Lift Master 1/2 H.P. SECURITY PLUS をDIYで修理

外出しようと思い、いつもの様にガレージを開けた。電動シャッターのチェーンドライブドアオープナー(リモコンの電波を受信し、ドアを駆動する駆動部)はアメリカのLift Master製。家を建ててから12年、故障知らずの優秀なドアオープナーである。

12年も開閉していると、音で正常かどうかわかるようになる。ドアを開けたとき、最後に停止する時の音がいつもと違う嫌な感じの音がした。いつもよりアクセントがあるというか、強めの停止音だった。悪い予感がした。

車を出し、リモコンで締めようと思ったが閉まらない。以前にもリモコンの周波数が若干狂い、ボタンの反応が鈍く、バリコンを自分で調整したことがあった。またかと思ったが、ちょっと違う。無反応ではなく、モーターから「キーン」という様な負荷が掛かって動けない音がしている。ヤバい。脚立を出して見てみると、チェーンに異常なテンションが掛かっているようだ。さっきの異常音はやはりこれだったのか。

原因を考えると、どうも経年劣化でチェーンが若干伸びたようで、ドア停止時の弾みで駆動軸に高トルクが掛かり、モーターが動けなくなったように思える。取り敢えずバラしてチェーンの噛み具合を再調整すれば直ると判断。DIYで修理することにした。

作業は自己責任でお願いします。作業中に誤動作した場合、大怪我をする可能性があります。



右手手前のチェーンに異常なテンションが掛かっている。先ずはテンションを調整するボルトを外す。万が一に備え、外す時はドアオープナーの電源は切る。



ドアオープナーのスプロケットからチェーンが外れた。この状態でモーターが回れば修理可能。回らなければ、ドアオープナーの交換である。幸運にも、モーターは正常に回転した。これならテンションを調整するだけで直りそうだ。



ドアオープナーのスプロケットにチェーンを掛け、ドアの全開位置とチェーンの張り具合を見ながらボルトを調整。さて、動くか!電源を入れ、試してみると見事に動作!スプロケットのカバーを装着して作業完了。



今はネットで個人輸入ができるので買おうと思えば所望のドアオープナーを買う事も出来るが、作業が大事になるので出来れば避けたいが…

冷蔵庫 TOSHIBA GR-W50FB(W) の自動製氷機をDIYで修理

冷蔵庫を修理したのだが、直すのに夢中で写真を撮るのは完全に忘れてしまった。再度撮影するのは面倒なので、テキストだけだが一応自分用の記録として書いておく。

冷蔵庫 TOSHIBA GR-W50FB(W) の自動製氷機能が壊れた。動作している様子が無く、氷が全く出来ない。普通なら修理に出すのだろうが、DIY で修理を試みた。

まず分解しながら製氷機能の原理を調査。構成は以下の通り。

 ・製氷庫内に温度センサー(サーミスター)
 ・モーターやギアボックス、製氷量検出センサーが一体化した製氷トレイモジュール
 ・水を製氷トレイモジュールに注ぐ導水ダクト

以上から構成されている。

自動製氷機の庫内(引出の中)は霜や氷が付着していた。良く見ると、製氷トレイが90度回転した状態で停止している。通常なら氷が出来た後、製氷トレイを更に回転させ、手動式製氷機と同じように製氷トレイを捻り、湾曲させて氷を落とす原理だと思われる。どうも氷が付着し、回転が妨げられ、途中で挫折し氷着いた様に思えた。

まずは製氷トレイモジュールを外すため、邪魔になる庫内左上手前に設置されていた温度センサーを外した。ネジ1本。ドライバーで簡単に外れる。センサー内部も氷の塊が。これでは正確な温度が測れないので、氷を除去。

続いて製氷トレイモジュール。前部のフタは嵌め込み式。爪を外し、フタを取ると冷蔵庫本体からのケーブルとその先に接続された8ピン(だったと思う)のコネクタが見える。これを外すと製氷トレイモジュールが分離できる。この時点で霜や氷はある程度取れていたので、コネクタを再接続。常識的なシステムであれば、初期化される可能性があるからだ。案の定、モーターが動き、製氷トレイが左右に10度程度2回程スイングして停止した。モーターは生きている。初期化位置を探っているように見えたが、やはり製氷トレイは90度に傾いたままである。この動きから、多分氷着いたことによってギアが飛んだと推測。

次は製氷トレイモジュールのギアボックスを分解した。ギアボックスはネジ3本でフタがしてある。ネジを外し、そっとギアボックスのフタを外す。構成は以下の通り。

 ・ギア数枚と回転位置検知センサー
 ・製氷量検出アームと製氷量検知センサー
 ・製氷トレイに設置された温度センサー(だと思う)

製氷トレイをしならせる程の高トルクを実現するため、ギアボックスはモーターからウォームギア経由で減速される。何枚かの歯車を回し、最終的には製氷トレイの軸に接続される。また、製氷量の位置を検出する機構も含まれる。製氷トレイを回転させると、重力で製氷量検出アームが下がるが、氷があると製氷量検出アームが落ちないので、その位置を検知して製氷量を検出しているようだ。

動作を推測すると、下記の通りだと思われる。

 1.回転位置検知センサーでトレイの水平を確認。
 2.冷蔵庫本体から給水。
 3.製氷庫内温度を検知しながら冷却。
 4.製氷トレイの温度センサーで氷が出来たが検知。
 5.氷が出来た場合、モーター駆動。製氷トレイを回転させる。
 6.回転位置検出位置まで製氷トレイを回転させる。もう一方の軸受けはある場所で回転が止め
  られ、製氷トレイがしなって氷が落ちる。
 7.同時に製氷量検出アームが重力で下がり、製氷量をセンサーで検知。このセンサーは
  アナログ的な量ではなく、ある一定値に達したかどうかのみの2値を検知。製氷量が一定値を
  超えたら、次回から製氷は停止。
 8.回転位置検出位置をセンシングしながら製氷トレイを回転させ、水平に戻す。
 9.上記1に戻る。

