スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由が丘スイーツフォレスト ル・スフレ

まだ八王子に住んでいた頃に自由が丘のスイーツフォレストに行ったことがあったが、混んでいたのでル・スフレのスフレを食べることができなかった。

今回はスフレを目指して行ってみた。スフレを食べるのは始めて。オーダーから20~30分程かけて焼き上げ、30秒程でしぼんでしまうため、持ち帰り等はできない。その場で、その瞬間を味わうスイーツなのである。

食べたのはバニラとキャラメル。東京に来てから美味しいスイーツを色々と食べて来たが、文句無しナンバーワンかもしれない。こんなに美味いスイーツがこの世にあったとは。フワフワの舌触りと濃厚な風味。感動的な味であった。バニラは1050円、一回り大きいキャラメルは1680円だが、全然高いとは思わない味であった。この味なら納得。







スポンサーサイト

14 juillet Tokyo / キャトーズ・ジュイエ Tokyo

東京丸の内、新丸の内ビルB1にあるキャトーズ・ジュイエTokyoのケーキ。東京の美味しいケーキ屋の上位にランクインする味だが、板橋のマテリエルとかに比べると味が若干シンプルな感じ。価格は場所柄高めかな。

美味しいケーキ屋を調査しピンポイントで買いに行ってる。全体的に言えるのは、東京のケーキは味も見た目も味も非常に洗練されていると思う。当たり前と言えば当たり前なのだが…。













美ヶ原への道でオーバーヒート

今時珍しいオーバーヒートを経験した。今まで乗った国産車でオーバーヒートなんて経験したことがなかった。流石11年落ちの外車は何でもアリだ。しかも、かなり気を使って点検していたのに。

今日は特に予定も無いのでビーナスラインでも走りに行こうと思い、美ヶ原方面へ車を走らせた。傾斜のきつい上り坂。前には遅い車がいた。何かアクセル開度に応じた回転数に上がらないと思ってメーターに目をやると、水温計がもうすぐレッドゾーン。ヤバイ、と思って車を停車させたが、水温計はレッドゾーンを振り切り、オーバーヒートの警告灯が点灯。と、同時にエンジンルームから白煙がモクモク。クーラントが吹き出て、流血のように地面が緑に染まった。ボンネットを開け、しばらく自然冷却。クーラントのリザーバータンクはゴボゴボ沸騰状態。人気が無い山道。携帯は圏外。素敵過ぎる。クーラントは常に予備を持っているので何とかなるだろうとしばし休憩。

30分程過ぎたら、クーラントの沸騰も収まり、水温計は若干高め程度に下がった。エンジンも始動できたので、すぐにUターン。帰り着くだろうかと思いながら車を走らせる。しかし、3分も走らないうちに水温計は上昇。また停車して冷却。これを繰り返しながら、ぶどうの郷山辺ワイナリーまで辿り着いた。ボンネットを開けたまま冷却。その間、巨峰ソフトやケーキを食べて休憩。

休憩後、車に戻るとクーラント沸騰は収まっていた。恐る恐る、吹き出さないのを確認しながらリザーバータンクのキャップを外すと、見事に空っぽ。トランクに積んであったクーラントの予備を補給。1リットルくらい入れたが、まだMINを下回るくらい。取り合えずこれで帰れるだろう。オーバーヒートってことは、オイルが少ないのかもしれないと思いチェック。オイルは夏休みにチェックして、MAXに対して3/4程度はあったのを先月確認していたが、もう一度確認してみると驚くことにMINを切っていた。もしかするとオイルが少なく、急勾配で走り続けていたため、オイルがオイルポンプで循環されず、エンジン冷却がうまくできてなかったのかもしれない。

取り合えず走ってみると、水温計は上がらないが、クーラント不足の警告灯は点いたまま。何とか車を走らせ、頑張ってカインズホームまで辿り着いた。速攻でクーラントを購入。リザーバータンクのキャップを開けようとしたが、まだ開けられる状態でないので諦めて自宅へ。

何とか無事に自宅に到着し、先ずはもう一度オイルチェック。確かにMINを切っている。先月は大丈夫だったのに、本当に不思議だ。エンジンの周りや下部を点検しても、オイルが漏れているようには思えない。幸いにも、以前オイル交換をした時に余った1リットル缶のオイルが2本あった。補充してみると、何と2リットル全部入れてやっとMAX。こんなに減っていたとは。真夏に長岡へ行ったり長距離走行したからだろうか。今後オイルの量は要注意だ。

オイルの補充をしている間に、クーラントもリザーバータンクのキャップが開けられるようになった。1.5リットルくらい入った。2.5リットルくらい吹き出したことになる。

エンジンをかけたところ、警告灯は消灯。何とか復活したようだ。
次は何が起こるのだろうか…。

食事会

今日のランチは以前習っていた英会話の先生(オランダ人)と同じ教室の友人で食事会。すっかり定期開催が定着してきた。近況報告したり雑談したり。でも完全に英語力が落ちている。元々英語力が高かった訳でないのに、もう2年以上のブランク。いかんなー。2年前なら絶対に知っていた言い回しや単語が出ない。仕事でもテレカンや英語で話す機会はあるが、周りに話せる人が多いのでついつい頼ってしまう。今日のように、自分が絶対に話さなければならない状況に置かれると、モチベーションが上がる。先ずは毎日、Podcastか何かで独学で始めてみようか。

4年ぶりに除雪機起動

2000年に安曇野に家を建てて以降、毎年30~50cmくらいは雪が降っていた。除雪をしないと車が出せなかったので、2001年に除雪機を購入。毎年3~4回くらいは稼働していた。しかし、2006年を最後に、除雪機が稼働する程雪が降らなくなった。

毎年シーズンオフに入る前、オイル交換を行い、ガソリンを抜き、オイルスプレーで防錆処理を行い、バッテリーのマイナス側のケーブルを外し、スターターを引いてピストンを上死点で止めて保管していた。この状態で約4年、一度もエンジンをかけてなかった。

機械は時々動かさないと動かなくなる。4年もエンジンをかけないのは良い事ではなく、ずっと気になっていたので今日は久々にエンジンを回してみた。果たしてエンジンはかかるだろうか。1年以上前の古いガソリンが携行タンクに少し残っていたので入れてみた。バッテリーは完全放電。というか、バッテリー液が全然無かった。仕方がないので、バッテリーチャージャーをつなぎ、スターターモードでセルを回した。するとセル一発で始動。快調にエンジンは動作した。メンテしてればちゃんと動くものだ。15分程回し、またガソリンを抜き、ピストンを上死点で止め、カバーをかけて保管。

今年も雪は降らないのだろうか…。


光からADSLへ

今週末は安曇野滞在。昨夜安曇野入り。連休ということもあるが、主な目的は電話工事の立会。

安曇野の自宅のネット環境をBフレッツからADSLの1Mコースに変更した。理由は以前書いた通り、稼働率が著しく低く、費用対効果が低いため。光からADSLへの変更は土日祝日の工事はやってないらしく平日のみ。そのため、本日休暇を取って工事をしてもらった。通信速度計測サイトを用いて計測したところ、速度は60Mbpsから0.6Mbpsへ。速度は100分の1になったが、WEBやメールを見る限りではそれほど低下したようには思えない。もっと早く切り替えても良かったかもしれない。

日本科学未来館

前から気になっていたお台場にある日本科学未来館へ行ってみた。結論から言えば、理系の私には非常におもしろい博物館であった。大人でも充分に楽しめるコンテンツが良い。妻も理系だが、非常に楽しかったらしい。

お昼過ぎに出掛けたこともあり、駐車場は20分待ちくらい。入館すると、日曜ということもあり子供連れが殆ど。シアター系は既に全ての予約が終了していた。

新しめの博物館ということもあり、展示物のテーマも新しいし、見せ方にも非常に工夫がしてあった。次回来た時には年間パスポートを購入する予定である。

今日は常設展だけ見てみた。入ってすぐにホンダのASIMOによるデモの時間。ムービーを撮っていて写真は撮り損ねた。実はASIMOの実物を見るのは2度目。滑らかな歩行である。

展示物は興味が持てるものが多かった。個人的に好きだったものをいくつか。

インターネット物理モデル。文字を選択するとその文字コードが現れ、その8bitコードを黒のボールと白のボールで表し、送りたい場所を指定するとそのボールが物理的に転がりながら送られていくデモ。写真のタワー1つがルーターを意味しており、いくつかのルーターを経由して相手の場所に届く。ボールの動きが見ていて楽しい。



飛んで来たボールを判定してそのボールを掴むロボットハンドのデモ。ネットで動画は見た事はあったが、動くものは初めて見た。アクチュエーターの動きが滅茶苦茶速い。



指の関節のギアにはハーモニックドライブが使われているそうだ。以前、ネットでアニメーションを用いた動作原理を見た時は良く考えたなと驚いた。展示物では実物を自分で回して動きを確認できる。結構感動的。なるほどねぇ。



実演デモで、超伝導のデモを見る事ができた。ライブでマイスナー効果を見るのは初めて。マジックを見ているようだった。今は-196℃の液体窒素が無ければ無理だが、これが常温で出来たら確かに凄い。



霧箱。常時、宇宙から飛来する宇宙線をリアルタイムに観察できる。上野の科学博物館にもあった。宇宙線の種類によって線の形状が変わる。見ていて飽きない。



日本科学未来館のシンボル展示であるGeo-Cosmos。256個のLEDを配置したパネルが3,715枚使われたディスプレイ。気象衛星がとらえた今日の地球上の雲の画像や、地球温暖化シミュレーション等が表示される。



近いうちに是非また来たい。

自転車通勤用背負い&サドルバッグ購入

自転車通勤を始めてみたが、一つだけ問題が生じた。荷物である。私はランチが弁当なので、出勤時はそれなりに荷物がかさばる。持っていたデイパックを使ってみたが、荷物を背負うと非常に漕ぎにくい。おまけに重心が高くなるのでフラ付く。酷いのが背中の汗。涼しくなってきたとは言え、デイパックが密着する背中は到着後に着替えが必要なほど汗ばむ。

何か良いバッグは無いかと探してみたところ、見つかった。RIXEN&KAUL(リクセンカウル)のサドルバッグ(マッチパックファッションKM840)である。巾着タイプで容量も大きい。自転車に乗る時はワンタッチで自転車に固定。背負うこともできる。写真ではショルダーストラップはそのままにして撮影したが、走行中は引っ掛からないように束ねておいた方が良い。

装着も特に問題無し。エクステンダーCK810でシートポストに簡単に装着できた。しかし、私のDAHON SPEED Pro TTの場合、シートポスト径が34mmなので、オプションのスチールバンドCO836を別途購入して装着した。折り畳み式の小径車の場合、装着後のバッグとタイヤとのクリアランスも充分なので干渉の心配も特に無かった。



theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

朝のウォーキング

妻は自転車に乗らない人なので、一緒にスポーツをするとなると、妻の好きなウォーキングになる。今日は5時半起床で近所を約10Kmウォーキング。17年前、第一次東京在住時に自転車で通っていた道などを二人で懐かしがりながら歩いた。道路の形状や大木、神社はそのままだったが、町並みはすっかり変わってしまった。

ウォーキングとは言ってもそれなりのハイペースで歩くので、結構汗だくにはなる。今日は最近導入した自転車用の保冷ボトルにVAAMと氷を入れて歩きながら水分補給。なかなか快適である。運動量としては自転車ほどではないが、妻が喜んでいるので良しとしよう。

土日は早起きしてスポーツすることが定着してきた。東京は昼間が暑いのでこのパターンを始めたが、1日が有効に使えて週末が充実することに今更ながら再認識。今後も習慣化しよう。

自転車:お台場方面

起床5時。今日のコースは井の頭通り~原宿~表参道~乃木坂~赤坂~新橋~築地~勝どき~お台場。今日は気になっていたお台場海浜公園や潮風公園をチェック。意外に広いことに改めて知った。海では早朝にも関わらず、魚釣りをしている人も多い。水面を見つめていると、時々魚が飛び跳ねている。海を覗き込むと、確かに10センチ前後の魚がいるのを確認できた。

お台場は眺めが良いので、自転車に乗るとついこちらの方向へ向かってしまう。走っていて確かに気持ちがいい。これで排気ガスさえ無ければ快適なんだけどなぁ…。

本日の走行距離48Km。

電話・通信見直し、b-mobile talkingSIM導入実験

結論から書くと、安曇野の自宅に設置していたBフレッツ+光電話はアナログ回線+ADSL(1Mエントリータイプ)に変更することにした。暫定で導入したb-mobileのtalkingSIMは1週間使って解約。

安曇野の自宅はBフレッツを導入していた。NTTに直訴メールを送り、交渉したところ安曇野の自宅周辺をエリア内にしてくれることになり、このエリアのBフレッツ開通日初日の朝一に工事をしてもらって2年以上が経過した。田舎の山奥でブロードバンド導入という悲願が達成され、非常に嬉しく快適に使用していた。

しかし、導入して半年足らずで東京に引っ越すことになってしまい、今では月に平均2~3日使用するために毎月6500~7000円を払っている。「ここの光は自分が誘致した(と思っている)」という愛着もあり、なかなか見直せなかったが、流石に稼働率を考えると費用対効果を考えざるを得ない。しかし、それには色々と問題が出てくる。

通信速度が遅くても良いので通信ができること、それと緊急連絡用に電話がかけられればBフレッツと光電話は廃止、という条件が満たせない。

まず、携帯はiPhoneを使いたいのでソフトバンクを使っている。夫婦共にソフトバンクだ。ソフトバンクは田舎に弱い。安曇野の山側では入らない。普段は圏外で、一瞬だけ圏内になる時がある程度。緊急連絡も通信もダメ。auは以前使っていたが、完璧にエリア内。ソフトバンク移行前までは使っていたが、auはスマートフォンや通信系が話にならないので対象外。

残るはdocomoだが、自分の要求を満たすサービスが無い。しかし、最近docomoの回線を使った日本通信が300Kbpsと固定だがテザリングOKを謳ったb-mobile talkingSIMサービスを開始した。私のサブ携帯と妻の携帯がNokia E71。JoikuSpotを使えばWiFiでテザリングができる。通信は桁違いで遅いかもしれないが、Webのニュースやメールくらいは読めるだろう。電話もできる。そうれなれば、Bフレッツ+光電話を全面廃止できる上、外出先でもMacと接続できるという付加価値も生まれる。そう考えて今週末実験してみた。

結果はdocomoの回線品質が上がればOKだが、現状ではダメ。ソフトバンクほど酷くないが、やはり山奥では電波が入らなかった。つながる時はつながる。WiFiでテザリングは快適。しかし、時間によって電波が弱くなり、つながらなくなる。普段はアンテナ5本中、2本くらい。数分~十数分経過すると、圏外になってしまうのだ。これじゃダメ。b-mobileは速攻解約することにした。

さて、残るは時代を逆行する道だけだった。光をアナログ回線に戻し、ADSLの1Mタイプにすることにより、毎月約2500円削減できる。収容局から5Kmも離れているので、いずれにせよ500~700Kbps程度だろう。電話もできるし、メールもWebも読める。利用するのは月に数日だから、これでも高いと思うが最良の結論ということになった。

そのうちdocomoの回線品質が改善し、電波が入るようになったらb-micro talkingSIM + 個人輸入のSIM free iPhoneに乗り換え、安曇野のネット+固定電話は廃止するのが最良になると思う。iPhoneでテザリングも堂々とできる。

早くdocomoの電波状況が改善されることを願う。

安曇野は涼しい

今週末は安曇野の自宅へ帰宅。こちらはやはり涼しい。夜、窓を開けて寝たら明け方は寒かった。東京じゃエアコン無しでは眠れないのに。

今日は妻の通院と買い物。三郷サラダ市へ行ってみたら、早速リンゴが出ていた。サンつがるを2袋ほど購入。試食してみたら甘くて美味しかった。



この花オクラとは何ぞや? 思わず買ってみた。みょうがも安い。



午後は家の片付けや、まだ気が早いが車のバイアスロン(チェーン)の取付テストをしてみた。スタッドレスタイヤを購入しようと思って中古のBBSのホイールまで買って準備していたのだが、良く考えてみると最近は雪が降らない。東京に引っ越す前の数年は除雪機も出番無し。毎年冬場は1~2ヶ月間スケートリンク化する近所の道路も結局昨年は凍結しなかった。それなら約10万円払ってスタッドレスを購入するより、バイアスロンで乗り切れるかと考えた。幸いにも、車を入手する時にバイアスロンは一緒にもらった。インチアップをしたためタイヤとホイールは変更してしまったが、サイズは変更しないようにしたため、あっさり装着できた。軽く走ってもフェンダー等に干渉も無し。取り合えず今年の冬はこれで乗り切り、雪や凍結度合い、冬場の帰宅頻度を考えてスタッドレスは導入しよう。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。