ドライブレコーダー PITTASOFT BLACKVUE DR400G-HD

先日、信号無視の車と接触しそうになった。証拠としてどこまで使えるかは分からないが、保険という意味でドライブレコーダーを導入することにした。

国内メーカーの物から調査したが、結局、韓国PITTASOFT製のFull HDドライブレコーダー BLACKVUE DR400G-HD が性能及び価格でずば抜けていることが分かった。国内メーカー品は惨敗、というか足元にも及ばない。国内製を買いたかったが寂しい限りである。

詳細は上記リンクからメーカーサイトを直接参照して頂くとして、主な特徴を挙げると、

 Full HD録画(1980x1080@30fps)
 常時撮影
 電源断でも内蔵バッテリーによって正常に書き込みを終了
 GPS内蔵
 SDHCカードへMP4で録画、PCで変換無しで再生可能

など、過剰とも思えるスペック。基本的に国内では扱ってないので、ebayで個人輸入することにした。価格は円高ということもあり、約17387円であった。これには韓国からの速達の送料と、SDHCカード16GBも含まれる。性能を考えると激安と言えるだろう。

ebayで発注すると、下記の様に見事に2日間で物は届いた。また、こちらが韓国語を理解できないと知ってか、英文マニュアルのPDFと英語版の最新ファームウェアをダウンロードできるURLも別途メールで知らせてくれた。物の性能だけでなく、サービスも良い。韓国恐るべし。



という訳で、開封から装着、サンプル動画、感想などを書いてみる。

この機種は初期ロットに不良があるという噂が掲示板にあった。届いた商品のシリアル番号は、DR4GS1B100XXXXであり、掲示板で話題になっているロットのものでは無かった。あくまでも掲示板の噂なので、本当に不良なのか外的要因(バッテリーの電圧やノイズによる影響等)なのかは不明である。

届いた商品は、すぐに英語版のV1.037へアップデートした。今の所問題無く正常に動作している。

まずは外箱。非常に立派。高級感もある。





韓国国内向けなのか、箱も紙のマニュアルも韓国語表記。



一般の有名メーカーのガジェット類と何ら変わらないパッケージ内容やデザイン。





※ご注意
下記はあくまでも作業例であり、動作を保証するものではありません。また、DIYによる作業はリスクを伴います。破損や怪我、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。あくまでも自己責任でお願いします。


さて、BMW Z4(E85) へ取り付け。

電源はシガーライターから取らない。Z4のシガーライターは常時給電のため、バッテリーが上がってしまうからである。Z4の配線図を調査したところ、グローブボックスのヒューズ F2 がエンジン始動中に給電する予備ヒューズであることが判明。そこから拝借することにした。

先ずはヒューズボックスへアクセス。グローブボックスのダンパーに装着されているクリップを外す。



板状のボタン?を2カ所押すとグローブボックスは下まで全開でき、ヒューズボックスにアクセスできる。



ヒューズボックス登場。いつ見ても奇麗。



ヒューズから電源を取り出すには、エーモン製のヒューズ電源を使う。F2のヒューズは10Aだったので、同じ10Aの物を選択。取り出しは5Aまでだが、そんなに電流は流れないので問題無し。



F2に挿して完了。ACCでは通電しないが、エンジン始動中(ACCからもう一段回したON)の場合は通電することがテスターで確認。配線図通り。ドライブレコーダーなので、ACCでは動作せず、エンジン始動中だけ動いてくれた方が都合が良い。



ドライブレコーダー DR400G-HD に付属していたシガーライターから電源を取るケーブルを加工する。シガーライターのケーブルを切断し、赤の+12Vはギボシ端子を接続してヒューズボックスから取り出した電源に接続する。黒のグランド側はクワ型端子を接続し、グローブボックス内でフレームグランドに落ちてそうな適当なネジに接続。接続後の写真は撮影するのを忘れてしまった。



このドライブレコーダーは気が利いている。カメラの位置合わせ用に、コンポジット出力機能が付いている。おまけにケーブルまで付属。なので、いわゆる黄色のビデオ端子付きのテレビがあれば、テレビを見ながらカメラの位置決めが簡単にできる。インストール作業にまで気配りをするとは…。