このことから、霜や氷が付着した状態で製氷トレイが無理に回転してしまい、結果としてギアが飛び、製氷トレイの回転位置が大幅にずれたと推測。製氷トレイの位置をリセットすれば直ると判断した。

コネクタを仮接続し、初期化位置検出動作をさせた後、90度傾いていた製氷トレイが水平になるようにギアをセットしてギアボックスを組み直した。あとは全て元に組み直して修理完了。最後に製氷用の引出を戻すと、給水した音が。これは直った感触。

1日経過して自動製氷機の引出を開けると、以前と同じ様に氷が出来ていた。修理成功、めだたし、めでたし…

傘の修理

使っている傘の骨が曲がってしまい、気になっていたのだが気付くといつのまにか3本も曲がっていた。他に問題は無いし、捨てるのも惜しいので直す事にした。



多分修理パーツがあるだろうと思ってハンズへ行ってみるとあった。しかも安い。



道具はガムテープとラジオペンチのみ。

閉じていると作業出来ないし、開いているとテンションがかかるので傘を開く途中でガムテープで固定。露先(骨の先端部)はカバー(傘生地)に縫い付けられているが、キャップ状になっていて親骨に差し込まれており、外す事ができるので外す。



曲がった親骨。それにしても剛性感の無い骨だ。



取り合えず完全に折ってしまわないようにしながら手で逆方向に曲げた後、ラジオペンチで修正。一見これでも直ったように見えるが、一度曲がってるので負荷をかけると折れるだろう。



修理パーツの三ツ爪を噛ませ、ラジオペンチで噛むように爪を曲げる。



完了。非常に簡単。



親骨3カ所を修理。完璧に直った。費用は115円で時間は10分ちょっと。費用対効果を考えても、買い直すより自分で修理した方が良い。

4年ぶりに除雪機起動

2000年に安曇野に家を建てて以降、毎年30~50cmくらいは雪が降っていた。除雪をしないと車が出せなかったので、2001年に除雪機を購入。毎年3~4回くらいは稼働していた。しかし、2006年を最後に、除雪機が稼働する程雪が降らなくなった。

毎年シーズンオフに入る前、オイル交換を行い、ガソリンを抜き、オイルスプレーで防錆処理を行い、バッテリーのマイナス側のケーブルを外し、スターターを引いてピストンを上死点で止めて保管していた。この状態で約4年、一度もエンジンをかけてなかった。

機械は時々動かさないと動かなくなる。4年もエンジンをかけないのは良い事ではなく、ずっと気になっていたので今日は久々にエンジンを回してみた。果たしてエンジンはかかるだろうか。1年以上前の古いガソリンが携行タンクに少し残っていたので入れてみた。バッテリーは完全放電。というか、バッテリー液が全然無かった。仕方がないので、バッテリーチャージャーをつなぎ、スターターモードでセルを回した。するとセル一発で始動。快調にエンジンは動作した。メンテしてればちゃんと動くものだ。15分程回し、またガソリンを抜き、ピストンを上死点で止め、カバーをかけて保管。

今年も雪は降らないのだろうか…。


DIYで新ウォシュレット取付

最近我が家では故障がブームだ。ボルボは入手時が良いコンディションでないということもあったが、半年間壊れまくってやっと落ち着いてきた。その後にシアターのプロジェクターが壊れ、夏休み明けにはマンション備え付けの日立製のエアコンのリモコンが死んだ。液晶パネルに何も出ない。電池を交換してもダメ。バラしてみたが、接触不良でもなさそう。回路図もオシロも無いので推測だが、チップが死んだようだ。結局エアコン用の汎用リモコンを買って代替した。

そして最近、パナソニック電工製の洗浄便座の調子が悪い。漏電ランプが点灯してフリーズする。再現性は高いが、気まぐれで動いたりもする。が、週末からは完璧に死んだ。買って2年。早過ぎる死だ。出張修理を依頼するためメーカーに電話をした。工事当日、修理担当者から電話が来るとの事。今日その電話がかかってきた。妻が対応したが、開けてみないとわからないらしく、1万弱~1万8千円くらいらしい。今は洗浄便座は2万円出せばエントリー機が買える。ということで、新品を買う事にした。

仕事の合間を見て早速ヨドバシへ。原則、壊れたメーカーは避けるのは仕方が無い。今回はウォシュレットという名前の元祖であるTOTO製が良いと判断して購入。配送は何と本日配送。凄い。問題は取付費用。既に壊れた洗浄便座が取り付けてあるので、撤去費用と取付費用で合計約12000円を払う必要がある。最近の洗浄便座は工具も含んだ取付キットも付いているので、自分でDIYすることにした。

結論から言うと非常に簡単だった。作業時間は30分くらいだろうか。添付されている分岐金具もスムーズに装着できたし、本体の取付もベースユニットに型紙が付いていて、マニュアル通りに付ければOK。ウォシュレット本体はベースユニットにワンタッチで取付ができる。もっと面倒な作業で、場合によっては取付金具が合わなかったり、配管する時にシーリング作業が必要だったりするのかと思ったら、そんなことは皆無であった。確か水回りは特殊なサイズでレンチも特殊だったような気がしたが、それなりに剛性感のあるレンチも付いている。

ちなみに今回は延長保証に入った。10年落ちのボルボは別として、せめて4~5年は壊れず元気に動いて欲しいと思うのは贅沢なのだろうか。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。