スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔撮った写真:ニュージーランド

ということで、昔に撮影した写真シリーズ。1996年にニュージーランドへ行った時に撮影したもの。転職時、次の会社へ行く前に2ヶ月程ブランクを作り、その間に行ってきた。当時は忙しくて新婚旅行にも行けなかったので、これが事実上の新婚旅行になった。

クライストチャーチのハグレー公園。見渡す場所の全てが被写体になるような美しい公園であった。三脚を担ぎながら歩いていると、森の中にさしかかった。非常に幻想的なシーンであった。逆光により緑が美しく透け、木々が黒にマスクされた。この写真はお気に入りで、iPhoneの壁紙にも使っている。

写真はポジフィルムをスキャナーでスキャンし、Photoshopでレタッチしている。

Mamiya RZ67 PRO II / 110mm F2.8W / Velvia



クライストチャーチのハグレー公園。鴨に餌をやる老人と子供。人物、川の蛇行感、大木の配置、構図的にはかなり良かったと思っている。

Mamiya RZ67 PRO II / 110mm F2.8W / Velvia



マウントクック。ここは晴れることは少ないと言われていた。前日、ホテルに到着した時も確かに雨だった。翌日、起きてみるとカーテンから日差しが差し込むのが見えた。奇跡的だった。

Mamiya RZ67 PRO II / 110mm F2.8W / Velvia



クィーンズタウン。ロープウェイで山を登ると展望台があり、そこから撮影したもの。この旅行ではかなり天候には恵まれた。

Mamiya RZ67 PRO II / 65mm F4L-A / Velvia

スポンサーサイト

theme : 風景写真
genre : 写真

中判カメラの想い出

1996年に写真撮影を趣味にしてから10年以上が経過した。35mmの銀塩カメラであるCanonのEOS 5を購入してからハマり、Velviaで撮ったポジの美しさにノックアウトされてそのまま中判カメラへ。

最初に買ったのはMamiya RZ67 PROFESSIONAL II。レンズも超広角、標準、望遠、エクステンダと一通り揃えた。このカメラはプロカメラマンがスタジオで使うことが多かったようだが、私はこれを普通に持ち歩いていた。当時は若かったこともあり気にしてなかったが、今思えばとにかく重いカメラ、そしてレンズだった。

8×10のカメラほどでは無いのだろうが、このカメラで撮影することは儀式的なものがあった。心打たれる被写体を目の前にすると、先ずは三脚をしっかり設置する。カメラを雲台に固定し、レリーズを装着。レルーズはダブルレリーズなので、レリーズケーブルが2本出てる。ケーブルの1本はカメラ本体に、もう1本はレンズに装着。カメラ本体のレバーを下げてシャッターをチャージ。明るいファインダーで覗きながら構図を決め、ピントを合わせる。絞りとシャッター速度を設定し、もう一度構図を確認。最後にピントダイヤルの内側にある微調整ダイヤルをゆっくり回して完全にピントを合わせ、レリーズボタンをゆっくり押す。ダブルレリーズなので、最初に「バシャ!」とミラーがアップする。ミラーアップの振動が収まった頃を見計らい、更にレリーズボタンを押しこむ。すると「チャッ、チャッ!」とレンズ側にあるシャッターが下りる。何とも言えない良い音色と感覚であった。



流石に6×7のカメラを毎週末持ち歩くのは辛くなり、もう少し機動性が高いMamiya 645を購入。レンズも同様に広角、標準、望遠と揃えた。RZ67よりは軽いものの、やはり重いカメラではあった。



同時期にデジタルカメラも導入するが、まだ30万画素程度でとても鑑賞に堪えられるレベルでは無かった。しかし、1998年にFinePix700を購入してから、我が家にもデジタル化の波が押し寄せる。そして2003年にEOS Kiss Digitalの購入により、銀塩カメラの稼働率はゼロに近くなった。

2005年には写真の完全デジタル化を決意。EOS 5とこれら中判カメラは売却により我が家からは消えた。ちなみに上の写真は売却前の梱包時に最後の記念として撮影したもの。この後、中古カメラ店へ発送した。

ということで、我が家には未整理の35mm、645、6×7の大量のポジが眠っている。代表的な何枚かはスキャナでスキャン済だが、残りも近日整理し、スキャン予定である。

東京に来てから風景写真を撮る機会も減ってしまい、このblogも彩りが寂しいので時々過去の写真を公開していく予定である。

theme : フィルムカメラ
genre : 写真

Macでワンセグ録画→iPhoneへダビング

iPhone、というか携帯にワンセグチューナーは不要だと考える一人である。何故なら通勤時間帯に興味がある番組を放映している確率は極めて低いし、電車内では電波のコンディションも悪い。理想の姿はHDDレコーダーに撮り貯めた番組をチョイスしてiPhoneに転送できると嬉しいのだが、DRMの問題やHDDレコーダーのメーカーがコンペでもあるiPhoneをサポートするとは思えない。

そんな厳しい条件の中、Macでワンセグを録画してiPhoneに合法的にダビングできる製品があったので買ってみた。PCTV-hiwasa miniである。USBワンセグチューナー、関連ソフト、外部アンテナ、F型変換ケーブル等が付属して驚きの5500円。安い。

最初USBハブ経由で接続してみたところ、映像が停止することがあったのでMacに直接挿すようにしたら問題は解消した。USBハブとの相性かもしれない。

アンテナはF型変換ケーブルで屋内のアンテナ端子に接続。



付属のアプリであるOneTVを使い、Macでワンセグ視聴から予約録画まで可能。OneTVを予め起動してなくても、予約時間になるとOneTVは自動的に起動される。また、Mac本体がスリープしていても、予約録画時間の2分前になるとMacがスリープから起動され、更にOneTVが起動されて予約録画が始まる。なかなか優秀である。



iPhoneへのタビングには専用のiPhoneアプリが必要。iTunes StoreからTVPlayerという無料アプリをダウンロードしておく。WLAN経由でのダビングとなるので、予めMacとiPhoneはWLAN経由でネットワーク接続できるよう設定しておく必要がある。

OneTVを起動しておき、TVPlayerからサーバー接続ボタンを押すとMacが見つかる。録画されている番組一覧が表示されるので、好きな番組を選んでダビングするだけ。転送時間も30分番組で数十秒程度。非常に簡単且つ速い。



録画した番組をMac上のOneTVで再生した画面のスナップショット。OneTVで再生した方が画質は奇麗。



iPhoneで再生した画面のスナップショット。録画したオリジナルのサイズに比べてiPhoneの画面の解像度の方が高いため、間引いていることもあって画質は若干落ちる。しかし、この価格で録画した番組を自由に持ち出せるメリットは大きい。



今まで通勤時間はiPhoneでWebをチェックしたり産経NetViewで産経新聞を読んだりしていたが、更に有効活用できそう。

theme : iPhone
genre : 携帯電話・PHS

夏休み最終日:タカノフルーツバー

妻が20年前から気になっていたが、いつも混雑していて入れなかった店があった。新宿のタカノフルーツバーである。フルーツやスイーツのバイキングなのだが、1時間待ちが普通。いつも入りそびれていたらしい。フルーツパーラーは先日入って非常に美味しいことがわかった。数日前が結婚記念日ということもあったので、妻と出掛けた。タイムメニューはデザートタイム。ちなみにこの店は男性だけでは入れない。2625円払うのであれば、男同士なら多分他の店に行くとは思うが…。

フルーツで有名なタカノだけあって、フルーツは美味しかった。空腹で出掛けてしまったため、タカノではサブ扱いの軽食を一気に食べてしまい、メインのフルーツはあまり食べられなかったのは残念。



スイーツもどれも良い出来。この手のバイキングだと大味なケーキ類が多いが、やはりタカノだけあってきちんと作り込まれていた。スイカとココナッツのムースが特に良かった。







黄金桃のミニパフェ。ここのシャーベットはどれも果物の味が濃厚であった。



同伴の男性も楽しめるよう、軽食も充実している。エビがしっかり入ったカレーも良かった。



私はあまりフルーツにはこだわりがないので、そういう視点で見ると値段がちょっと高いと感じた。2000円なら適正って感じだろうか。フルーツ好きならそのクオリティを考えると許せるのかもしれない。私ならフルーツバーでバイキングよりも、フルーツパーラーで1600円のパフェにサイドメニューを頼んだ方が楽しめたと思った。まぁ妻が20年越しの夢を叶えられたのが良かった。

theme : 食べ物の写真
genre : 写真

CMOS(CCD)センサー清掃

愛用のデジタル一眼レフカメラであるEOS 30Dだが、私はCMOS(メーカーによってはCCD)センサーの清掃は自分で行っている。キヤノンの場合は、サービスセンターに持参すると無料で清掃してくれる。自信が無い人はサービスセンターへ持ち込む方が良いと思う。

※ 下記方法は私の自己流です。自己責任でお願いします。万が一CMOSセンサーやCCDセンサーに傷をつけても保証できません。

先ずはゴミの確認。色々方法があると思うが、私が行っている方法は以下の通り。

1.パソコンのエディタ等を起動し、新規作成で真っ白な画面を出す。お絵描きツール等でも可能。
2.カメラを以下の設定にする
 (a)絞り優先
 (b)絞りはF22等の一番絞った状態へ
 (b)マニュアルフォーカスモードで一番ピントが合わない方向へ
 (c)ズーム付きレンズなら一番望遠側へ
3.上記1の真っ白画面を撮影

撮影すると、CMOSセンサーのゴミが以下ように写る。右下の黒い点(2個)がゴミ。左上にも見える。拡大すれば、内蔵液晶でも充分確認できる。絞り解放では写らないが、絞ると写るようになる。実際の撮影では、絵に重なってゴミが写る。青空のような単調な絵柄ならPhotoshop等で修正は楽だが、複雑なパターンにゴミが重なると修正が面倒になる。



Photoshopがあれば、レベル補正すると更にゴミを目立たせることができる。



次に清掃。道具はレンズクリナー、綿棒、ブロア。

先ずは基本であるブロアによる清掃。カメラをCMOSセンサー清掃モードにして、ブロアでゴミを吹き飛ばす。この時、カメラはレンズマウント面を下にし、ブロアは下から上に向かって吹き付けるとゴミが下へ落下するので飛んだゴミが再び付きにくい。また、ブロアは手で握るタイプの方が良い。ガススプレー式だと、ガスの成分がCMOSセンサーに付着する場合がある。



ブロアで吹き飛ばせなかったゴミはレンズクリーナーで拭き取る。私が使用しているのはHCL LENSクリーナー。アルコール系で、拭きムラが少ない。



綿棒は赤ちゃん用ベビー綿棒が細く、軸が紙で出来ているので良い。軸が木やプラスチックのタイプはNG。傷を付ける可能性がある。

この綿棒を2本用意しておく。1本がレンズクリーナーでの拭き取り用。もう1本は乾拭き用。1本を垂直に持ち、レンズクリーナーを1滴垂らす。量が多いと拭きムラが出る。



一方向に軽く拭く。もし拭きムラが出たら、もう1本の綿棒で軽く撫でる感じでムラを拭き取る。



レンズを装着して、上述した手順で撮影してゴミを確認する。もしゴミが残っていたらブロアで吹き飛ばし、ゴミが飛ばなかったら同じ手順で拭き直す。

数回繰り返せば、下記のようにゴミはほぼ無くなる。



Photoshopの自動レベル補正をかけた画像。ゴミが無いことがわかる。

theme : デジカメ
genre : 写真

夏休み8日目:安曇野からガンダム

今年の夏休みはETCによる割引もあるので滅茶苦茶混雑すると脅されたこともあり、今日は午前3時半に起きて4時過ぎに安曇野を発ち、八王子のマンションに向かった。確かに車は早朝の時間帯にしては多かったし、山梨くらいまではサービスエリアの満車サインが灯っていた。だが結局渋滞は無し。最悪の小仏トンネル手前も奇麗に流れていた。もう少し遅い時間でも問題無かったかもしれない。

7時過ぎに八王子のマンション到着。荷物を降ろしてリサの世話をした後、お台場に例のガンダムを見に行った。何度か渋滞に巻き込まれたが、想定の範囲。しかし、とにかく暑いし、人が多くて参った。どうもフジテレビがお台場合衆国というイベントをやっており、それで混雑が激しかったようだ。

800mくらい離れた駐車場に車を停めて炎天下歩いた。久々に東京の暑さを食らった。お台場は一回目の東京在住時に妻と船の科学館へ行ったのが最後。何も無かったのに、いつのまにかこんなに賑やかになっていた。

さて今回の目的であるガンダム。夏休みということもあり人だらけ。





こ、こいつ・・・動くぞっ! 着いたら首を上下左右に振りながらミストを吹き出すパフォーマンスをしていた。



良く作ったねぇ。



望遠のショットは良く目にしたので、今回はデジイチには広角を装着。メインの撮影はEOS 30D+EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM、サブはPowerShot G10。



ガンダム大地に立つ!



20分程並ぶと、股間をくぐることができる。これは足の部分。ディテールも結構奇麗に作り込まれている。ちなみに触ってもOK。私は撮影が忙しくて触らなかったが、妻はしっかり触っていた。





機械屋じゃないので良くわからないが、剛性と重量を考えるとこれを本当に歩かせることは現存のマテリアルじゃ不可能なんだろうなぁ。



露店もたくさんあった。串焼ハム500円が非常に美味しかった。



せっかくなので、お台場を軽く散歩してきた。カメラ系サイトでレインボーブリッジの夜景ショットを何度か見たことがあったが、この辺りから撮影していたようだ。機会があれば今度は夜景を撮りに来よう。

theme : 写真日記
genre : 写真

夏休み7日目:DIY

懸案事項だったウッドデッキの塗り替えをした。前回塗ったのは確か4~5年前。夫婦2人で塗るとそれほど時間はかからない。今回も約2時間程度で塗れた。

使った塗料はキシラデコール。定番である。防腐と防虫の効果がある。色はカスタニ。



準備として前日にデッキブラシで水洗いはした。本当ならサンダーで塗料を剥がせば良い仕上がりになるのだろうが、面倒なので省略。

近所のホームセンターでは3.4リットルと7リットルの缶があった。3.4リットルで足りるかと思ったら全然足りない。3.4リットルで塗れたのはここまで。仕方が無いのでもう一缶買いに行った。ちなみに価格は3.4リットルで9800円。ネットで買うと7800円だった。ネットで買えば良かった…。



塗装前と塗装後。







塗料にまだ余裕があったので、屋外用のテーブルと椅子も塗る事にした。確か9年くらい前に購入したもの。一度も再塗装してないので、すっかり色褪せてしまった。



軽くサンダーをかけてみた(右側)。結構奇麗になる。



塗装後。新品みたいになった。



作業終了後、庭を見渡してみると山桜の紅葉が始まっていた。安曇野の短い夏が終わってしまった。



安曇野での夏休みは今日で最後。明日の早朝、八王子に戻る。次に来るのは2~3週間後。

theme : 写真日記
genre : 写真

夏休み6日目

今日は再び天気が冴えない。昨日と一昨日とそれなりに漕いだこともあり、今日は自転車乗りはやめた。基本的に家で過ごした。

雨が降ったり止んだりだったが、止んだ時を見計らってリサの散歩へ。今日は比較的長距離を散歩してあげた。通った事がない道を通るとやはり興味があるようでキョロキョロしていた。散歩はやはり好きなようで、笑顔のように見える。

1時間半くらいたっぷり散歩できた。



写真はEOS 30D+EF24-105mm F4L IS USM。久々のデジイチ。型遅れのカメラではあるが、それでもデジイチの画質はコンデジとは違う。

夏休み5日目:安曇野一周

7時半に起きたら今日も非常に良い天気。湿度も低く、晴れてはいるが爽やかである。焼け付くような暑さはない。これが本来の安曇野の夏である。昨日の疲れもあったが、松本方面へ自転車トレーニングに出掛けた。今日は安曇野をぐるっと一周することにした。

今日はコンデジを持たなかったのが悔やまれる。写真は全てiPhone 3GSの内蔵カメラ。Photoshopで若干補正はかけている。

先ずはあづみ野やまびこ自転車道経由で豊科南部公園。東京と違って人が少ない。芝生の緑が鮮やかだった。



そのまま自転車道を進み、松本トンネルの坂を登る。ここも結構登り応えがある。



料金所の手前を右折して豊科カントリークラブ方面へ。この道は非常に眺めが良い。



東山の尾根を走り、豊科カントリークラブを超えたら下り。19号経由で光橋へ。ここからの眺めも素敵である。



豊科の田畑を通る道を経由し、自転車道へ復帰。



長野に初めて来た時にも思ったが、ここは空が広い。東京に住むと改めてそう思う。



走行距離47Km/消費カロリー1470Kcal。

theme : 写真日記
genre : 写真

夏休み4日目

やっと晴れた。ということで、ブランチを食べて自転車。今日は長距離コース。中房温泉まで登った。この道は傾斜が急なのでなかなか登り応えがある。昔はフロントギアのセンターだけで登れたのだが、今はインナーを使わないと登れなくなってしまった。年齢のせいかすぐに膝が痛みだす。今日も膝と相談しながらギア比を選択。「歳を取るのは素敵なことです、そうじゃないですか?」という歌詞があったが、そうは思わないなぁ。

長距離登れば長距離下る訳で、当然ブレーキにも負荷がかかる。約半分下ったあたりで、いつもは鳴くことが無いブレーキが、突如鳴き始める。しかも単なる鳴きとは違う辛そうな音だった。帰宅後チェックしてみると、パッドの端が崩れかけていた。減り具合も確かに減ってる。洗浄してもう少し持たせようと思えば大丈夫なレベルだとは思ったが、買い置きのパッドがあったので交換。峠を頻繁に走る機会があるので、万が一ブレーキに異常があったらシャレにならないし。



シャワーを浴び、仕事のメールに返事などした後に仮眠したらもう夕方。最近1日が短い気がする。
今日の走行距離34Km/1650Kcal消費。

夏休み3日目

今日も天気が悪い。雨だけでなく、今までに経験したことが無いような湿気。例年の今頃はもっと天気も良くてカラっとしていて過ごし易いのに…。

ブランチの後は、今日も自宅で過ごしていた。仕事のメールが来れば回答したり。3時を過ぎた頃に雨も上がり、地面も乾き始めた。ということで自転車トレーニング。今日は峠の途中から平地を軽めに。28Km/750Kcal消費。

帰ってきてから自転車のメンテ。今日はスプロケットとチェーンの清掃。チェーンは外して洗浄液で洗浄。洗浄後はメンテルーブをスプレー。スプロケットはブレーキクリーナーで洗浄。シャリシャリ言っていたのが消えて奇麗に回るようになった。メンテは大事である。

夏休み2日目

早めに起きたがあいにくの雨。自転車に乗れない。仕方がないので予定を繰り上げ、妻の要望でリサを掛かり付けの動物病院へ。

遅いブランチを食べたあと、1時間程仮眠。目覚めると雨も止み、路面も乾き始めていたので自転車トレーニング。今日は峠のショートコースを2往復。24Km/700Kcal消費。

動物病院

持病である膀胱炎の抗生物質2ヶ月分と療法食をもらい、トイレの世話が楽になるようお尻周りの毛を刈ってもらった。今日の費用は18000円。これでもこの病院はかなり良心的な価格設定なので安い方。東京で同じことをしてもらったら…。

要介護シェパード移動用台車

すっかり寝たきりになり、介護が必要になってしまったシェパードのリサ。我々がリビングにいる時や寝る時には、我々の近くに移動が必要になる。また、床ずれの治療のために数時間おきに左右を反転するのだが、その度に我々側に向かせてあげるのに非常に重労働であった。

そこで、リビング内を自由に移動できる台車を製作することにした。と言っても非常に簡単。90cm×60cmの木製ボード(桐)を金具で接続。



裏側はキャスターを木ネジで取り付ける。キャスターは耐加重1個当り18Kg。リサの世話をする時に膝を付いたりするくらいは余裕。表側同様に接続金具も取り付け。



最近敷物として自動車シート用低反発クッションを導入したら、床ずれの状態が劇的に改善した。そのため、今回は人用の低反発マットレス(約5000円)を購入し、台車に合わせてカットした。その上にはペットシーツ。



乗せてみるとなかなか良い感じ。左右反転は背中を軸に足を向こう側に180度倒すだけ。介護も楽になる。

ちなみにペットシーツを股に挟むのはお漏らしした場合に尿が毛に付着するのを防ぐため。床ずれの傷はちょっとグロいのでモザイクをかけてみた。



リサ談:いい感じじゃない。



ちなみにカットする前に自分でも低反発マットレスに寝てみたが、非常に快適であった。力が1箇所に集中せず周りに良く分散されるようになっているようだ。最初からこれに寝かせてあげていたら床ずれは防げたのかも…。



製作時間約30分。制作費約12000円。犬の介護は本当にお金と手間がかかる…。毎日世話や散歩を欠かさない妻には頭が下がる。あなたは本当に偉い。

theme : わんことの生活
genre : ペット

夏休み初日:買物ツアー

今日から夏休み。2日休暇を加え9連休にした。いつものように昨日の夜というか夜中に安曇野の自宅へ到着。

今日は8時に起床して自転車トレーニング。最近東京では暑くて週末に自転車に乗れない日があったり、昨年は夜も乗っていたのだが最近は帰りも遅くてそれもできない。加えて、飲み会が重なって体重がいつもより3Kgほど増えてしまった。ということで、この休みは減量強化週間とした。天候が許せば毎日自転車に乗る予定。目標は3Kg減。膝を壊さないよう、距離と時間は控えめに設定する。今日は峠コースで走行距離28Km/800Kcal消費した。



その後は外出。夏季限定で現れる野菜の露店でトウモロコシを購入。毎年購入するのだが、スーパーで買うより安くて美味しい。



その後は妻の通院。そしてブランチ。ブランチは松本のタイカレー店メーヤウ。1260円で食べ放題。カレーも数種類あって好きなカレーをチョイスできる。探せばあるのだろうが、まだ東京にはこの店に匹敵する店は見つかってない。



ブランチの後は今週分の食料買い出し、デッキを塗装するので塗料購入、リサの移動式台車を作るための材料購入などなど。長い休みの初日は大抵買い物ツアーから始まる。

妻の誕生祝いで豆腐懐石

先月末は妻の誕生日ということで、今日は「梅の花」へ豆腐懐石料理を食べに行った。豆腐懐石は低カロリーなのが魅力。全部で1140Kcalしかない。フランス料理だったら凄いことになっていただろう。また、この店は個室でゆっくり食事ができるのが良い。

今日は一人4600円の梅の花膳を注文。普段の週末に食べるには高いが、記念日に食べるには非常にリーズナブル。味は良いし個室で食べられ、接客も良いことを考えるとコストパフォーマンスは良いと思う。



嶺岡豆腐。牛乳と生クリームが入っている。どちらかというとデザートに近い。もっちり感がたまらない。



お浸し。




湯葉煮。柚子の風味がたまらない。



茶碗蒸し。一般的な茶碗蒸しと比較して口当たりが非常に柔らかい。白玉入りというのがおもしろい。



お造り。海苔のゼリーを崩しながら付けて食べる。



名物とうふしゅうまい。名物と謳っているだけのことはあり、これは良い味だった。しぼり豆腐に海老や鶏肉、玉葱を加え柔らかく仕上げてある。絶品であった。ちなみに土産(冷蔵品)として持ち帰り可能。



おしのぎ。出汁が良く効いていて美味。



湯豆腐。白くなるまで煮立て、胡麻、生姜、出汁で割った醤油をかけて食べる。そば湯のように煮汁も飲める。これもうまい。



生麩田楽。生麩を初めて食べたが、こんなにもっちりしているとは。



湯葉揚げ。白身魚を湯葉で巻いて揚げたもの(と言っていたような…)。



湯葉グラタン。これに酢醤油をかけて食べる。相性抜群。



誕生記念日ということで予約したら、赤飯サービス。気が利く。



湯葉吸い物。



飯物。山椒の佃煮が私好み。



香の物。



デザートは4種類から選べる。嶺岡豆腐をチョイス。前菜の嶺岡豆腐と同じだが、プリン仕立て。やっぱり美味い。



オプションで追加したとうふ生プリン。豆乳の風味と非常に柔らかい舌触りが絶品。前回も食べて気に入ったので、今回もオプションで取った。



次に来るのは結婚記念日かな…ってもうすぐだ。

theme : 食べ物の写真
genre : 写真

3週間運動しないと…

天候に恵まれず、3週間自転車トレーニングを休んでいたら体重が凄いことになってしまった。会社の飲み会が重なったこともあって、2Kg増えてしまった。これはまずい。

今日は曇りで雨が降る気配無しという絶好の天気。ということで、3週間ぶりの自転車トレーニング。大垂水峠経由で相模湖往復。今日の夜は湖上祭が行われるらしく、花火の準備等が行われていた。



帰ってきて体重を計ったら1.8Kg減っていた。殆ど水分だが、一応これくらい運動すると元の体重までは戻らない。これを地道に繰り返しながら、食事の量も意識しながら減らす必要がある。体重を増やすのは非常に簡単だが、減らすのは本当に大変だ。

走行距離46Km、消費カロリー1450Kcal。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。