ということで、装着完了。



撮影サンプルは下記。前半の昼間の映像はHD(1280x720)で撮影、後半の夜間はFull HD(1980x1080)で撮影している。Full HDでなくてもHDで充分奇麗なので、実際の運用ではHDを使っている。録画時間も長くなるし。

動画はiMovieで編集しているが、解像度は落としてない。見た感じもオリジナルとほぼ一緒。画質は文句無し。夜間も非常に奇麗である。気になったのが信号機。点滅無しで奇麗に撮影できる信号機もあれば、点滅しているように見える信号機もある。どうも信号機のメーカーか型番に依存しているように思える。LEDは点灯しているように見えても実は高速に点滅している回路構成の場合がある。その周期とカメラのフレームレートが同期してるのかもしれない… まぁ、赤か青かは認識できるので問題は無いが。



性能、デザイン、サービス。全てにおいて国内メーカーの水準もしくはそれ以上であり、価格は激安。信頼性は実際に使い続けてみないと分からないが、韓国メーカーが国内メーカーにとって、とてつもない脅威であることを改めて実感した一品であった。

高円寺~西高島平~荒川右岸・左岸

来月人間ドックということもあり、この厳冬の中を自転車トレーニング。とにかく寒い。この数年で一番寒いかもしれない。昨年までは東京の冬は楽だと思っていたが、今年の寒さは長野並みと言っていい程に寒い。だったら今年の夏は長野並みに涼しくなって欲しいのだが…

今日のコースは環七を北上して高円寺~西高島平を経て荒川の右岸へ。荒川区の西新井橋でUターン。帰りは左岸を通ってみた。右岸と違って左岸は人通りが少なくて寂しい感じ。おまけに非常に冷たい強い向かい風。かつて経験したことが無いくらいの寒く、辛い自転車トレーニングであった。

本日の走行距離は58.7Km

女神湖氷上ドライブ

長野に10年住んでいたので、雪道や凍った道にはそれなりに慣れているつもりである。しかし、そのような状況下での車や腕の限界を知っている訳ではなく、何となく感で走っているというのが本音である。まさか一般路でテストや練習をする訳にもいかないし。

ところが、凍結路で思いっきり車を運転できる場があることが分かった。女神湖氷上ドライブである。凍結した湖の上に設置してあるコースを、好きに走ることが可能である。平日1日で15750円とちょっと高めではあるが、車の限界や電子制御の介入具合、自分の腕を確かめるため、参加してきた。結論から言えば、実に有意義であった。

先ず、凍った路面での車の限界と制御が理解できた、というか最善の対応ができるように練習した。少なくともパニックにはならないと思う。また、横に滑り始まった場合は慣性があるのである程度は制御できても基本的にはなす術が無いというのも何度も体験して良くわかった。当たり前だが、滑り始める一歩手前の速度で走れということのようである。

ちょっとしたテクニックも身につけることができたのも良い。今回は雪も降っていたため、湖面は平坦な氷ではなく、雪による凹凸が所々にあった。前の車がコースを抜け、自分の番になっても、その雪の凹凸で動けなくなる場合が何度かあった。DTCボタンを押してダイナミックトラクションコントロールをONにし、車を前後に揺すって脱出する方法とか。一般道だと焦ってしまうが、やはり練習できると焦らずに済む。

また、コース上ではある程度ルールがあるのだが、参加ドライバーの皆さんは非常にマナーが良く、譲り合いの精神で非常に気分良く楽しめたのも良かった。

当日の様子はこんな感じ。ここが湖の上とは思えない。コースには、パイロンが置いてあるので注意して見てないと天候によっては見失う。



これがコース。基本的に一方通行。前の車があるポイントを抜けるまでは次の車はコースに入れない等のルールがあり、当日説明してくれる。



氷の上を思う存分にドライブ。なかなかこんな経験は無い。



4輪チェーンをまいた4WD車が待機しており、スタックしても貸与された無線で助けを呼ぶと引っ張り出してくれる。そのためにフックは装着しなければならない。私も一度だけお世話になった。コース外は雪の壁が設置してあるが、雪なので車が傷つく事も無し。安心して運転できる。



スラロームコースと定常円旋回の動画。



可能なら、毎シーズン参加してみたい。

theme : 写真日記
genre : 写真

BMW Z4(E85) パワーウインドウ初期化方法

パワーウインドウは、バッテリーを外したり、パワーウインドウの交換をした後、パワーウインドウに異常な動作が見られた場合は、初期化が必要となる。初期化は運転席、助手席の両方で行う必要がある。推測であるが、初期化とは窓の絶対的な位置情報と、センサーでセンシングする時の位置情報等を一致させているのだと思われる。

初期化方法

初期化は以下の2つの手順から構成される
 1.消去(旧初期情報の消去)
 2.再初期化

初期化する時の状態は下記の通り
 - エンジンは始動している
 - コンバーチブルトップ及びドア、窓は全て閉じる

はじめに

パワーウインドウスイッチの操作について、下記の様に定義する。
 一段スイッチ押下    ウインドウを開く方向に一段階スイッチを押し下げ、すぐに放す
 二段スイッチ押下    ウインドウを開く方向に二段階スイッチを押し下げ、すぐに放す
 二段スイッチ押下保持  ウインドウを開く方向に二段階スイッチを押し下げたままにする
 一段スイッチ引上    ウインドウを閉じる方向に一段階スイッチを引き上げ、すぐに放す
 二段スイッチ引上    ウインドウを閉じる方向に二段階スイッチを引き上げ、すぐに放す
 二段スイッチ引上保持  ウインドウを閉じる方向に二段階引き上げたたままにする

1.消去
 1.1 二段スイッチ押下にて、ウインドウを全開にする
 1.2 一段スイッチ押下を10秒以内に4回行う

この操作を行うと、初期情報が消去される。この状態で二段スイッチ押下/引上を行っても、操作している間しかパワーウインドウが動作しない。これで消去作業が完了したことが確認できる。

2.再初期化
 2.1 二段スイッチ押下保持でウインドウを全開する
 2.2 二段スイッチ引上保持でウインドウを全閉し、ウインドウが上がりきったらそのまま2秒以上、二段スイッチ引上保持を続ける
 2.3 二段スイッチ押下保持でウインドウを全開する
 2.4 二段スイッチ引上保持でウインドウを全閉し、ウインドウが上がりきったらそのまま2秒以上、二段スイッチ引上保持を続ける

これで初期化は完了。二段スイッチ押下、もしくは二段スイッチ引上操作を行い、スイッチから手を離してもパワーウインドウが動作し続けることを確認する。

theme : BMW
genre : 車・バイク

BMW Z4(E85) パワーウインドウ誤動作

何度か、パワーウインドウが誤動作をした。ご存知の通り、パワーウインドウスイッチは押す方向及び引き上げる方向にそれぞれ2段階の状態がある。一段目はそれぞれの方向にホールドしている状態の間、ウインドウが動作する。二段目まで操作すると、スイッチから手を離しても、オープンもしくはクローズの方向に動作し続ける。

先日、全開にした状態から窓を閉めようと、二段目までのクローズ操作をした。一度クローズ動作が始まり、窓が半分くらい閉まった所で、途中で何かを挟んだと誤認識するが如くパワーウインドのモーターは反転し、再び全開になってしまう。助手席でも一度発生した。

修理マニュアルで調べてみると、バッテリーを外したり、パワーウインドウの交換、動作に異常があった場合は初期化すべしとある。初期化方法は別記事に書く予定。取り合えず初期化をしてみたが、さて、この現象は再び出るだろうか…

theme : BMW
genre : 車・バイク

Z4(E85/E86)専用ドリンクホルダー ALCABO AL-079S

BMW Z4にはドリンクホルダーがあるが、華奢な上、エアコン吹き出し口の前にあるので冬場に冷たい飲み物を置くと暖まってしまう。

何か良いドリンクホルダーは無いかと探したら。アルカボ(ALCABO)のドリンク&ポケットホルダー AL-079S を見つけた。1万円以上という高額なドリンクホルダーではあるが、Z4専用設計ということで見た目も良いので購入。

装着は灰皿を取り外して行う。煙草を吸わない私には灰皿もライターも不要。このアルカボのドリンクホルダーにはグレードが3種類ある。カップがプラ製か金属製かの違いなのだが、Z4がヘアライン処理のアルミの内装なので、それに合わせて奮発して最上位モデルの金属製カップのモデルを選択した。



スポンジは装着時のガタを無くすためのもの。装着感も良かった。



カップの間には小物入れがある。



装着するとこんな感じ。一番カップにギアレバーが近付くパーキングのギアポジションでも、クリアランスはそれなりにあるので干渉しない。質感は高く、標準品の様にも見える。



唯一操作性が落ちるのはSPORTスイッチだが、一応これだけ隙間があるので操作は問題無し。押した時のLEDは見難くなるが、メーターパネルにSDと表示される訳だし特に支障は無し。まぁ頻繁に押すスイッチでもないし。



オープンの開閉スイッチやシートヒーターのスイッチも見難くなるが、頭を動かせば一応見える。



ちょっと高い買い物であったが、満足感の高い一品であった。

theme : BMW
genre : 車・バイク

YOKOMO nanoQLO

昨日行った東京オートサロンで買ったYOKOMO nanoQLO。岩場などを超えるロッククローリングをする4WD車のラジコンである。定価は6000円くらいするらしいが、リビルド品が3000円で売っていたので買ってみた。



前後にモーター(携帯電話のモーター?)を搭載した4WD。ステアリングはサーボ式でちゃんと微妙な角度も切れる。速度は出ないが、トルクはそこそこ。サスペンションのストロークも深く、散らかった机の上をガンガン走る。これは楽しい。



サスペンションは実車に近い構造。ダンパーこそないが、スプリングによるサスペンション付き。フロントのドライブシャフトにはユニバーサルジョイントも装備。まぁこれが無いとステアリングが切れないのだが。

サスペンションは嵌め込み式のロッドエンドで接続される。リアサスペンションの動きが渋かったので、DURA-ACEのグリスを爪楊枝で塗ってみたところ、動きは改善された。



こんなおもちゃがこんな値段で買えるとは。ラジコン全盛期、タミヤのタイレルフォードシックスホイラーやポルシェ936のカスタムに明け暮れていた懐かしい小学生時代を思い出した。

混雑時における幕張メッセ駐車場までの走り方

混雑時の幕張メッセ駐車場へ効率的に到着するための備忘録。

湾岸習志野ICでは、インターへ降りる道が2車線になる。一番左の1車線が大渋滞しているが、実は左から2車線目の車線を走っていっても割り込むことをせずに普通にインターを降りる事が可能。

インターを降りたら2車線の道に出る。タイミングを見計らって左車線へ。側道経由で右折する道なので、右車線を走ると割り込むことになるので注意。

右折するが、車線は2車線共に幕張メッセの駐車場方面となる。渋滞は左の1車線だが、左から2車線目を走っても問題無し。

駐車場への立体交差のスロープに入ったら、右車線を走る。左車線は合流があって流れが悪い。

東京オートサロン 2012 に行って来た

東京モーターショーは2005年、2007年に行った。基本的にモーターショーは新車発表の場であり、東京に在住で、且つ、時が過ぎれば殆どの車が見ようと思えば見る事ができる車である。最近ではWebの記事も充実しており、2009年、そして昨年2011年のモーターショーは行かなかった。

一方、もう一つのモーターショーに東京オートサロンというのがある。カスタムカーをメインとする展示会なのだが、一度行ってみたいと思っていた。モーターショーと違い、開催期間は短くプレス関係者で無ければ猶予は金曜の午後から日曜までの2.5日間となる。そんなこともあってなかなか行く機会が無かったが、今回行ってみた。ちなみに妻も連れて行ったが、これは気の毒であった。さぞかし退屈だったろうに。

簡単に感想を言えば、凄い渋滞と混雑、展示やデモランは良かった、という感じ。特にパーツ類の実物を見ることができたのと、デモランが良かった。モーターショーは開催期間が長いので、平日を狙って行っていたため混雑が常識的だったが、オートサロンの人の多さには辟易してしまった。内容的にはまた行っても良い内容だったが、あの渋滞と混雑を考えると躊躇してしまう。

渋滞は酷かった。以前、サイクルモードという自転車のショーに車で同じ幕張メッセへ行ったことがあったが、楽勝であった。渋滞無し、駐車場も普通に停められた。この感覚で行ったのが大きな間違いだった。

9時からスタートなので、当然早めに家を出た。湾岸習志野IC付近で8時半過ぎくらい。数百メートルの渋滞が高速道路上から始まる。結局駐車場に車を停められたのは10時頃。殆ど満車状態で、車を停め、会場入口付近で渋滞していた道に目をやると道路は全く渋滞してなかった。渋滞が一気に解消?と思いきや、満車なので駐車場までの道をシャットアウトしていた。もう少しで駐車できないところであった。

ということで、撮った写真の中から適当にアップ。写真はデジタル一眼2台を持って行った。大抵人で溢れているので、下がって車全体を画角に収めることが無理なので広角は必須。コックピットやパーツのディテールを撮るのに中望遠。レンズ交換が面倒なので結果して2台持ち。2台と言ってもEOS 30Dと初代キスデジなので、流石に厳しい。稼働率考えるとなかなかリプレイスできないし。

会場全体。朝10時頃なのでまだそれほど混雑していない。



こんな実車を目の前で見られるのが嬉しい。GT-Rって逆アリゲーターだっけ?と思っていたら、ボンネットの開閉機構も含めて作り直されていた。



チューニングされてエンジンは1200馬力以上、トルクは150Kg-mだそうだ。想像できないパワー。



普段あまり街中で見かけない高級スポーツカーをベースにしているので、実はカスタムやパーツの内容よりも、車そのものを見るのが楽しみだったりする。



電気自動車の日産リーフを改造したNISMO LEAF RC。



車より自転車に釣られた。こうやって搭載すれば、ロードレーサーが7台も積めるとは。



これも実車を見たかった。トヨタのGRMN SPORTS HYBRID Concept II。このデザインは悪くないと思う。



ホイールメーカーのブースだが、私の興味はLF-Aの実車。初めて実車を見たが、これはやはり凄い。確かに世界に誇れる車だと思う。



トヨタの86。TRDのパーツを装着。これも実車を初めて見たが、写真で見る通り、欲しいと思わせる車であった。一度試乗してみたい。



ランボルギーニ アヴェンタドール。いくら眺めていても飽きない。



フェラーリ458イタリア。車じゃなくて、エアロパーツを見て欲しいのね。はいはい。



トヨタ86のスバル版であるBRZ。トヨタ86と比べると足回りが違うらしい。デザインだけで言えば、BRZの方が好きかも。



期待している方もいるかもしれないのでお約束。とにかくコンパニオンがいる所はおっさん達がひしめき合っていて、コンパニオンも車も見る事ができない。露出度が高いコスチューム程、その傾向は強い。

たまたま撮影できたコンパニオンの方々の中から何枚か。後ろに妻がいたので撮影枚数は控えめ…





屋外で寒かったが、見応えがあったのがデモラン。狭い駐車場ながら、スキール音を鳴らしながら結構本気で走ってくれた。

86の実車が走っているのも初めて見た。





これも貴重。NISMO LEAF RCの全開走行。馬力は100馬力ちょっとらしいが、大幅な軽量化とモーターのトルクで、ベースがリーフとは思えない軽快な走りであった。デモラン途中、BGMを下げて走行してくれたが、エンジン音がせず、殆ど無音でスキール音のみという新鮮な体験であった。








theme : 写真日記
genre : 写真

家でくつろぐ

久々に何もしない1日であった。妻が風邪で基本的に家にいた。

午前中、移行したばかりの妻のMacのメーラーが不調というので設定を見直し。寒さもあり、2日連続で自転車トレーニングはしなかった。安曇野から来たばかりの頃は寒さに強かったのだが、もうすっかり体が東京慣れしてしまい、寒さに弱くなった気がする。

午後は貯まっていた英会話の録画番組の一気見とか。気が付けばもう夜の8時。退廃的な1日であった。

都心~スカイツリー~荒川沿い

引っ越しのドタバタでなかなか自転車トレーニングが出来なかった。ちょっと油断するとすぐに体重に反映される。迫りつつある来月の人間ドック。これは漕がねば。結構寒かったが、天気は良かったのでお昼頃出発。

青梅街道~飯田橋~後楽園~上野御徒町を経由してスカイツリーへ。外側は殆ど完成している状態であった。



関連施設も同じく完成しつつある。前回来たときはまだ工事現場という感じの状態だったのに…。

20120107_02


その後、荒川沿いに出て、高島平経由で帰宅。今日は向かい風が強くて速度が全然乗らなかった。




本日の走行距離は53.4Km。

休暇7日目:銀行~霞ヶ浦ドライブ

午前中は新宿へ。銀行へ行って住所変更手続き。手続きを済ませると丁度お昼時。シーアンでランチを食べ、午後は霞ヶ浦へ。実家は茨城なのだが、実は霞ヶ浦へ行った事がない。今回、ドライブを兼ねて行ってみた。

常磐道を通り、土浦北で降りて歩崎公園へ。うーん、確かに大きい。



併設されている水族館へ入ってみた。



小規模な水族館。人が少ないので、じっくり見ることが出来るのは良かった。



今年の干支という訳じゃないがタツノオトシゴが何種類も展示してあった。見れば見る程おかしな形をしている。空いてたのでじっくり観察すると、背中と顔の左右にヒレがあり、これを物凄い速さで動かして姿勢制御をしていることが分かった。丁度餌の小エビを蒔いていたが、水底の小エビに近付くと、目にをも留まらぬ速さで口からスポイトのように一瞬にして小エビを吸い込んでいた。



帰りは霞ヶ浦の東側を通り、東関道で成田経由で帰宅。日が暮れるまで、ソフトトップを開いてオープンでのドライブを楽しんだ。

さて、休みも今日で終了。頭を切り替え明日からまた頑張ろう。

休暇6日目:プログラミング、帰宅

10時頃に起床し、自作した安曇野の気温と湿度を計測してTwitterで1時間毎に自動で呟かせるシステムのバージョンアップ作業。測定日の気温・湿度の最大値、最小値を求めるだけなので楽勝。最大値、最小値も標準でモジュールがあるし、サクっと作って簡単なテストベンチでテスト。半日程様子を見て問題無かったのでそのまま運用を開始。

その後、外出。妻の要望でダイソー、カインズ、レンタルDVD返却の後、松本のメーヤウへ。開いているかどうか微妙だったが、行ってみると案の定まだ閉まっていた。19号は混むので、奈良井川沿いの堤防道路から木工団地経由できときと寿司。夕食を取った後に帰宅。

夜の8時頃にJARTICで渋滞情報を確認すると、渋滞で真っ赤になっていると思っていた中央道が殆ど渋滞していなかった。普段の週末よりも空いている状態。明日の早朝に東京へ帰る予定だったが、急きょ帰ることに。支度をして東京へ戻った。道路は順調に流れており、12時前には到着。

さて、最終日の明日は何をしようか。

最高値・最低値のバグ

測定日の気温、湿度の最高値・最低値を表示するように改良したが、本来測定日の記録値のはずが、バグによりTweet時から過去24時間以内の最高値・最低値となってしまった。原因は、データの配列初期化を忘れるという非常に簡単なミス。日を跨ぐと前日のデータも舐めてしまうという単純なバグを作るとは…。単純な機能だからと半日程度のテストで運用してしまったのが敗因であった。

リモートデバッグできるシステムにすれば良いのだろうが、グローバルなIPを取ったりセキュアなサーバーを構築したりと手間が掛かりそうなのでまだ導入に至ってない。

1月中旬頃修正予定ですので、使用されている方々、どうかご了承願います。現在値は従来通りで問題はありません。

休暇5日目:買い物他

寝坊して10時頃起床し、穂高のカトマンズでブランチ。リンゴが買いたくて三郷、堀金の物産センターを巡るも虚しく、オープンが全て1/8から。仕方が無いのでスーパーで地元産の物を少量購入。帰りはパティスリーチーアでケーキを買って帰宅。夕べちょっと夜更かしをしたせいか眠くなり、夕方は仮眠。

退廃的な1日であった。

休暇4日目:放光寺でお参り~自宅でくつろぐ

今日は寝坊。10時過ぎに置きて、ブランチを食べに。豊科方面に向かったが、元旦からオープンしている店が多くて驚いた。ファミレス系はともかく、スーパーマーケットやチェーン店系の店は大抵開いている。驚いたのはしまむら等の衣料品店。しかも駐車場が満車に近い。福袋狙いだろうか。

今日のブランチは豊科のかつ時へ。何年ぶりだろうか。味は相変わらず美味しいが、以前と比べひれかつの盛りが良くなったように思えるのは気のせい。

その後に松本の放光寺。厄年の時に厄除をしてもらって以降、ここで元旦に祈祷して頂くのが恒例になってしまった。

帰ってからはblog書いたりレンタルしてきたDVDを観たり。明日は完全に予定無し。物産センター開いているかなぁ。リンゴ買いたいんだけど…。


プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム