DIY:VOLVO S80 T6 第二回ミラー修理準備

先日入手したボルボ S80 T6 だが、入手した時には既に運転席/助手席、両側共にドアミラーのボディに大きな傷が付いてた。ドアミラーユニットの交換修理は非常に高額(片側約6万円ちょっと)。ということで、傷が深かった運転席側のみ、先日オークションで入手したドアミラーユニットに自分で交換した。

さて、今回は傷が浅い助手席側の修理検討を開始。準備を始めることにした。まずは修理方針の決定。改めて傷を見てみる。

前オーナーの某父上がテープで修理していたので、テープは剥がしてある。頼むから暫定ならともかく、恒久的修理にビニールテープを使うのはやめようね。

壁にミラーをヒットさせたようで、白いミラーカバー部分に塗装の剥げが見られる。ミラーの黒い本体部分は割れているようだ。



拡大してみる。なるほど。テープの貼り残しはパーツクリーナーで除去するとして、ミラーカバー部分は傷は浅そうだ。カバーは耐水ペーパーで平面を出し、プラサフ+スプレーで何とかなりそう。黒いミラーのボディ部の割れは、パテで埋め、平面を出せば良い。黒系のパテなら塗装しなくても色が目立つことは無いかもしれない。目立つようなら塗装もしようか。



方針が決まったところで準備開始。準備で問題になるのが塗料。国産ならカーショップに同色のスプレーやタッチペンが在庫してあるが、外車は大抵の場合は無い。それが理由なのかはわからないが、前オーナーから車と一緒にもらったタッチペンは見事に国産の他車種のものであった。色が全然合わない…。

とは言っても、同色のスプレーは入手意外に簡単である。

修理部品で有名なSOFT99やHoltsのサイトへ行くと、車のカラーナンバーから色を合成し、スプレーやタッチペンを作ってくれるサービスが紹介されている。大型の装置が必要なので、どこのカーショップにも置いてある訳では無い。設置店を検索したら、近所のカーショップに置いてあることが判明。必要なのはカラーコードだ。

車のボンネットを開けると、下記のようなプレートがある。ボルボの場合は、右の列、189-26の189がカラーコードになる。ネットで調べると、確かにS80の白系であることがわかる。

色の合成が可能なカーショップに行って、このカラーコードを伝えると15分くらいで作ってくれる。



ということで、黒系のパテとボルボ/カラーコード189の特注色スプレーの入手完了。パテが約1000円、スプレーが約2400円。



今度安曇野に帰ったら修理だ。もう少し暖かくなると良いのだが…。

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

久しぶりの自転車トレーニング

今週は一人の週末。先ずは久しぶりの自転車トレーニング。リサの件で毎週末安曇野移動だったので、3週間もブランクが空いてしまった。おまけに外食が続いているので体重が増え気味。

今日は大垂水峠のハーフコース。36Km走行/1080Kcal消費。帰宅後は近所の中華食堂でブランチを済ませ、買い物。そして床屋へ行った。天気が良ければ明日も漕ごうかな…。

リサ再入院&退院

先週はリサに問題発生。切断した足の傷は順調だったが、数日前、突然腹部から原因不明の出血。慌てて動物病院へ連れて行ったら、急遽入院となった。その後3泊して今日退院となった。私は八王子なので、妻とリサはご近所の方が掛かり付けの動物病院へ搬送してくれた。

原因は先生もわからないらしい。傷は2カ所。数mmの穴が腹部に開いてしまった。多分噛んだんじゃないかと先生は言っているが、リサは動くことができない。自分で噛むなんて不可能。どこか鋭利な角等に引っ掛けたかと思って調べたが、どこにもそのような鋭利なものはない。まぁ取り合えず出血は止まって退院したからいいものの、何だったのだろうか…。

八王子帰宅

今日は午後3時半頃安曇野を出て、午後6時頃八王子到着。ビーコンのVICSによると、上野原付近と定番の小仏トンネルを先頭にした渋滞が発生とカーナビに表示されていたが、上野原付近では車が多いなぁ程度。小仏トンネル手前では15分くらいノロノロした程度で、トンネルを抜けると普通に流れていた。盆正月じゃない普通の週末の渋滞ってこの程度だったのか。

リサの手術の抜糸や容態を考え、今週もリサと妻は安曇野ステイ。私一人の八王子。今回で4週連続で帰ったことになる。春とか秋の季節が良い時期だったら良かったのになぁ。来週末は取り合えず帰らず、抜糸後の再来週には家族全員で八王子に戻る予定。

車が変わって本当に安曇野~八王子の往復が楽になった。気力・体力的には毎週帰っても良いくらい。高速料金は問題無いのだが、1往復7千円の燃費がちょっと…。まぁ燃費を気にした段階であの車に乗る資格は無いのかもしれないが。

リサの経過

昨日、リサを動物病院へ連れて行ったがその後の経過は順調。来週あたりに抜糸らしい。本人も元気そうだが、まだ散歩の許可が出てないので退屈だろう。お腹の調子も良くないので、美味しいものもあまりあげられない。切断した側に寝かせることができなので、反対側の床ずれは悪化してしまった。一進一退だ。

インチアップ BBS RG-R 17inch

VOLVOを純正の16インチから17インチにインチアップした。と言っても、今日は試着&試走のみ。まだ冬なので安曇野でスタッドレスは脱げない。

ホイールはBBSのRG-R 17インチ。鍛造ホイール。ホイールはオークションで購入。4本で約10万円。新品なら1本しか買えない。タイヤはREGNOのGR-9000。峠攻める車じゃないし、コンフォート系を選択した。

ということで、早速雪の無い東側の峠を軽く試走。乗り心地はマイルド。インチアップしたので固くなったと思いきや、殆ど変わらない。走行音は確かに静かになった。高速道路では期待できそう。

コーナーではビルシュタインのサスとの相乗効果で、この手の車とは思えないくらい踏ん張ってくれる。限界を超え、テイルが流れそうになると破綻前にDSTC (Dynamic Stability and Traction Control) が介入し、何事も起こらない。ステアリングを切った時のクイック感もこの手の車としては良くなった。ハイパワーのFF車なのでアンダーステアが激しいかと思いきや、そうでもなかった。トルクステアも感じない。素晴らしい。でも車重が重いので軽快感が無いのは仕方が無いか。とは言え、気持ちよくワインディングを走れる車に仕上がり、歳相応な走りを楽しめそう。

ちなみにホイール+タイヤの総重量は以下の通り。

 BBS RG-R 17インチ+REGNO 225/50/R17=20Kg
 純正16インチ+Playz 225/55/R16=20.4Kg
 ノーブランド16インチ+ブリザック 225/55/R16=19.4Kg

BBSはもうちょっと軽いと期待していたのだが、インチアップしても純正ホールより若干軽めなので、まぁ良しとしよう。もしかしたらタイヤが重いのかもしれないし。



本格的なポリッシングもまだだし、洗車もしてないが撮影してみた。おまけにカメラはコンデジだし…。
ホイールが変わるとかなりイメージも変わる。






theme : 自動車部品
genre : 車・バイク

ボルボ S80 T6 修理後のインプレ

VOLVO S80 T6 の第二回目の修理後、初めて長距離を乗った。先ず感じたのは音が静かになり、振動が激減した。「あれっ」と思うほど違った。特に加速時、ターボが効いた瞬間の振動が強かったのだが、明らかに滑らかになった。どうもエンジンのアッパーマウント交換が効いているようだ。車を入手後、こんなもんだろうと思って乗っていたが、これほど変わるとは。

それからやっと直ったオートクルーズ。今のように頻繁に長距離を往復する場合は非常に楽。

一昨日の夜に車を受け取ったばかりで、細かい場所はまだ未確認。明日ゆっくり確認しよう。あっ、明日はブレーキパッドとフロントのディスク、トルクレンチが到着するんだった。エアコンのフィルターは到着済み。明日寒そうだし、交換、どうしようかな。

今週末も安曇野

今週末も安曇野。よりによってこの寒い時期に3週連続で帰ってくることになるとは。と言っても、私一人なので八王子ステイでも良かったのだが、今回買った17インチの鍛造ホイール+タイヤをガレージに置きに帰りたかったので帰ることにした。

豊科インターに12時に入るように帰ったのだが、豊科インターに到着してびっくり。100mくらいの車列で渋滞していた。夜中の12時に、こんな田舎で。1000円効果恐るべし。

家に到着してリサと目が合ったら「はうはうはうはう…」って歓迎された。やはり1週間会わないと寂しいのだろうか。3本になってしまった足は相変わらずかわいそうだが、経過は順調で何よりだ。

ボルボリフレッシュ計画ほぼ完了

S80 T6の第二弾の修理も完了し、ほぼ完璧に仕上がった。今回の大きな修理箇所は特に電装系。オートクルーズが全く動作しない、リアの助手席側ドアロックが解錠しない、ヘッドライトレンズ内の水滴等。それからクーラントのリーク、エンジンアッパーマウントの交換など。何かエンジンの振動が減った気がするのは、プラシーボ効果?

あと内装。カップフォルダーのフタの割れとパーキングブレーキのブーツがボロボロだったので交換。カップフォルダーのフタが割れ、接着剤で修理してあったのが見た目的に我慢できずに交換したのだが、開き方も疑問だった。「バコッ!」と豪快に開いていたが、交換して謎が判明。ダンパーが壊れていたのだった。交換したら「すーっ」と上品に開いた。これだよね。

ということで、修理はほぼ完了。前回分と合わせて全部で約35万円だった。かなり良心的な価格で素晴らしい。

それからホイールとタイヤを購入した。結局ホイールはBBSの鍛造RG-Rの17インチになった。最初レイズのCE28を発注したのだが、何とディスコン。急遽オークションにて入手となった。BBSの鍛造ホイールなので、定価で買えばホイール4本で40万円オーバーだが、オークションで中古を買ったので4本で約10万円。タイヤはコンフォート系をチョイス。REGNOのGR-9000、225/50/R17にした。タイヤは新品。当初18インチも検討したのだが、既に満足の足回りになっているので17インチを選択した。取り合えずネットで買って修理工場へ直送し、組み込みとバランスをしてもらった。週末安曇野に持って帰る。写真は後ほど。

あと現在、ブレーキパッドとディスクを発注中。パッドとディスクは自分で交換予定。以前、ピストンツールまで購入して交換したことがあるので、今回も自分で行う予定。ちなみにブレーキパッドはDIXCELのブレーキダスト低減パッドにした。

安曇野の家の周りはまだ雪だろうから、まだスタッドは履き替えられないだろうなぁ。

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

八王子到着&リサその後

私だけ午後4時に安曇野を出発。午後7時に八王子到着。週末なので渋滞するかと思ったら、意外に流れていた。連休や盆、正月でない普通の週末なら、事故でもない限り高速はそれほど混まないようだ。

車が変わって安曇野との往復は非常に楽になった。車の大きさでこんなにも疲労度が変わるとは。3週連続で移動しているが、長距離運転に対する抵抗は皆無になった。

帰ってから妻とiChatで会話。スカイプもそうだが、動画付きでハンズフリー、高音質だと目の前で話しているような錯覚になる。21世紀って感じだ。

その後のリサの容態は安定しているようで良かった。前半の人生(犬生?)は病気知らずで広い庭でフリスビー投げをしたり楽しく過ごした彼女も、後半は歩けなくなって寝たきり。しかも病気と怪我で手術を2度もすることになってしまった。かわいそうなリサ…。人間も犬も、一生涯を平穏無事に楽しく過ごすことは難しいようだ。せめて飼い主としては精一杯のことをしてあげよう。

リサ、後ろ足切断手術・退院

という訳で、本日午後、後ろ足の切断手術からリサが無事生還した。やはり痛みは感じないようで、いつも通りの反応。病院で対面した時は、ちょっと呆然としていたが…。

取り合えず元気そうで安心した。3日後、一度病院へ行って様子を見てもらう。抜糸は10日~2週間後らしい。

写真はモザイクがかかっているが、クリックするとモザイク無しの写真になる。グロいのが苦手な方はクリックしない方が良いかも。ちなみに傷を説明すると、左手より、再発した乳腺腫瘍、足の切断の傷、床ずれとなっている。全体的に黄ばんでいるのは消毒薬の色。基本的に乾燥させるとのことで、包帯等はせずにこのままの状態。本当に痛々しい…。


サンルーフモジュールの較正

ドアミラーの交換のためバッテリーを外したが、サンルーフモジュール(SRM)の較正(キャリブレーション)を忘れていた。高速を走っていたら、ちょっと音がして気が付いた。

ということで、較正作業内容をメモしておく。

サンルーフは閉まっていること。

1.イグニッションはポジション I 。
2.サンルーフスイッチを押して、サンルーフをチルトポジションにする。
3.スイッチを放す。
4.(チルトポジションの)スイッチを再度 5 秒以上押して、サンルーフを閉じる。
5.スイッチを放す。

較正完了。サンルーフが正しいポジションへ動かなかった場合、較正を再度行う。

※サンルーフが正しいポジションへ動かなかった場合

1.サンルーフスイッチを押して、サンルーフを最後方ポジションにする(全開)。
2.スイッチを放す。
3.(全開ポジションの)スイッチを再度 5 秒以上押して、サンルーフを閉じる。
4.スイッチを放す。
5.サンルーフを閉じ、較正を再度行う。

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

DIY:VOLVO S80 T6 ドアミラー交換

今回乗り換えた VOLVO(ボルボ)S80 T6 であるが、入手した段階で電装系を中心に色々なところが動作不良だったり壊れていたりしていた。現在部品待ちの状態で、部品が揃い次第、第二回目の修理となり、作業が終了となる。

その中でも修理に悩んだのがドアミラー。前オーナーの某父上が両サイドのドアミラーをヒットさせたまま放置状態であった。機能的には問題無かったのだが、見た目的に私の許容範囲を超えている。両側ともミラーのハウジングが割れた状態。助手席側はパテで埋めて何とかなりそうなレベル。酷いのが運転席側だ。これは交換以外は無いだろう。

見積を取ると、部品代が46830円、工賃が14250円で合計61080円となる。両側となると12万円コースだ。流石にドアミラーに12万円をかける気はないので、助手席側は修理、運転席側のみ交換することにした。ドアミラーはオークションで探し、交換も自分で行うことにした。

ということで、今日は運転席側のドアミラー交換作業。八王子の青空駐車場じゃ流石にやる気がしないので、安曇野に帰って来た時の作業となった。やはり屋根付きガレージは素晴らしい。しかし、安曇野で冬の外作業は楽ではない。今日は-6℃。以前、自分でカーナビを取り付けた時もそうだったが、どういう訳か車の作業は冬になる。ジンクスだろうか。

これが問題の運転席側のドアミラー。ビニールテープを剥がすと、割れて大きな穴も開いていた。恒久的な修理にビニールテープを貼るあたりが自分の親とは思えない。もうちょっと理系らしいアプローチは無かったのだろうか?



オークションで探すと、幸運にもS80のドアミラーが見つかった。約12000円。車両の色までは流石に合わなかったが、カバーのみ現車のものを流用すればOK。現車のカバーが割れてなかったのが不幸中の幸い。

中古だけど、ちゃんと動作するよね? ちなみにミラーの下のライトはリモコンキーで地面を照らすライト。ミラーにはヒーター内蔵。ゴージャスなミラーだ。



いつもの準備作業。イグニッションキーのポジションを0にした後、バッテリーのマイナス側の端子を外す。

そして作業開始。ドアパネルのクリップを外す。全部で6カ所。クリップの中央を押すと簡単に取れるタイプ。このクリップは好き。単なる嵌め込み式だと折れる確率が高く、再利用が難しい。プロは再利用などしないのだろうが。



取手部分のブラインドカバーを外す。外すとトルクスネジが現れる。




トルクスドライバーでネジを外す。



ハンドルのサラウンドの取り外し。内装の取り外しにはリムーバーを用いると傷を付けずに済むので便利。



ドアミラーのカバーを外す。



ドアパネルを少し持ち上げるようにして外すと、電装品のケーブル類にアクセスできる。



先ずは仮配線して動作確認。危惧していたことがある。最近の車はネットワーク(CAN)で通信することで各ユニットが動作する仕組みになっている。単にON/OFFしているだけなのではない。例えばこのドアミラーユニットも、内部にCPUが搭載されたインテリジェントな構成になっている。このシステムがどんなプロトコルで動作しているのかわからないが、例えばミラーユニットの個体毎にユニークなIDなりアドレスなりが振られていて、そのユニークな値を車両側のホストに登録しないと動作しないような仕組みだった場合は、ハードをつないだだけでは動かない。ディーラーなりに行って、交換したミラーに対応させるよう、車両側ファームウェアのアップデート等が必要になったりする。

てなことを考えながら火を入れると、あっさり動いた。ミラーの折り畳み、ミラーの上下左右、グラウンドライト、全て動作した。懸念事項が杞憂に終わって何より。



後はドアミラーユニットのナットを外して交換。逆の手順で組み付け。
イグニッションキーをポジションIIへ回し、バッテリーのマイナス端子を再接続して作業完了。
作業時間は1時間。満足な仕上がり。やはりこうでなくては。

追記:バッテリを外した場合は、サンルーフモジュールの較正作業が必要。方法は次の記事に記す。



theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

安曇野到着&リサ手術

10時に八王子を出て12時半安曇野到着。一度自宅に行ってパネルヒーターを全開にして、リサを下ろして松本のカレーバイキングメーヤウへ。最近毎週末食べに来ている気がする。その後、妻の通院。帰宅して今度はリサを動物病院へ。簡単な説明を受けてリサのみ病院へ一泊。手術は1時間くらいで済むらしい。何かあれば電話するとのことで、電話は無かったので無事済んだのだろう。それにしても足を切断とはねぇ。かわいそうに。

リサを預けた後は買い物。リサの容態に何か変化があってもすぐに対応できるよう、妻は3週間ほど安曇野ステイ予定。帰れたら私も週末安曇野へ帰る予定。

明日はお昼頃リサを迎えに行く。せめて美味しいものを食べさせてあげよう。

窓からスカイツリー

会社の窓からスカイツリーを写してみた。コンデジの望遠だからこんなものか。


宮本笑里リサイタルツアー2009

今日は仕事を早めに切り上げて「宮本笑里リサイタルツアー2009 dream」へ。最終日の今日は初台のオペラシティコンサートホール。今回は妻も一緒。初台駅で待ち合わせ。

恥ずかしながら、クラシックのコンサートに行くのは初めて。以前からクラシックを聞かなかった訳では無い。バッハのピアノとか昔から好きだったし、ここ数年はヴァイオリンとか好きで良く聞いていた。最初にバッハのシャコンヌ、無伴奏パルティータ第2番ニ短調を聞いてすっかり気に入り、後でヴィターリのシャコンヌも良いことに気付いてCDを買いまくって色々と聞いていた。

宮本笑里はNHKのJ-MELOで紹介されてから聞くようになった。英語の番組なのだが、英語を流暢に話す奇麗なヴァイオリニストの存在を初めて知った。クラシックの演奏に関しては正直わからなかったのだが、テレビに出てくるアーティストとしては抜群の品の良さが気に入ってそれからファンになった。正直ヴィジュアルから入ったのは否めない。

今日、初めて生演奏を聞いた。驚いた。ヴァイオリンって、こんなに奇麗な音が出る楽器だったのか。いや、彼女の演奏技術が凄かった。あの華奢な細い腕から、迫力のある低音から、オーディオでは再現できない素晴らしい伸びの高音までを奏でていた。ヴァイオリンも相当高価なもので、まだ借り物だと先日テレビで言っていた。コンサートホールもかなり音響的に良いホールのようだ。浦壁氏のピアノも更にその美しさを増大させるような素晴らしいものであった。全てが最高の状態で組み合わされると、こんなにも素晴らしいものになるとは思ってもいなかった。クラシックの生演奏をなめていた。もっと早く気付くべきだった。今日はそれを実感した。

安曇野の自宅にあるオーディオは、ピュアオーディオの人から見れば全然ダメかもしれないが、それでも中古車が買えるくらいの金額はかけたそれなりの音が出るものだ。安曇野に帰る度に、SACDで何度も聞き込んだ。でも、それとは全然違う。あの程度のオーディオでは、生演奏の足元にも及ばないのであった。

音楽とは音を楽しむと書くが、PAを通さないクラシックの生演奏こそ、まさに音楽なのだろう。今日はその原点を見た気がした。アンプとスピーカーを通した音では私には演奏の違いがわからなかったが、生演奏を聞いて初めて彼女の演奏技術の素晴らしさ、最高のヴァイオリンやピアノの音色の素晴らしさが理解できた気がする。やっぱりプロフェッショナルは凄い。


吉祥寺アテスウェイのケーキ

安曇野の馴染みのケーキ屋のご主人から、吉祥寺に美味しいケーキ屋があると聞いた。これは行ってみるしかないと思い、今日初めて行ってみた。ケーキ屋の名前はアテスウェイ。

本日購入したケーキ。妻が5個、私が3個。

結論から書くと、凄過ぎる。ケーキ食べて鳥肌が立ったのは初めてだ。妻と一緒に感動の嵐。東京には本当に美味い物が多い。

例えばブリュレ。甘過ぎず、こってりし過ぎず、爽やかな風味を感じさせる。レアチーズも濃厚で且つ絶妙な酸味。



見た目も奇麗。マンゴーとプラリネが非常にマッチしている。



チョコパウダーによるグラデーションとは凝っている。抹茶ムースは一般的なベタっとした感じが無く、エアが多く含まれた非常に柔らかい舌触り。



ホワイトチョコのドームの中にはラズベリーが見える。基本的にホワイトチョコベースのケーキだが、今までに食べた事が無い味。ウマ過ぎ。しかし、どこかで味わったことがあるフレーバーが含まれている気がするのだが思い出せない。妻と悩んだが結局謎のままだった。



しばらく通うことになりそうだ。

theme : 食べ物の写真
genre : 写真

八王子へ帰宅

安曇野を10時に出発。途中諏訪SAに立ち寄り、磯揚げのまる天で磯揚げを食べた。最近のお気に入り。

車が変わり、更にビルシュタインのサスペンションに換装してから八王子~安曇野移動が非常に快適になった。スタッドレスでここまで安心して高速道路が走れると、今まで以上に気軽に帰れそうだ。

午後12時半に八王子到着。ゆっくりブランチを食べた。安曇野に馴染みのケーキ屋があるのだが、そこのご主人から吉祥寺に美味しいケーキ屋があることを先日聞いた。今日はそこへ行ってみた。詳細は別記事に。行きは一般道で、帰りは高速道路を使った。吉祥寺までは結構渋滞するので、高速で行くのが正解だった。

今週末はまた安曇野移動。土曜日はリサの手術。日曜は私だけ一度八王子戻り。今週の木曜は宮本笑里のヴァイオリンコンサート。大抵コンサートは私一人で会社帰りに行く事が多かったが、今回はクラシックコンサートということで妻も同伴。彼女も楽しみにしているようだ。

夜は自転車のメンテナンス。かなり久しぶり。定番のリアスプロケット&チェーンホイールの洗浄、チェーンの洗浄と注油。シフトワイヤーのアウターチューブへの注油とディレーラーの調整など。シフトフィールが何となく悪い感じがしていたが、またキレのあるシフトフィールに戻った。機械は整備するときちんと応えてくれる。

ビルシュタインBTS Kit

S80 T6に装着したビルシュタイン(BILSTEIN) BTS Kitであるが、一般道から高速道路まで走ってみたので簡単な感想。まだタイヤがスタッドレスタイヤなので、正確なインプレッションにはなってないとは思うが。

元々、車を譲り受けた段階でサス付近からギャップを超えるとゴトッ、という異音が聞こえていた。どうせ足回りを修理するのであれば、車も10年落ちでバネもダンパーもヘタっているだろうし、もう少しカチっとした乗り味にしたくて修理と一緒にサスをビルシュタインの BTS Kitに交換してもらった。異音の方はスタビライザーリンクのガタが原因だったようだ。また、今回はアライメント調整もしてもらった。ハンドルをセンターにすると車が右に流れる状態もきちんと改善されていた。

さて、サスを変えたら乗り味は一変した。以前はハンドルを切ってからワンテンポ遅れて車が曲がったのだが、サスを変えた後は非常にクイック。タイヤがスタッドレスとは思えない。また、発進するとフロントが持ち上がり気味になったり、ブレーキング時にフロントがダイブする感じが消え、姿勢変化が非常に少なくなった。旋回時も安定感が良いのは言うまでもない。高速道路でのスタビリティもはっきり向上したのがわかる。

乗り心地は多少ゴツゴツした感じにはなるが、私は全然問題無し。道路の継ぎ目の振動は確かに強くなったが、逆に言えば路面からの情報がきちんと伝わってくる方が私は好き。実は妻も同意見だったりする。彼女もフワフワ感よりゴツゴツ感があって安定している方が好きなようだ。以前、フェアレディZ(Z33)やコペン、スイフトスポーツとずっと固い足の車に乗っていたからだろか。また、彼女はバケットシートが好きで、ボルボになってからはサイドのサポートが浅いのが残念と言っていた。このコメントだけ聞くとスポーツカー乗りのようだが、一番気にしているのはドリンクホルダーだったりもする。

乗っている車のサスを変えたのは初めてだったが、こんなに変わるとは思わなかった。


theme : 自動車部品
genre : 車・バイク

リサ、後ろ足切断決定

先日、自分の後ろ足の爪と肉球を自分で食いちぎってしまったリサを掛かり付けの動物病院へ連れて行った。予想通り、足先は壊死しており切断となった。しかし、足先は切っても肉が少なく、カバーが出来ないらしい。ということで、太ももからの切断となった。手術は次の土曜日。明日一度八王子に帰り、また今週金曜の夜に安曇野入り。土曜日リサを預け、日曜日退院となる。

数年前、乳腺腫瘍で手術をしたが、今度は足の切断手術。今は後ろ足は勿論、前足も動かなくなってしまった。動くのは首から上だけ。痛みは感じないだろうから、手術後麻酔が切れても苦しむことが無いのが不幸中の幸いだろうか。


VOLVO S80 T6 大修理第一段完了

今回入手した1999年式のVOLVO S80 T6であるが、流石に10年経過、11万キロオーバー走行となると細かい所が傷んでいる。結構長い期間乗るつもりなので、可能な限り直すことにした。

普通ならディーラーにお願いするのだろうが、当然ディーラーは高い。そこで、VOLVOに特化した技術力がある個人の方が経営している修理工場があるはずと思い、探してみたら見つかった。その中でも比較的近い相模原にあるフキデオートサービスさんに修理をお願いすることにした。

結論から言えば、大正解。こちらの細かい注文にも快く応じてくれて、料金も非常に良心的であった。国産車並みだと思う。

今回は12ヶ月点検もお願いし、他に修理が必要な場所があれば教えて欲しいと伝え、こちらからの要望と合わせて下記の内容になった。

今日は12ヶ月点検~電動折畳みリアシートヘッドレスト戻り不良までの第一弾の修理が完了し、第二弾の部品待ちの間一度車を戻してくれた。エンジンアッパーマウント切れ以降の修理は部品が入ったらもう一度車を預け、第二弾の修理で完了となる。下記全ての修理の見積合計が約35万円。多分ディーラーでやったら倍近くかかるだろう。

今回の第一弾は足回り中心の修理/交換。詳細は別記事で書く予定だが、素晴らしい出来映えで大満足であった。外車は維持費が高いというのが定説だが、良い修理工場と巡り会えればそうでもないと思う。

修理内容

12ヶ月点検
サスペンション(ビルシュタインBTSキット)取付
ハンドルセンターのずれ
足回り異音(スタビライザーリンクガタ)
足回りアライメント調整
スパークプラグ交換
コンピューター(ECM,ETM)アップグレード
排気システム警告ランプ及び警告メッセージ
(ハイキシステムコショウ表示)
電動折畳みリアシートヘッドレスト戻り不良(両側)
エンジンアッパーマウント切れ
クーラント水漏れ
リアドア助手席側、オートロック不良
オートクルーズ動作不良
右ウインカーレンズ割れ
ヘッドライトレンズカバー内水滴(両側)
センターコンソールカバー割れ
パーキングブレーキブーツの破れ
ケーブルコンジットカバー割れ
エンジンルーム清掃

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

自転車トレ→ラーメン→安曇野

今日は早起き。と言っても9時過ぎ。VAAMだけ飲んで自転車トレーニング。東京ライフが安曇野ライフに勝っている数少ないメリットの一つが冬の自転車トレーニング。寒さがマイルドで楽。安曇野で着ていたウェアを着ると暑いくらい。今日は大垂水峠ハーフ。32Km/950Kcal消費。

その後は近所にオープンしたラーメン店へ。店構えが美味しそうで気になっていた。基本の醤油ラーメンにトッピングオプションを追加してオーダー。予想通り激ウマ。確かに安曇野に比べると東京は美味いものが多過ぎ。東京の勝ち。スープは鰹だしベースの濃厚な感じ。麺は太め。あまりラーメンが好きでない妻もこれは美味しいと言っていたからやはり本物なのだろう。



ラーメンを食べた後、相模原の修理工場へ車を取りに横浜線で行った。詳細は別記事で書く予定だが、車の修理の第一弾足回り編が完了。第二弾の電装編の部品待ちの間、一度清算して受け取ることに。なかなかありがたい計らい。週末車が使えるのは嬉しい誤算だった。

車を引き取った後、夕方から安曇野移動。冬休み中、要介護犬のリサがストレスが原因なのか神経が麻痺している後ろ足を自傷行為してしまい、爪3本と肉球を食いちぎってしまった。血は止まったものの、足先が殆ど壊死してしまった。普段お世話になっている掛かり付けの動物病院でどうしても診てもらいたかったので、今週も安曇野へ帰省することになった。

動物病院は明日の午前中に行く予定。明日もう一泊して月曜日の午前中は八王子へ移動。結構慌ただしい連休だ。

冬休み12日目

冬休み最後の今日も寝坊。11時頃起きた。ブランチを食べてからリサの散歩。1時間かけてゆっくり歩いた。

夕飯はまだ行った事が無かったインドカレー店へ。リーズナブルな価格な上、カレーもナンも非常に美味しい。特にナンは口に頬張った時の香りが何とも言えない。しかもナンは食べ放題。もっと早く来れば良かった。



さて、明日から仕事だ。今年も頑張ろう。

冬休み11日目

ちょっとだけ早起きして自転車トレーニング。約40Km、消費カロリー900Kcal。3週間サボったら、いきなり膝に疲労を感じた。この10日間は通勤も無いので歩く事も少ない。体が鈍るのは早い。

帰ってからブランチを食べてリサの散歩。東京は安曇野に比べると暖かいが、やはり3時を過ぎると寒さを感じる。

夕食は多摩センターの回転寿しへ。安曇野より東京の方が素晴らしいと思う時の一つが寿司を食べる時。回転寿しでこのクオリティは長野じゃあり得ない。

夜はHDDレコーダーに貯まっていた録画番組の消化。星新一のショートショートなどを見る。年末、サラリーマンNEOの特番をやっていたとは知らなかった。以前登録した週間録画のプログラムが残っていたので撮れてはいたが、途中で切れていた(泣)。NHKオンデマンドで315円出して見たいほどじゃないし…。

冬休み10日目

今日も寝坊。うーん、社会復帰できるのだろうか。ブランチを食べて八王子に帰る用意。今回は休みが長かったので荷物が多く、全部車に載るのか心配だったが、楽勝で載った。リサの療法食フードもストックを含め3袋もあったのに。大きな車は楽だ。

午後には安曇野出発。途中、松本の放光寺で毎年恒例になったご祈祷をしてもらう。厄年の厄除けをしてもらって以来、毎年来るようになった。願い事を3つまでチョイス可能なのだが、オプションで4文字程度であれば好きな言葉を書ける。2つはデフォルトの家内安全等をチョイス。残り一つは毎年オリジナルの文言をお願いしている。一昨年は「転職成就」、昨年は「開発成功」であった。今年は「事業化成功」をお願いした。3年連続成就になるだろうか…。

高速に乗り、途中諏訪湖SAに寄る。目当ては「磯揚げまる天」。ここの海の幸を使った磯揚げは絶品である。今日は3つも食べてしまった。長野~都心では、この諏訪湖SAの上り線にしか店舗がない。いつもは深夜早朝で閉店。冷蔵品しか買えなかったが、久しぶりに揚げた物を食べられた。

中央高速は空いていた。定番の上野原から小仏トンネルまでは若干渋滞していたが、ストレスを感じるほどではなく、それなりに流れていた。渋滞する時間帯でこの程度だったので、今日移動して正解なのだろう。

帰りは回転寿し「がってん寿司」の昭島店で夕食。元旦ということもあり、ここも空いていた。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム