東久留米市往復

今日の自転車トレーニングは東久留米市までを往復。往きは青梅街道、帰りは井の頭通り。途中、何度か凄い渋滞があったが、渋滞の先頭まで行ってみるとガソリンスタンド待ち。1車線しか無い道は事情もわからぬまま強制的に待たされる。しばらく車で出掛けるのは控えよう。



走行距離約37Km。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

Pandaboardで920MBのRAMを認識させる

オフィシャルな情報では、Kernelのバグが原因でPandaboardはせっかく1GBのDRAMが搭載されているにも関わらず、460MB+256MBという構成が認識できる最大容量となっている。

しかし、今日読んだTech Blogによると、460MB+460MBという構成でも正常に動作しているという。以前、試しに460MB+512MBで試した所、Kernelはbootしたが、起動後すぐにハングアップした。

さて、460MB+460MBという構成ではどうだろうか。早速やってみた。結論から言えば、正常に動いているように思える。Tech Blogの記事同様、私も真剣に検証した訳ではないので何とも言えないが、FireFoxでWebを見ている限りでは問題無かった。

以下はUbuntuで free -m をした結果である。

460MB+256MB構成
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem: 665 367 298 0 72 121
-/+ buffers/cache: 172 492
Swap: 511 0 511

460MB+460MB構成
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem: 867 364 503 0 72 120
-/+ buffers/cache: 170 696
Swap: 511 0 511

確かにtotalメモリが200MBちょっと増えた。

theme : Linux
genre : コンピュータ

夢の島公園

今日の自転車トレーニングは夢の島公園を往復。



途中内堀通りを通ると、内堀通りの一部が何と自転車天国?状態。時間的に始まったばかりのようで、まだ自転車はまばら。こんな良い道路を殆ど貸し切り状態だったので、嬉しくて無意味に往復してしまった。







何のイベントだったのだろう。

走行距離46Km。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

ATTEN ADS1062C デジタルオシロ到着

注文していたATTENのデジタルストレージオシロスコープが到着した。購入したATTENのADS1000C&CAシリーズは、周波数帯域毎にADS1152の150MHz、ADS1102の100MHz、ADS1062の60MHz、ADS1022の25MHzがラインナップされている。

さて、早速感想というかインプレなどを。今回購入したのは60MHzのADS1062C。偏見かもしれないが、完全中国メーカーということもあって、問題があっても諦めがつくようにコストパフォーマンス優先で60MHzのモデルをチョイスした。本体のみであれば、ebayで約$240なので日本円で約2万円。こんなに安くて大丈夫なのか?という値段だったが、結論から言えば、どうしてこれが2万円なのか?という良い出来であった。詳細は後述。

商品では無いが、中国の物流には不満があった。今回は4px(http://en.4px.cc)という中国の配送会社経由で送られて来た。送料は約$62。USなら数日で到着する送料だ。一応トラッキングはできる。結局今回は発送から到着まで12日を要した。ちょっと遅くないか?一度不安になり、トラッキングのステータスが変わらないがどうなっているのか?とメールしたら、下記のような返事が来た(原文そのまま)。

do not worry ,the item
because the item will leave to shenzhen after the shenzhen customs release it ,
hope you can understand this .
please wait patiently .thanks and have a nice day .

ということらしいので気長に待った。発注から到着までの結果は下記。21日から26日と、26日から3日までどこかで止められており、その後シンガポールに到着してからはEMSでトラッキングも出来るようになり、数日で手元に来た。5日に成田に着いてその日に配達ってのは流石。この物流の速度はまだ中国には無いようだ。不在にしてしまって受け取ったのは今日になってしまったが。

今まで何度か個人輸入をしたが全てUS発送品。到着までの日数は早い物で発注から到着まで2~3日。この感覚でいたので、約5000円の送料で荷物到着まで約2週間という辺りは、まだ物流のクオリティが低いという感じがした。





到着した物は下記。梱包状態は輸入品としては普通。マニュアルは中国語のみ。サイトを探しても英文は無し。使い方はテクトロ製と殆ど同じなのでマニュアル無しでも問題無し。というかどうせ見ないし。HELP機能だけで何とかなる。プローブも x1&x10 の普通のパッシブプローブが2本付属している。本当ならUSBケーブルも付属しているはずだったのだが、入ってなかった。まぁ手持ちがたくさんあるので良いだろう。



見た目も機能もテクトロニクスのTDS2000Cシリーズと似ている。テクトロだと2chの70MHzで定価147000円。7台買って釣りが来る。

作りもしっかりしており、安っぽさや貧弱さは無い。モノとしてのクオリティは高い。



画面はTFT LCD。視認性は良い。操作感も私が好きなテクトロ製と殆ど変わらない。波形の表示や操作レスポンスもサクサク動作。もっさり感も無く快適。表示は各種言語に対応しており、気を効かしてか既に日本語になっていた。しかし、HELPを含め何カ所か日本語が怪しいので結局英語にして使っている。



機能に関しては何の遜色も無い。普通の使い易いデジタルオシロである。トリガーモードもカーソルも全て普通。ダイヤルはプッシュスイッチにもなっており、押すとポジション等がゼロリセットされたりして便利。

画面のハードコピーもUSBメモリにビットマップとして保存したり、プリンタに直接印字したりも当然できる。下記は画面のハードコピーをそのまま貼ったもの。これで2万円?どうして?



日本語がちょっと怪しい。スクセイ?意味が分からないので英語モードにして理解した。スクリーンセイバーの略のようだ。日本人には出ない発想だ。



ノールマ?これはノーマルのミス。こんな感じの怪しい日本語がHELPを含めて展開される。英語モードがお勧め。



何か波形を見てみようとPandaboardを眺めていると、それらしきオシレーターを発見。回路図を読むと38.4MHzが出力されているようだ。この信号はダンピング抵抗を通った後は OMAP4 の FREF_SLICER_IN に接続されている。早速計測。あれ、なんで正弦波?OMAP4のTRMを読むと、矩形波でも正弦波でも良いらしい。へぇー。



軽く使ってみた感じでは、機能も、使い勝手も、レスポンスもテクトロ製と何ら遜色無し、使い勝手に至っては勝っている部分も見受けられると思った。多少機能が劣っていたとしても、2万円なら間違いなく「買い」だろう。

「お買い得品」であることには間違いないが、それより「中国の脅威」を感じた一品であった。

theme : コンピュータ
genre : コンピュータ

安曇野日帰り

今日は安曇野日帰り。妻の通院後、松本のメーヤウでカレーを食べ、途中銀行と買い物のため何件かスーパー等へ寄り道。安曇野の自宅へ到着後、自宅保管の荷物を下ろし、ピックアップする荷物を積んで、そのまま出発。滞在時間は30分もいなかったような。最短記録かもしれない。

今回は行きも帰りも事故渋滞に巻き込まれた。行きはまだ20分程度ノロノロしたくらいで済んだが、帰りは首都高で動いている様子が無かったので、八王子で降りて一般道で帰って来た。2時間近くかかってしまったが、まだ首都高は大渋滞のようだったので、一応意味があったことにしよう。

プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム