冬休み9日目

今日も寝坊。すっかり寝坊癖がついてしまった。外は雪景色。結局この辺りは10センチくらい積もった。



ブランチを食べてからちょっと買い物。角を曲がる毎に積雪が少なくなり、景色が変わる。農道に出たら雪は殆ど無かった。VOLVOでの初の雪道。前後に車がいない時を見計らって発進やブレーキのテストをしてみたが、10年前の車とは言えトラクションコントロール類が装備されているのでラフにアクセルを開けても姿勢は安定していた。

車を変えてから2度目の給油。前の車と比べてタンクが倍の80リットル入るので航続距離が長いのは助かる。今回はほぼ空の状態まで走ったので70リットル入った。ハイオクなので約1万円。ガブ飲み君。

帰宅すると別記事で書いた通りリサが血みどろでドタバタ。でも大事に至らずに良かった。

渋滞情報をチェックすると、2日は朝早く出てもかなり渋滞するようだ。ということで、明日の夕方には八王子に戻ることに予定変更。雪や凍結が心配だが、多分この付近だけだろうから大丈夫だろう。

リサの足が血みどろ

買い物から帰宅したらリサの後の左足が血の海でびっくり。30cmくらいの血だまりが出来ていた。自分で爪や肉球を噛み砕いてしまっていた。写真はちょっとグロかったのでモザイク。写真は姿勢を既に変えた後だが、外出中は伏せの状態で丸まっており、口先と後ろ足が近いポジションにあった。


体が麻痺して動けないストレスからなのか、普段から爪を噛む傾向があり、注意するとやめるという状況であった。確かに歩けないので爪が伸びるのは早いが、一昨日切ってあげたばかりだったから爪の伸びは問題ではないと思う。

足は痛みの神経も麻痺しているようで、全く痛みを感じないまま噛み砕いてしまったようだ。かかりつけの動物病院は休み。電話してみると、幸運にも先生が出てくれてアドバイスをしてくれた。血が止まっているならそのままの方が良いらしい。抗生物質は床ずれ等があるので普段から服用しているのでそのまま服用。取り合えずそれで様子を見るしかない。よりによって年末年始とは。

傷は爪を2本剥がしてしまっていた。あと肉球がぐちゃぐちゃな状態。首まで血に染まっていた。今後は可哀想だが、出掛ける場合はエリザベスカラーをするしかない。さぞかし動けないのって辛いだろう。テレビやPCで暇潰しって訳にもいかないし…。

theme : 犬との生活
genre : ペット

冬休み8日目

早起きを決意したが寝坊。ブランチを食べてケーキ屋へ。昨日は閉店間際で売り切れだったが、今日はそれなりにあった。新製品などを妻が4個、私が2個購入。帰宅してからリサの散歩。天気がイマイチだったので寒かった。

夕方から夜にかけてiTunesの整理。プレイリストを更新したり、CDのリッピング。iTunesは使い込めば使い込むほど良くできていると実感させられる。Appleのユーザーインターフェースは本当に秀逸である。

中島みゆきの大量リッピング

久しぶりにiTunesの音楽データの整理をした。VOLVO搭載用のiPodに向けたプレイリストの更新と、昔は良く聞いたが、今は殆ど聞かなくなってしまったCDのリッピング。

今回のCDは中島みゆき。CDは高校の時から集め始めた。デビューアルバムから買い始め、21枚目の"時代-Time goes around-"で買うのをやめてしまった。初期の頃はレコードであったが、その後全てCDで買い直した。今日はそれらCDの大量リッピング。"Singles"等もあるので、全部で25枚くらいあっただろうか。

陽水もそうだが、初期の頃の中島みゆきは非常に良かった。一般的には暗いと言われていた曲であるが、今改めて聞いてもその切ないメロディーと詩こそ、中島みゆきワールドなのではないかと思う。私が思うに "生きていてもいいですか" や "臨月" あたりがピークで、"はじめまして" 辺りから曲調が変わり始め、90年代からは何かが違うと思いつつ、惰性でCDを買っている感じであった。

月曜深夜のオールナイトニッポンも良く聞いた。午前1時から3時という時間は中学生~高校生の自分には大変厳しく、タイマー録音をして聞いていた。しかし、当時はオーディオタイマーのような高級機材は買えない。そのため、精度がメロメロの炊飯器用のキッチンタイマーを使ってラジカセでタイマー録音をしていた。しかし、ダイヤル式のキッチンタイマーでは当然10分近い誤差が出る。そのため、120分のカセットテープを分解し、オープンリール用のスプライシングキット(物理的に切り貼りする編集キット)を流用して自作140分テープを作り、午前2時に目覚ましをかけてテープを裏返し、録音を継続して寝るという技を使っていた。

あれから約30年が経過する。そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来てしまった…。

冬休み7日目

今日は典型的なだらけた1日。寝坊して起床。ブランチのおかずを買いに近所の総菜屋へ。ついでにスーパーで雑貨を買って帰宅。惣菜でブランチを食べてたら眠くてそのままリクライニングチェアで昼寝。2時間寝たら既に3時を回っていた。妻はその間に家のガラス磨き。起きたら窓からの視界が奇麗になっていた。

その後はリサの散歩。妻が窓拭きの褒美にケーキが食べたいというので、馴染みのケーキ屋に行った。しかし、閉店1時間前で全品売り切れ。仕方がないので焼き菓子を購入。ご主人と近況報告と世間話をして帰って来た。

あっという間に時間が過ぎてしまった日であった。早起きしないと1日が短い…。

冬休み6日目

寝坊してブランチを食べ、午後からリサの散歩。今日は午後から雪が舞っていた。それにしても今年はというか最近は雪が少ないような気がする。家の周りに雪は皆無。数年前はもっと雪があったような気がする。6馬力のホンダの除雪機も所有しているが、最後に長期保管メンテをしてから既に2シーズン使用してない。たまにはエンジンをかけないとまずいかなぁ…。バッテリーも交換したばかりだったが、完全放電しているだろうし。

その後は3回目の車の掃除。今日は最後の掃除機がけ。シートの下がかなり悲惨なことになっていたが、ようやく耐えられるくらいになった。

夕方からは買い物。そう言えば、車のバッテリー交換と共にエンジンチェックランプがリセットされ、その後点灯しなくなったと書いたが、今日再び点灯した。やはり何か問題があるようだ。整備マニュアルを読むと、O2センサー辺りに問題がありそうな感じ。

リサの散歩

午後からリサの散歩へ。去年のblogを見ると、丁度1年前はまだ前足は動いていたし、「ふせ」の状態もキープできていた。今は首から下は動かない。これ以上悪くならないことを祈る。

八王子と違って安曇野は日中も寒い。毛布代わりにバスタオルをかけてお出かけ。



こちらへ帰ってくると、表情が凄く良くなる。やはり育ったこの場所が良いのだろうか。



散歩が始まると、賢明に外の景色を見ようとする。何かを感じるのかなぁ。



楽しそうね。結局今日は1時間くらい森の中を歩き回った。

theme : 犬との生活
genre : ペット

冬休み5日目

起床してすぐに資源ゴミをリサイクルセンターへ。先日交換したバッテリーを持って行った。処分料500円。

帰りはホームセンターで買い物。シェイビングクリームを買うだけのはずが、ついつい余計な物を買ってしまう。間食はいけないと思いつつ、美味しそうなチョコやスナック菓子を少し。冬は車のポリッシャーを行う元気は無いが、せめて内装を奇麗にしようと思ってクリーナー等を購入。

帰宅後は車の内装の清掃。先ずは本革シートクリーナーでシートのクリーニング。前オーナーが年に数回手入れをしてくれていれば、こんなにヒビが入らなかったのに(泣)。ついでにステアリングやギアのブーツまで奇麗にした。次に掃除機でクリーニング。殆ど掃除してなかったのだろうか、シートの下からはゴミとホコリの山。その後はダッシュボード類の拭き上げ。うーん、真っ黒。仕上げは歯ブラシでパネルのつなぎ目等のゴミを清掃。最後にガラスの内側を拭き上げ。これまた外側かと思うほど真っ黒。多分リアガラスの内側なんて拭いた事ないんだろうなぁ。掃除し甲斐がある。

夕方リサの散歩。寒かったけど、しきりに森を眺めていて楽しそうだった。

IMIVの操作

先日DIYでS80 T6に取り付けたiPodアダプタのiMIV。操作方法も非常にシームレスで良くできている。設計が非常に良く、10年前のVOLVO純正オーディオにこんなに奇麗にiPodを接続させてしまう技術力は天晴である。

iMIVを使うには、iPodからオペレーションする方法と純正オーディオから操作する方法の2通りがある。前者は普通にiPodを操作すれば音は出る。問題は後者だ。

当然10年前のVOLVOのオーディオはiPodなんて知らない。iPodアダプタであるiMIVは、iPodをCDチェンジャーのように見せるのである。そのギミックは、プレイリストにある。

プレイリストの名前の頭2桁に数字を付ける。これがiMIVを使う上でのお約束。これがCDチェンジャーのCD番号になる。例えば、以下のようにiTunesでプレイリストを作成しておく。



本来のVOLVOのオーディオは右下のDISKダイヤルによって、CDチェンジャーのCDを選択する。iMIVはこの機能をエミュレートしてiPodを制御する。iMIV接続時は、このダイヤルを回すと上記プレイリストの頭2桁の番号がインクリメント/デクリメントされる。"CD01"はプレイリスト選択中、TRK番号はプレイリストの番号を意味する。DISKダイヤルを回すと、このTRK番号、即ちプレイリストの番号がインクリメント/デクリメントされる。

下記は、プレイリスト03_Classic Violinを選択していることになる。



所望のプレイリストの番号でダイヤルを止めると、数秒後に"CD02"に表示が切り替わる。これは、曲目選択中を意味する。この時のTRK番号は曲番号。このモードでは、通常のオーディオでCDが演奏されているが如く、早送り&巻き戻し等の操作をオーディオパネルやハンドル上のオーディオボタンで行うことができる。

下記は、1曲目のプレイバック中を意味する。



iMIVのおかげで、車内での音楽鑑賞が非常に快適になった。

theme : カーオーディオ
genre : 車・バイク

DIY:VOLVO(ボルボ)S80 T6 にリアビューカメラ取付

人間は一度楽をしてしまうとそこから抜け出すことはできない。以前所有していたスイスポもZ33もバックモニタを装備していた。リアビューカメラ無しでS80を乗り始めたが、やはり不便。思い立ったら即行動。ネットより数千円高かったが、オートアールズで早速カメラを購入した。

実は事前にカメラの搭載方法は検討しておいた。幸いなことに、前オーナーの親父君が購入したナビにはチューナーユニットにAUX端子が2系統入る。ここに接続できるRCAタイプのカメラならどれでもつながる。パナソニックあたりが無難かと思っていたら、幸いにもオートアールズに在庫があった。CY-RC50KDである。

取付場所は本当ならセンターが良かったのだが、トランクオープナーのスイッチがあるし、その横はナンバーの照明。結局その横へ。右側と左側で悩んだが、ドライバー側の方が直感的に見易いと判断し、右側に取付けることにした。

取付場所は清掃後、ブレーキクリーナーで脱脂処理。



カメラ取付完了。ケーブルはナンバーの裏側を通し、そのまま下へ下ろしてトランクの裏側へ。



トランクの内装を経由してトランクオープナーのケーブル類と一緒に車内へ。



カメラユニットは先日取付けたIMIVの上へ両面テープで固定。電源ケーブルはマニュアル通りではリバース信号へ接続することになっているが、今回はアクセサリーへ接続。バックする時だけでなく、ナビをAUXに切り替えるといつでも後方の映像を見る事ができる。一方、RCAケーブルはカーペットの下やモール類を通して助手席下のチューナーユニットのAUXへ接続。ケーブルのルーティングに難儀するかと思ったが、意外に簡単だった。



後方の映像。画面下の黒い部分は車のバンパー部。ここまでバック可能。



取り付け後、近所のスーパーに行って駐車してみたが、やはり後が見えるって素晴らしい。この車は長さが4.8mもあるので、ギリギリまで下がらないと前が駐車スペースから飛び出る。やはりバックの時の安心感が全然違う。

冬休み4日目

午前中は妻の通院。その後、松本のカレー店メーヤウでブランチ。ここのカレーは長く食べているが、この数年で価格は上がり、肉の量はかなり減った。代替が効かないので通っているが、鳥モモがゴロゴロ入ったチキンカレーをもう一度食べてみたい。

VOLVOにリアビューカメラ(バックカメラ)が欲しくなり、急遽オートアールズでリアビューカメラ購入。ネットで買えば数千円安くなるが、冬休みの間に自分で取り付けたかったので購入することにした。

帰宅してからリサの散歩。久しぶりに安曇野の森の中を散歩したリサは、周りの景色を楽しむように辺りをキョロキョロ真剣に見渡していた。

冬休み3日目

今日は三郷サラダ市にリンゴを買いに行った。10Kgを実家と親類宅に送り、自宅用はいつもなら袋買いだが、今回は箱買いしてみた。美味そう。



夜は、ご近所さんと一緒に穂高にある魚料理店"月の魚"でミニ忘年会。ここの単品料理も非常に美味しいことが判明。また来よう。

冬休み2日目

今日は殆ど自宅で過ごした。VOLVO S80にiPodアダプタを取り付けたり、バッテリーを交換したり。

夜は、S80の夏タイヤを東京から安曇野へ送ったため、そのタイヤ待ち。ちなみにタイヤは2本毎にPPバンドと留め具で縛り、2個口で送付。約2500円で4本送れた。ヤマト便安い。


DIY:VOLVO(ボルボ)S80 T-6 バッテリー交換

今日はS80のバッテリ交換を行った。念のためオークションで入手した修理マニュアルを確認すると、注意点としては新しいバッテリー接続時のキーポジションとサンルーフのキャリブレーション(校正)作業が必要なくらい。

バッテリーはリアにマウントされる。



古いバッテリーの撤去。キーポジションがオフの状態から3分待ってから作業開始。エアバッグ等の補助乗員保護装置は電源が切れた後も一定時間アクティブになっているらしい。そのため、3分待ってから作業を始める。

端子を外す作業は必ずマイナス側から行う。基本的にシャシーはマイナスなので、プラス側から外した場合は工具がシャシーに触れるとショートして危険。



バッテリーを外すと、「あれっ、サイズが小さい」。今度買ったBOSCHのはこれより数センチ横長。確かに今回は容量が大きいタイプを購入したが、充分に車種のマッチングを確認したはず…。でも問題は無かった。容量によって2タイプのバッテリーが搭載できるようで、マウント金具も大きいタイプに合わせてネジ穴が用意されていた。



バッテリー接続時は、キーポジションをIIにする。万が一エアバッグが動作した時に備え、作業中は車両内に人がいないようにする、っていうか一人で作業するなら大丈夫だろうが。



新しいバッテリーの接続。接続はプラス端子側から行う。理由は上述通り。それにしてもこの新しいバッテリーは大きいし重かった。ちょっと燃費は落ちるかな。メンテナンスフリーなのは非常に助かる。

端子接続後、最後にドレインホースを取り付け、保護カバーとマウント金具を元に戻して完了。


キーを回すと元気良くエンジン始動。コンピューターが内部リセットされたのか、「ハイキシステムコショウ」の警告メッセージは消えていた。前オーナーの親父君が言うには、「ディーラーに持って行って点検してもらったら、警告メッセージは消えないが問題無いのでそのまま乗れ」と言われたらしい。もし車に異常が無ければこのまま警告は出ないだろうし、もし異常があるのであれば、そのうち再度表示されるだろう。それにしてもセルフダイアグノスティックの警告メッセージが消せないディーラーってどうよ?

その後、サンルーフのキャリブレーション作業。ちなみにサンルーフは一度リモコンでロック→アンロックをしないと動作しないようだ。

キャリブレーション作業は以下の通り。

 1.サンルーフスイッチを押してサンルーフをチルトポジションにし、
  スイッチを放す。
 2.チルトポジションの状態で、スイッチを再度5秒以上押して、
  サンルーフを閉じる。

以上でキャリブレーション作業終了。

ということで、早くも冬休みの宿題終了。

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

DIY:続・10年前のVOLVOにiPod / iPhoneを接続

先日仮配線したVOLVOとiPodを接続するためのアダプタiMIVの設置を行った。

このリアヒューズボックス付近はなかなか水平な場所が無く、結局iMIV本体はタイヤハウスの上に両面テープで固定。タイヤハウス側は湾曲しているので、両面テープは側面に貼付けた。



iPodの設置は市販の車載用ホルダを流用し、ボディ側に両面テープで貼付けた。衝撃による落下を心配したが、両面テープの張り付け面積が広いので多分大丈夫だろう。



全体的に見るとこんな感じ。内張りを戻せば、トランクルームは従来通り。



冬休みの宿題が一つ完了。

theme : カーオーディオ
genre : 車・バイク

冬休みスタート

今日から冬休み。今回は24日と25日に休暇を取ったので12連休。本日お昼過ぎ、安曇野に到着。昨日は定時に仕事を終えたが、夜中に出ることは止めた。昨年夜中に帰ったところ、家が冷えきり寒くて仕方が無かった。そのため、移動日は今日に設定した。今日の移動日は正解。パネルヒーターを全開にして昼食を食べて行っている間にそれなりに部屋が暖まった。

一昨年は転職活動、昨年はプロトタイプの開発で冬休みとは言え常に頭の隅に気になる何かが存在していたが、今年は全て気になる問題はクリア。こんなに気持ちよく年を越せるのは何年ぶりだろうか。

9月から怒濤の日々を送っていたので、今回の休みはゆっくり過ごしたい…。

ビルシュタインBTS Kit&バッテリ到着

先週、注文していたビルシュタインのBTS Kitとバッテリが到着。サスは年明け装着予定。ディーラーではないVOLVO専門店に細かい修理と一緒にお願いする。



VOLVO君はバッテリーが届いた事に安心したのか、今日いきなり「バッテリーヨウリョウガフソクシテイマス」の警告メッセージを出した。セルモーターの音に元気が無いなと思っていたが、やっぱりバッテリはヘタッていた。前オーナーの親父君は「10年間一度も換えなかった!」と豪語していた。マジっすか。

今日、バッテリの交換もしてしまおうかと思ったが、青空ガレージでは緊急対応が出来ないのでやめた。冬休みに交換予定。


theme : 自動車部品
genre : 車・バイク

DIY:10年前のVOLVOにiPod / iPhoneを接続

10年前のVOLVO(ボルボ) S80 T-6にiPod / iPhoneをシームレスに接続できるiMIVを先日購入した。冬休み、安曇野に帰った時に取り付けようと思っていた。しかし、今日は天気が良くて比較的暖かであった。零下の安曇野で取り付けるよりは楽だと考え、前倒しで取付作業を行った。

この商品は、VOLVOの標準オーディオにiPodを接続できるユニットである。当然10年前にiPodなど存在しない。しかし、VOLVOの標準オーディオにはオプションによりCDチェンジャーが接続できる。MELBUSと呼ばれる規格で接続しているようで、このiMIVがMELBUS経由でCDチェンジャーをエミュレートし、iPodをCDチェンジャーに見せることで10年前のVOLVOにもシームレスでiPodを接続できる優れものなのである。

ちなみに国内のサイトを検索している限りでは、古いVOLVOにiPodを接続するにはFMトランスミッターを使うことが多いようだ。しかし、ノイズや音質で問題アリという意見が多い。それにこの方法では、ステアリングホイールに装備されたオーディオの早送り等のスイッチ類が使えない。しかし、iMIVはこれらのステアリングに装備されたオーディオ用スイッチもそのまま利用できるのである。素晴らしい。

購入は当初個人輸入を検討していたが、結局国内で購入できるショップを見つけたので国内のショップから通販で購入。価格は約25000円。ケーブルの費用と関税を考えると、それほど高くはないので購入に踏み切った。内容は以下の通り。本体、電源ケーブル、MELBUSケーブル、iPod接続ケーブルの4点セット。



商品に添付される資料の全てはこれだけ。プロ向けっぽくて素敵。



基本的にこの商品は国内では販売されてない。この手のマニアックな商品に付き物なのだが、その得られるメリットを享受するにはそれなりの研究が必要になる。先ずは取説を本家のカナダのサイトから落としてチェック。接続は非常に簡単であることがわかる。



ヘッドユニットからのMELBUSケーブルにDINコネクタが出ていることを確認せよとある。S80の場合、CDチェンジャーはトランク内に装備される。調査すると、どうやら予めMELBUSのケーブルが配線されていることがわかった。車を入手した時、すぐに確認すると確かにコネクタらしきものは存在していた。

後は電源ケーブルだけである。いわゆるアクセサリー信号とGNDを接続して終了。幸いなことに、後付けのナビのVICSユニットが同じトランクに搭載されていることが判明した。ナビのマニュアルでは、VICSユニットの赤のケーブルがアクセサリー、黒がGNDとある。これらの信号を分岐すればOKとなる。

さて、早速トランクへアクセス。ノブを回して内装をめくる。



後付けナビのVICSユニットらしきものがケーブルの奥に見える。



VICSユニット発見。赤がアクセサリー、黒がGNDである。



車関係で信号を分岐させるには、ホームセンターやカーショップで売っている分岐カプラを使う。



iMIVの電源ケーブルに分岐カプラ接続。



VICSユニットのアクセサリー信号とGNDを分岐。



次はMELBUSケーブル。トランク内に既に配線済みであった。振動で音が出ないようにスポンジでくるまれているのでこれを剥がす。



確かにDINコネクタがあった。このコネクタをiMIVに接続すれば完了。



仮配線で音出しチェック。取り合えずiPhoneで試す。万が一動作しなかった場合を考え、まだ車載用iPodは購入してなかった。



続いてVOLVOのオーディオ側からもチェック。問題無し。ステアリングのオーディオスイッチ類も動作した。オペレーションはiPod側からでもVOLVOのオーディオ側からでも可能。VOLVOのオーディオ側から操作するには、プレイリストに若干の命名規則が必要。2桁の数字をプレイリストの頭に付けると、それがトラック番号として表示されるシステムである。詳細は後日。



作業時間は約30分。まさかこの古いVOLVOにこんな簡単にiPodが接続できるとは思わなかった。素晴らしい。午後、早速ヨドバシでiPod classic 160GBを購入。iTunesのライブラリを全て入れても使用率は1割程度。残り容量はガラガラだ。

後で最終的なトランク内のレイアウトを決め、iPodを設置すれば完了。

theme : カーオーディオ
genre : 車・バイク

最近のリサの散歩風景

久しぶりに最近のリサ(シェパード9歳、要介護犬)の散歩風景。

ちょっと前までは前足が何とか動いていたのだが、今は前足も殆ど動かなくなり、動くのは首から上だけになってしまった。それでも「お散歩行く?」と聞くと、声にならない声で「ひゃおひゃおひゃおひゃお…」と嬉しそうに声を上げる。以前に比べるとキョロキョロしなくなったかと思っていたが、こうして動画で見るとあちこち見ているようだ。視力は落ちているようで、先方に犬がいてもかなり近付かないと認識できなように思える。

体が動かなくなると筋肉も一気に落ちるようで、かなり痩せてしまった。かと言って食事の量を増やすとお腹を壊す。外に出ると寒いらしく、体を震わせるので首から下はバスタオルで布団状態。

左右の腰部分に出来てしまった床ずれは一進一退。最近は妻が夜中にも起きて3~4時間毎に左右反転を行っている。徐々に直って来たと思いきや、一晩で悪化することもしばしば。全く同じことをしていても突如変化が起こる。温度や湿度と言った環境的な要因なのか…。原因はわからない。

それにしても妻の愛情と根性には頭が下がるばかりだ。

theme : わんことの生活
genre : ペット

新しい車が到着&サス発注

新しい車と言っても私にとって新しい車であって新車ではない。10年落ち、11万キロオーバーを走っているVOLVO S80 T-6を親父から譲り受けた。早速名義変更と保険の切り替えを済ませた。10年落ちの車はもはや車両保険の対象外ということで、入ることができなかった。前の旧スイフトスポーツでさえ50万くらいは入れたのに。おかげで毎月の保険の支払い額は大幅に下がったが、事故ったら全額負担。気をつけて乗ろう。

車は細かい所が色々と痛んでいるものの、走りは意外にしっかりしている。ヘタっているサスとスタッドレスタイヤにも関わらず、やはり走りは上質だ。単に乗り味重視のふわふわな足回りという訳でもなく、ロールも少なく、しっかり曲がる。乗り心地も格段に良いが、もう少し固い足の方が好みだろうか。特筆すべきは、この手の車にしては加速が抜群に良い。流石ツインターボ。スタッドレスタイヤということもあるが、アクセルを床まで踏み込むと時速40Km/hくらいからでもトラクションコントロールインジケーターを点滅させ、ホイールスピンを我慢しながら猛烈に加速する。夏タイヤに交換したら、東京に来る前に乗っていたフェアレディZ(Z33)より速いかもしれない。安全装備も非常に充実しているし、快適装備も満載。クラシックの鑑賞にも充分耐えられるほどオーディオもゴージャスだ。10年前、乗り出し700万円オーバーは伊達じゃなかった。

年末車を修理に預けるのは難しいので、本格的な修理・モディファイは来年。取り合えずiPodを接続するアダプター"iMIV"と、寒冷地仕様の大容量バッテリーを購入した。サスペンションはネットで安い店を見つけたのでビルシュタインのBTS-Kitを本日発注。これに16インチ→18インチ鍛造ホイールを組み合わせる予定なので、かなりガッちりした足回りになると思われる。

iPodアダプターの取付とバッテリー交換は安曇野に帰った時の冬休みの宿題だ。どういう訳か車関係の外作業は必ずと言っていいほど寒い冬が多い。ジンクスなのだろうか。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム