スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休暇3日目:車のメンテ、ムーンライダーズ最後のライブ、安曇野移動

午前中は車のメンテ。本革はきちんとメンテするといつまでも良い状態が続くので、年に数回はクリームを塗っている。革のジャケットもそうだが、本革のしっとりとした色・ツヤが好きなのでヒビが入ったりしないよう、気を使う必要がある。

午後はムーンライダーズの最後のライブ。高円寺なので電車で行くと遠回りだし、歩くにはちょっと遠いが歩く事にした。30分程で会場到着。ライブは別記事の通り。

ライブが終わって帰宅し、すぐに安曇野の自宅へ移動。大晦日に自宅に移動するのは今回が初めてかもしれない。大晦日の中央道はガラガラ。こんなに空いているのは初めて。SAやPA付近では大量のパトカーが赤色回転灯を点滅させて威嚇していた。初日の出暴走対策なのだろう。

夜10時過ぎに自宅到着。室温は別記事の通り、暖かくて大満足。夫婦で大喜びも束の間、ここでハプニング発生。給湯設備が凍結してしまってお湯が出ないのである。

通常なら、12月の初旬頃になると給湯設備の凍結防止ヒーターの電源を入れるのだが、今回は引っ越しが忙しくて帰ることが出来ず、凍結防止ヒーターの電源を入れることが出来なかった。すぐにヒーターの電源を入れたが、変化無し。近所のホテル等への宿泊も考えたが、給湯設備のボイラーの温度を高めにセットし、蛇口を解放にしておいたら10分程度でお湯が出始めた。凍結による管の破裂も危惧したが、それも無し。危なかった。
スポンサーサイト

全館暖房のネットワーク化、大成功

夜10時頃、東京から安曇野の自宅へ到着。室温は24℃。まるで且つて住んでいた時のような暖かさであった。妻からは大絶賛。頑張って作った甲斐があった。

ハードやソフトの開発スキルが家庭での実生活に非常に役立った希有なケースであった。

本革シートメンテ、油脂類チェック

■本革シートのメンテ
運転席、助手席、パーキングブレーキブーツ、シフトレバーブーツ、ステアリングホイールに本革用のクリームを塗布。

■コックピットの清掃
フロアマットを外し、掃除機によるクリーニング。

■油脂類チェック
オイル、クーラント、ブレーキオイル、ウォッシャー液、いずれも異常無し。

ムーンライダーズFC限定Gig @高円寺HIGH

今日で活動休止をしてしまうムーンライダーズ の最後のライブが、大晦日の今日行われた。場所は高円寺HIGH。ファンクラブ限定のライブである。結論から言えば、ファンクラブに入っていて本当に良かったと思わせる最高のライブであった。今まで何度もムーンライダーズのライブへ行ったが、このライブが私に最良のライブとなった。



スタンディングライブなので、送られて来たハガキの整理番号順に呼ばれて入場できる。3桁の前半だったので負け組と思いきや、今日の観客は280人くらいとのこと。私が入場した時はまだ隙間があって前の方へ行く事ができた。慶一氏のマイクと思われる場所付近へ移動。思惑通り、3メートルくらいの至近距離から拝見することが出来た。一昨年、慶一氏の Captain HATE and The Seasick Sailors を見に行った時もそうだったが、こじんまりとしたライブ会場はこの距離感や一体となった空気感が良い。

前半は余興的なもの。メンバーのクイズ&プレゼント大会とレアなビデオの上映会、後半がライブと言った編成である。前半では司会の方もいたが、メンバーが入場するや否や、慶一氏の前説ならぬ観客の誘導。人数が多く、まだ会場に入れない人がいたため、すかさず「皆さん、10センチ前へ移動しましょう」と観客を前方へ。後ろにスペースを作り、観客全員が無事会場へ入って拍手。

その後はメンバーのクイズ大会。プレゼントは色々。武川氏は手書きのクジラの絵だったり、岡田氏は手製のフィギュアだったり。問題が出されると挙手し、指されたら回答するシンプルなスタイル。良明氏の好きな寿司ネタの蒸しアワビはなかなか答えが出なかった。

次がレアなビデオ上映会。YouTubeでは見た事が無い正に貴重な映像であった。カメラ=万年筆がリリースされた頃に関西のテレビ出演。メンバーの皆さん若いなぁ。花咲く乙女よ穴を掘れのレコーディング映像。プライベート映像では慶一氏のキャッチボールの姿など。

ライブは鳥肌モノ。今回のセットリストは私の好みに完全一致。悲しい知らせでスタートで始まり、Beep Beep Be オーライ、今すぐ君をぶっとばせ、ですよ。今すぐ君をぶっとばせは隠れた名曲。とても好きな曲の一つ。その他にもライブで初めて聞いた曲が多かったような気がする。FROZEN GIRL, A BOY IN LOVEも良かった。DON’T TRUST OVER THIRTY, ANIMAL INDEX, AMATEUR ACADEMY の3枚はムーンライダーズのアルバムの中でも名曲揃いのベストアルバムではなかろうか。このアルバムの中の曲が比較的に多かったのが私には嬉しい。

途中ゲストとしてケラが登場。9月の海はクラゲの海、だるい人の2曲を歌う。後半は、いつもライブでドラムをサポートしている夏秋氏もタンバリン片手に参加。

アンコールはくれない埠頭。演奏が始まり、慶一氏がスタンドマイクをこちらへ180°回転。「歌って」の声で会場内で合唱。そして最後にスカーレットの誓いで盛り上がり、ライブ終了。メンバーが舞台の袖に引いた後も拍手が鳴り止まず。しばらく拍手が続くと、メンバー再登場。メンバー全員がステージに揃って一礼。慶一氏が「もう何も出ません」と手を振り、ムーンライダーズの本当におしまいのライブは終わったのであった。

セットリスト

M-1 悲しい知らせ
M-2 Beep Beep Be オーライ
M-3 今すぐ君をぶっとばせ
M-4 ニットキャップマン
M-5 FROZEN GIRL, A BOY IN LOVE
M-6 僕はスーパーフライ
M-7 さよならは夜明けの夢に
M-8 Che なんだかなあ
M-9 9月の海はクラゲの海
M-10 だるい人
M-11 駅は今 朝の中
M-12 トンピクレンっ子
M-13 BEATITUDE
アンコール
E-01 くれない埠頭
E-02 スカーレットの誓い

全館暖房のネットワーク化、真価を発揮

この夏、安曇野の自宅に設置してある全館暖房(セントラルヒーティング)のコントローラーを解析して無理矢理ネットワーク(メール)で制御できるシステムを自分で開発したが、やっと真価を発揮する時が来た。

今年は所用があるので大晦日の今日まで東京。本日の夜、安曇野に帰る。

昨日の夕方、買い物先からiPhoneで状況確認コマンドをメール送信。数十秒後に、制御システムから全館暖房のボイラー状態や室温がメールで返答。室温は3.59℃。まるで冷蔵庫。

 電源:OFF
 ボイラー:停止中
 設定温度/時:16 循環水温度/分:01
 連続運転時間制限:ON
 室温:3.59℃

コントローラーの表示パネルにあるLED表示を取得する回路構成なので、ボイラー停止中は設定温度/時、循環水温度/分は今の時間を意味する。ボイラー稼働中は設定した循環水温度と今の循環水温度。

ボイラーの電源を入れてから室温が20℃程度になるまで約1日掛かる。そろそろボイラーを稼動すべく、昨日の夕方、iPhoneからメールでボイラーの循環水温度を60℃に設定し、全館暖房の電源ONコマンドを送信。

そして今朝、状況確認コマンドを送信してみた。

 電源:ON
 ボイラー:燃焼中
 設定温度/時:60 循環水温度/分:55
 連続運転時間制限:ON
 室温:17.00℃

室温は17℃まで上昇。今日の夜に安曇野の自宅に帰る予定だが、その頃には20℃を超えているだろう。昨年までは冷蔵庫の様な自宅に到着すると、室内でもコートが脱げず、部屋が暖まるまでの約1日を震えながら過ごさなければならなかった。

ネットワークは本当に偉大だ。

MacBook Pro 17inch/Core i7/8GB/750GB/US Keyboard 購入

これもすっかり書くのを忘れていた。3年前のMacBook Pro 15inch/Core2 Duo/4GB/250GB→500GB/US KeyboardをMacBook Pro 17inch/Core i7/8GB/750GB/US Keyboardに新調した。

iPhotoやiTunesをバージョンアップする毎に何となく重さを感じていた。OS X Lionにした後は、VMWareを起動するとレインボーカーソルを見る時間が長くなった。今回引っ越しを機に、先週Macを買い替えた。

今まで外付けディスプレイ+キーボードを使っていたが、机の上をリストラすることにしたので撤去。その代わり17インチを選択した。レゾリューションは低くなるので使い勝手が落ちるかと思いきや、これで充分であることが判明。24インチの大型LCDが無くなったので、机の上はすっきりした。HHKBは使いたいんだけど、まさかMacのキーボードの上に置く訳にもいかないし…

CPUも速くなり、メモリも増設したので動作はサクサク。レインボーカーソルを見る機会は激減。やはり最新機種は気持ちいい。

旧Macからの移行も移行アシスタントのおかげで簡単。移行の度に、Macの出来の良さを再認識する。DVDドライブが不調だった妻のMacBook Pro 13インチは引退させ、私の旧15インチを初期化して妻が使う事に。画面が広くなったと喜んでいた。妻の希望でOSはSnow Leopardを使用。ブラウザ、メーラー、OpenOfficeしか使わないので最新OSである必要は無い。最新OSを使わなければ、最新の機種でなくても充分なのである。

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500をBMW Z4(E85)にDIYで取付

取付作業はリンク参照

http://leadaworthwhilelife.blog94.fc2.com/blog-entry-660.html

休暇2日目:自転車トレーニング~COSTCO幕張店

引越で暫く乗れてなかったが、久々に自転車トレーニング。引越疲れと、昨日のDIY疲れがあるので、小金井付近まで軽めに35Km程走った。そういえば、最近走ってもblogに走行記録書いてないな。

午後からはCOSTCOの幕張店へ。多摩境店は例の事故でまだ閉店したままだし、川崎店は多摩境店の客が押し寄せて混雑が酷い。今日は幕張店まで行ってみたが、何とこのCOSTCOは2階建て。世界中のCOSTCOで2階建てはここだけらしい。1階が食料で2階が食料以外。あの大きなカートを押して移動するため、非常に不便。また、駐車場が5階くらいまであるので、あの遅いエスカレーターで昇降するのは厳しい。イートインも酷かった。フロア面積は1階と2階、合わせると他店舗より大きいくらいなのに、イートインの座席数は非常に少ない。みんなホットドックやピザを持ってウロウロ。規模に対応した座席数は用意して欲しい。

夜は空になった段ボール箱の整理など。

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500をBMW Z4(E85)にDIYで取付

先日eBayで個人輸入したDICE MEDIABRIDGE MBR-1500-BMWであるが、早速BMW Z4 Roadster 3.0si (E85/2007)にDIYで取り付けた。

結論から書けば、MEDIABRIDGEは無事に取り付け成功。貧弱な純正6連CDチェンジャーの純正カーオーディオ環境が一気に快適になった。制限の無いプレイリスト数やアーティスト、アルバムでの選曲も出来るし、日本語はムリだが演奏中の曲名やアーティスト名も純正オーディオのヘッドユニットに表示される。素晴らしい。操作系の話は、後日、別途記事にする予定。

一方、一緒に取り付けるはずだったバックカメラのインストールはペンディング。カーナビからのRCAコネクタの取り出しは成功したのだが、見栄え良く取り付けるにはリアバンパーを外す必要があることが判明。作業が大規模になるため、一度仕切り直すことにした。

ということで、BMW Z4にMEDIABRIDGEを取り付ける手順は以下の通りである。

※ご注意
下記はあくまでも作業例であり、動作を保証するものではありません。また、DIYによる作業はリスクを伴います。破損や怪我、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。あくまでも自己責任でお願いします。


下記の作業を作業前に行っておくと良い。

・ソフトトップは完全にオープンにせず、3~4割程手前で止めておくと作業し易い。
・CDチェンジャーは使えなくなるので、カートリッジやディスクが入っている場合は抜いておく。

作業開始。先ずは車いじりの基本。イグニッションをオフにし、バッテリーのグランド側を外す。



MEDIABRIDGEの付属ケーブルには、純正オーディオのヘッドユニットからCDチェンジャーに接続されている3pinと6pinの2個のコネクタを接続する。CDチェンジャーはリアストレージボックスに格納されているため、このコネクタにアクセスするにはリアストレージボックスを分解する必要がある。

さて、いきなり難易度が高い部分。今回の分解で一番難しかったストレージボックスリッド(ストレージボックスの蓋)を外す工程である。ネジ2個を外す。これは簡単。



これが難しかった工程。先ずは蓋を垂直に立てた状態で、直径1.9mm、長さ60mmくらいの針金を運転席側にある穴に差し込む。今回は六角レンチで代用した。

その後、針金を差し込んだまま車の前方に蓋を倒し、45°程度傾けた状態から力を入れて外す。最初壊れそうで外せなかったが、かなり力を入れたら外れた。写真は外れた状態。外しても、針金は抜いてはいけない。このままの状態で置いておく。



リアストレージボックスの運転席側、助手席側の両側にあるプレートを外し、ネジも外す。



蓋の下側にあるカバーを外す。



蓋の開閉を検知するマイクロスイッチのコネクタを外す。また、その近くにあるトルクスネジを2本外す。



リアストレージボックスの上部カバーは下側にクリップネジがあるので外す。その後、上部カバーはクリップ式。上方向に力を入れて持ち上げるとクリップが外れる。



ロック機構のコネクタを外す。



トルクスネジ2本を外す。これでストレージボックス全体が外せる。ストレージボックスもクリップ式。上方向に力を入れて持ち上げると外れる。クリップの爪を折らないように注意。



リアストレージボックスが外れると、ようやくカーナビやCDチェンジャーに近付いてくる。



ストレージボックスは上下4本のネジで固定されている。上2本を外す。それから照明のコネクタも外す。



下2本のネジはゴムカバーがあるので、ゴムカバーを外してからネジ2本を外す。これでストレージボックスが外れ、カーナビやCDチェンジャーにアクセスできる。



CDチェンジャー装着車は、CDチェンジャーの裏側を触るとコネクタが2個装着されていることがわかる。これを引き抜く。引き抜いたコネクタがこの写真。特にロック機構が無いコネクタなので、力を入れて引っ張ればどちらのコネクタも外れる。

CDチェンジャー非装着車はこのコネクタが運転席側(右ハンドル車)に予め配線されてテープで止めてあるらしい。

この2個のコネクタをMEDIABRIDGEに添付されているコネクタに接続すればMEDIABRIDGEの接続は完了。接続は簡単だが、そこに至る道のりが長い。



ケーブル類を整理する。MEDIABRIDGEのケーブルは予めノイズ防止(走行中の異音防止)のための布テープが巻いてあるので、そのまま干渉しないスペースに束ねて押し込んだ。カーナビ系のコネクタは露出していて異音の元になりそうなだったので、シール付きスポンジを巻いてみた。



MEDIABRIDGEの置き場所は助手席の座席下に決定。MEDIABRIDGEのケーブルは写真のようにスピーカー付近のパネル下から出すようにルーティングした。

組立てる前に動作チェックをする。コネクタ類がショートしてないことを確認し、外したグランド側のコネクタを一度バッテリーに仮接続する。火花が飛ぶが、ビビらないこと。MEDIABRIDGEをつなぎ、取り合えず音が出れば成功。再びバッテリーを外して分解と逆の手順で組み上げる。



最後にバッテリーを接続してインストール完了。MEDIABRIDGE本体は助手席のシート下へ、iPod/iPhoneは助手席裏のネットに置く事にした。



ステアリングに装備してあるボタンを含む、純正オーディオの操作系でiPod/iPhoneがサクサク操作可能。アーティスト名もヘッドユニットに表示。貧弱なCDチェンジャーとは比べものにならない。素敵過ぎる。



theme : BMW
genre : 車・バイク

引越完了

すっかり書くのを忘れていたが、先週やっと引越が完了。まだまだ段ボール箱に囲まれた生活をしているが、ようやくリビングのテーブルでお茶が飲める状態になった。とは言っても、まだキッチンが展開中で殆どが外食であるが、何とか年内には家で御飯が食べられそうである。

新居は広くなったという事もあり快適。賃貸物件なのに居心地がいい。考えてみれば、今までの賃貸物件は殆どが最低限生活できる広さがあれば良い、という基準で選んでいた。それもあってか、休日になると何となく息苦しい感じがして外へ出掛けたくなっていた。多少なりとも、くつろげる空間が存在するか否かの違いは大きいと感じた。

休暇初日:車のDIY~南大沢で夕食

年末年始休暇初日。今年はムーンライダーズのファンクラブ限定ライブが大晦日にあるため、前半は東京で、後半は安曇野で過ごすことに。

今日は別記事の通り、Z4にeBayで個人輸入したMEDIABRIDGEをDIYで取り付け。10時頃から作業を開始して、午後2時くらいまで外作業。東京だから冬でも作業出来たが、安曇野じゃ無理だ。

引っ越してから乱れた食生活のため、野菜を食べたくなって自然食レストランはーべすとへ。ドライブを兼ねて地理感のある南大沢店まで行った。たっぷり野菜料理を堪能。

今回の休暇は何かと忙しい。

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500-BMW 到着

注文していたDICE MEDIABRIDGE MBR-1500-BMWが到着した。eBayで発注してから10日間。クリスマスシーズンだったので、もう少し時間が掛かるかと思っていたが、何とか冬休み前に届いた。店からはすぐに発送されたようだが、USPSの普通便だったせいか、US内で暫く荷物は留まり、日本に到着したのは発送から8日後。国内に来てからは通関を含めて2日間で到着となった。





物はこんな感じ。本体とCDチェンジャーに接続するケーブル、USBケーブル、マイクである。このMEDIABRIDGEはBluetoothも対応しており、ハンズフリー着信が可能。そのマイク。



今回のインストール作業では、バックカメラも装着する。カーナビはバックカメラ用のRCA端子が装備されているので、RCAタイプのカメラであるClarionのRC11Cを購入済み。

バックカメラもiPodアダプタであるDICE MEDIABRIDGEも揃った。今回の装備をインストールするに当たり、Z4の修理マニュアルから必要なページも印字完了。明日からは冬期休暇。インストールするに当たっての不明点もマニュアルで確認してクリアにした。一部不安なのは、バックカメラを車内に引き込む方法。ナンバープレート照明の横から穴を開けて車内に通す予定だが、うまくいくだろうか。

それにしても車のオプション品をDIYする時はどういう訳か冬が多い。春まで待てば良いのだろうが…。

高田みち子ライブ@新宿PIT INN

実は妻も高田みち子のファン。夏のライブが素晴らしかったことを妻に伝えると、今回は一緒に行きたいというので今回のライブは夫婦で行った。

ライブは前回と同じパターンでスタート。前半はWhat Is HIP?の演奏で始まり、ちょっと長めのブレーク。後半になって高田みち子嬢の登場。本当に素晴らしい歌、演奏を聴くと鳥肌が立つが、この人のライブでは毎回そうなる。今回はNight buzzが特に良かった。アップテンポの曲も良いが、しっとり聴かせてくれる曲が好き。

次のライブは2月にあるとのこと。また行かねば。お気に入りの曲である水泳クラブ、いつか歌ってくれないかなぁ。

引越進捗状況 その3

今週はロードバイク等、引越業者に運んでもらわない物を先行で新居に運んだりした。荷物の箱詰めも佳境に入った。引越日まで使用する物を除けばほぼ完了。新居用の組み立て式ラックも組み立てて新居に設置。

整理しながら荷造りをしているが、意外に捨てる物が無くて驚いている。とにかく部屋が狭かったので日頃から不要な物を買わない、置かない主義が功を奏していたようだ。無駄の無い生活をしていたということだろうか。

それにしても引越の準備は大変。もういい加減飽きて来た。早く落ち着いた日常に帰りたい…。

BMW Z4(E85)に非純正CDチェンジャー型iPodアダプタを接続

海外のサイトを探すと、Z4(E85)に接続可能な非純正CDチェンジャー型iPodアダプタが多数見つかる。外部に配線が露出せず、ステアリングに装備されている曲や音量のアップダウンボタンを含む、純正オーディオの操作系がそのまま使えるのが大きな魅力。また、当然iPodの充電も出来る。

非純正のCDチェンジャー型iPodアダプタには、接続形式や操作方法にはいくつかの種類があることが分かった。

接続形式

■ ヘッドユニットコネクタ接続型
座席前方のヘッドユニット(エアコン吹き出し口下部のオーディオ本体)のコネクタの間に割り込ませるタイプ。クワッドロックと呼ばれる大型のコネクタにCDチェンジャーへの信号が含まれており、それを奪うようなハーネスを噛ませる。大抵は既存のCDチェンジャーは使用不可となるが、iPodアダプタによってはスイッチによってバイパスできるものもあるようだ。コネクタへのアクセスは比較的容易だが、ヘッドユニットが形式や年式で異なるため、適合性のチェックを入念に行う必要がある。

■ CDチェンジャー用コネクタ接続型
CDチェンジャーに接続するコネクタを外し、取り付けるタイプ。リアのストレージコンパートメント(運転席と助手席との間、後方のCDチェンジャーが入っている部分)からアクセスするため、ヘッドユニット側に接続するタイプに比べるとコネクタへのアクセスは面倒。但し、CDチェンジャーは3ピンと6ピンのコネクタでほぼ統一されているようなので、このタイプのiPodアダプタであれば、適合に失敗するリスクは低いと思われる。

操作方法

■ DISC番号直接型
純正iPodアダプタがこのタイプである。CDチェンジャーのDISC番号(1~6)がそのままプレイリストに対応しているケースが多い。純正iPodアダプタの場合は、プレイリストが5つまでしか対応してないが、非純正品も同じ物が多い。一つのプレイリストにたくさんの曲を入れれば良いのだろうが、大抵の場合はアーティスト毎にプレイリストを作る場合が多いので、現実的では無い。これならCDにMP3を入れて普通にCDチェンジャーを使っても変わらないレベル。

■ DISC番号間接型
今回の調査でこのタイプがある事が新たに分かった。CDチェンジャーの操作体系をそのまま使い、多彩な操作方法を実現した賢い方法。DISC番号が、操作方法に対応している。例えば、DISC1は曲選択、DISC2がプレイリスト選択、DISC3がアーティスト選択と言った具合である。DISC2でプレイリストをUP/DOWNボタンで選択する(未確認だがテキストでプレイリスト名が表示されるようだ、当然日本語は出ないが)。曲順を変更したい場合は、DISC1を選択してUP/DOWNボタンで選曲する、という感じである。これなら従来の純正オーディオの操作体系のまま、自由にiPodを扱えそうだ。このタイプを見つけたので、自己責任のリスク覚悟でDIYしようと思った。

具体的な製品

今回の調査で見つけた BMW Z4(E85) に接続可能だと思われるiPodアダプタをいくつか紹介する。いずれもステアリングに装備されているボタンを含む、純正オーディオの操作系を用いてiPodを操作できる。

注意
下記製品は独自調査によるものであり、接続及び動作を保証したものではありません。また、DIYは自己責任でお願いします。

GROM AUDIO / GROM-USB2-BMW-S
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号直接型



CONNECTS2 / CTABMIPOD009.2
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号直接型



XCarLink / SKU3055
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号直接型



DENSION / GW33BM4
接続形式:ヘッドユニット接続型
操作方法:DISC番号間接型


DICE ELECTRONICS MediaBridge MBR-1500-BMW
CDチェンジャー用コネクタ接続型
操作方法:DISC番号間接型


プレイリストの数に制限があるの機種は選択肢が除外したいので、候補はDENSIONのGW33BM4とDICE ELECTRONICSのMediaBridgeとなる。接続はCDチェンジャー用コネクタ接続型の方がリスクが低い。実は今回、同時にカーナビにバックカメラも接続しようと考えていた。カーナビはリアのストレージコンパートメントに搭載されているため、どちらにせよCDチェンジャー付近にはアクセスする予定。また、DICE MediaBridgeはWEB上に詳細なインストールマニュアルや操作マニュアルが公開されている。また、
YouTubeにZ4へのインストール方法を説明した動画までアップロードされていた。これは非常に大きなポイントであり、特に今回のように自己責任によるDIYでは選択する大きな理由の一つになる。



ということで、先日ebayにてDICE MediaBridge BMR-1500-BMW を発注した。日本円で20380円。年末には到着する予定なので、冬休みを利用して年内には取付をしたい。果たして、接続できるだろうか…。

theme : BMW
genre : 車・バイク

ムーンライダーズ最後のライブ

25年前から聴き続けていたムーンライダーズが今年一杯で活動休止となる。今日は最後のライブ。早めにチケットを取っておいて良かった。実は大晦日にファンクラブ限定のライブがあるので、本当の最後のライブは年末になるが。


オープニングは各メンバーが1階の客席へ。ストリートライブ風に各々が生音の演奏でスタート。私の席からはら博文さん、岡田さん、クジラさんが見えたが、ちょっと席からは離れており、PAを通してないので何を歌っていたのか良く聴こえなかったのが残念。その後、岡田さん、クジラさん、慶一さんの3人での鬼火。この曲は特に好きな曲。今回の演奏の中で一番良かった。曲は新旧織り交ぜて色々と。活動休止に関する話があるかと思ったが、演奏メインでMCは殆ど無し。

暫くムーンライダーズとしての曲が聴けないのは残念だが、各々の今後の活動に期待したい。

BMW Z4(E85)に非純正CDチェンジャー型iPodアダプタ接続に挑戦

Z4(E85/2007年式)にiPodを接続したくなった。Z4に搭載されているオーディオはBMW純正のオーディオである6連装のCDチェンジャー式。一応MP3も再生できるが、CD-Rを入れ替えたり、新たに焼くのは面倒。基本的に音楽データはCDを購入してiTunesでリッピングするスタイルなので、やはりiPod/iPhoneを接続したい。オーディオを取り替えるという手もあるが、インテリアデザインの統一感や、操作性を考えるとオーディオはBMW純正に拘りたいのである。

Z4にiPodを接続する方法はいくつかある。FMトランスミッターで飛ばしたり、AUXから入力したり。結論から言えば、純正オーディオのCDチェンジャーをエミュレートするiPodアダプタを使用するのがベストだと考えている。ノイズや配線の外観、iPodへの充電、ステアリングに装着されている純正のオーディオコントローラー(選曲やボリューム)が使えることを考えると、選択肢はこれ以外に無いだろう。

BMWからもこのタイプの純正iPodアダプタ(BMW iPod インターフェース ¥35,700 / 型番 6541 0409 610)が販売されているが、欠点がある。プレイリストが5つまでしか対応できない。CDチェンジャーのCD1枚が1つのプレイリストに対応しているからである。これではとても使えない。しかも価格が35700円と高額な上、取り付けてもらうと更に1万円程度は掛かるだろう。高機能ならともかく、このiPodアダプタに5万円近くの出費は避けたい。

海外のサイトを含め、もっと良い物が無いだろうかと調べたところ、沢山あるではないか。プレイリストに制限が無かったり、アーティストやアルバムでも選曲できる。素晴らしい。円高ということもあり、1万~2万円程度で購入できる。但し、問題は全て自己責任。国内で扱っている物は少なく、車の形式や年式、オプション等から配線情報を調べ、自分で接続可能かどうか判断する必要がある。また、これらのiPodアダプタのメーカー直販のサイトから購入しようと思うと、US国内向けで海外には販売しないメーカーもある。パーツによっては、日本独自の仕様だったりするので、サポートできないというのが理由らしい。

ネットで検索しても、海外のサイトではレビュー等が勿論見つかるが、日本では見つからない物が多い。となると、ちょっとトライしてみたくなる。

ということで、Z4(E85)に非純正の海外製高機能iPodアダプタ(CDチェンジャーエミュレート型)の接続に挑戦してみる。次回は、今回の調査で見つけた各iPodアダプタをいくつか紹介予定。

theme : BMW
genre : 車・バイク

夕日に映えるZ4

今日最後の買い物のためにホームセンターへ。スロープを登り、屋上の駐車場に着くと見事なグラデーションが空を染めていた。Z4に映り込む夕日にうっとり。もう一つの車の楽しみ方である。



若洲海浜公園

最近週末は引越の準備が忙しく近場で過ごす事が多い。今日の午前中も転居先にて引越関係作業の立会。

一方、冬場は体重が気になるシーズンでもある。最近は忙しくて自転車トレーニングに行けない週末が多く、今日は行こうと思っていた。が、あまりにも良い天気。贅沢な悩みだが、こんな日はオープンのZ4を駆ってどこかに走りに行きたい気分にもなる。妻は当然後者の方を歓迎。ということで、自転車はやめて若洲海浜公園へ。自転車を漕げなかった分、妻としっかりウォーキング。でも心拍があまり上がらないウォーキングではイマイチ運動した気がしない。

東京ゲートブリッジはかなり完成に近付き、公園付近の道路が前回来たときと見違える程変わっていた。









theme : 写真日記
genre : 写真

引越進捗状況 その2

先週から今週にかけて色々と進んだ。鍵がもらえたので、先週は部屋にカーペットを敷き、今週はネットや電話の工事やガス/電気/水道の手続き。全て完了。これで最低限住める状態になった。

途中一つだけハプニング発生。工事の方が来るのを待っていたところ、インターホンのチャイムではなく、何故かドアのノック音。インターホンのボタンを押してもチャイムが鳴らなかった。調べてみると、確かに屋外子機のボタンを押しても無反応。室内受話器のマイクのエコーは聞こえる。断線でも無さそうだし、子機はLEDが点灯している。まさか誤配線か?と思ってマニュアルが無いかiPad(3G)でインターホンの型番を調べるとカタログを発見。幸運にも配線図も載っていた。子機との接続は3線式。ケーブルの色を確認すると、やはり1番と3番端子のケーブルがテンコになっていた。接続し直すと正常動作した。後で判明したのだが、インターホンに別な問題があって交換したとのこと。動作チェックしなかったのだろうか?不思議だ。

この他、今回の引越を機会に16年使ったベッドや乾燥機能が壊れた洗濯機を買い直したり。いよいよ残務は荷物の箱詰めのみとなった。

壊れたMacBook Proのバッテリー

MacBook Proを使って2年と少々経過後、以前blogで書いた通り、バッテリーがメタボ状態の如く膨らんだ。保証も切れてしまっていたので、新規バッテリーを購入。しかし、今度は1年も経過しないうちに、充電が出来なくなり、先日「バッテリー修理交換」というメッセージがプルダウンメニューに現れるようになった。

まだ保証期間内だったので、電話でアップルに問い合わせ。対応は非常にスピーディーであった。電話した翌日、宅急便で新しいバッテリーが到着。壊れたバッテリーはそのまま宅配業者に渡して交換完了。ヨドバシで購入したのでレシートや保証書は持っていたが、電話で購入した日付を伝えただけで、特にレシートのコピーの提示等は求められなかった。口頭だけで信用してくれたことが驚いた。

バッテリーが2回壊れたのは残念だったが、保証期間内での顧客対応は完璧であった。品質が良く、壊れないのが理想だが、低価格競争を考えるとなかなか実現は難しい実情も理解できる。想定していた以上の顧客サービスが、それらのネガティブ要因を補うことが出来る良い例であった。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。