スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳ドライブ~バックハウス・インノ

今週末は安曇野の自宅へ。妻の通院後、今日は天気が良いので、最近マイブームになっている八ヶ岳ドライブへ。先日見つけた美味しいパン屋、バックハウス・インノへ向かうことにした。こんな良い天気に高速道路で一気に行ってしまってはもったいない。ソフトトップを開いてオープンにし、一般道をドライブ。

19号線は混むので、松本からはやまびこ道路を東へ向かい、弘法山古墳の裏手の道を南下。この道は空いているし、眺めが良くて気に入っている。国道20号に出て、塩尻峠を超え、諏訪湖畔を高速沿いと並行に進み、ビーナスラインへ。

写真は全てドライブレコーダーをキャプチャーしたものなので、デジカメに比べると画質はイマイチ。



行きは八ヶ岳鉢巻道路。この道路も信号は少ないし、見晴らしが良くて快適。



畑の中に突如現れるパン屋、バックハウス・インノへ到着。まだ早い時間なのに、駐車場は満車。店内も混雑していた。美味しいパン屋は安曇野にも多数あるが、片道80Kmを走ってでも食べたくなるパンである。



帰りは八ヶ岳エコーラインを通って帰った。ここをオープンで走っていると、あまりの気持ち良さに溶けそうになる…。

スポンサーサイト

洗車

■洗車
ボディ及びホイールの水洗いと拭き上げ

曇っていたので洗車日和と思ったが、ボディ温度の上昇が早く、慌てて拭取ることに。黒のボディは想定以上に熱吸収が速い。今後要注意。

theme : BMW
genre : 車・バイク

東京スカイツリーWebチケットに当選

東京スカイツリーの3回目の抽選6/16(土)-6/30(土) 入場分の第二候補が当選したので、有給休暇を取得して行ってきた。毎回第五候補まで書けたのだが、土日狙いではずっとダメだったので、試しに平日の朝イチ(8時)を候補に加えたところ、抽選に当たった。抽選による入場制限に加え、朝イチということもあって入ってすぐは展望デッキも天望回廊もガラガラ。しかも梅雨にも関わらず、今日は奇跡の曇り~晴れ。普段の行いが良い結果である。比較的視界も良好で、富士山こそ見えなかったものの、都心は一望できた。

今回の写真は全て Canon PowerShot G1 X で撮影。画像は普段のサイズと違い、1400 x 1050 とアップロード容量ギリギリまで拡大してみた。写真をクリックすると拡大できる。

チケットカウンター。予約制で朝イチということもあり、8時の入場開始と同時にスムーズな流れ。待ち無しでエレベーターに搭乗。



多分こんなガラガラな景色は二度と撮影できないだろう。好きな場所でゆっくり眺めを楽しむことができた。



今までのビル、タワーとは一線を画す眺め。確かに高い。が、どこかで見た感じがする。そうだ、羽田発の飛行機に乗り、東京上空を旋回しながら高度を上げていく途中の光景に近いのであった。もはや飛行機と同じレベルということか。



ディズニーランドと葛西臨海公園。



浅草。



東京駅方面。



新宿方面。右手の白が東京ドーム。



せっかくカメラにミニチュアモードがあったので使ってみた。



ガラス床。2層構造のため、あまり恐い感じがしない。1層だったら多分恐かっただろう。



窓拭きのゴンドラに遭遇。オーバーハングの窓を拭く為に、レールに沿ってゴンドラが上下していた。



展望台の後は、東京ソラマチを一通りチェック。想像以上に広かった。詳細は割愛するが、よつ葉ホワイトコージ、レムソンズ、東毛酪農63℃ とスイーツ系を食べ歩き。

帰りはせっかく浅草を通るので、水上バスでお台場へ。まだ行ってなかったダイバーシティ東京プラザでガンダムを見て帰って来た。

今週末は食べてばっかり…

今日も食い倒れ

結局実家に帰ると食い倒れの日々。

焼き栗が食べられるというので両親と我々夫婦で栗園へ行った。栗のシーズンでは無いので、冷凍ではあるが生の栗を圧力容器に入れ、圧力を掛けてガスで焼く。15分くらいで焼けたあと、熱々の栗を試食。これは美味い。3000円/1Kgと高いが、この味なら仕方が無い。



昼はうな重。メニューは撮影したものの、肝心のうな重を撮影し損ねるという痛恨のミス。必ず皮を残す妻が美味しいと完食。確かにこのうな重は格別であった。

夜は両親が奮発したという巨大なエビの海老フライ。これも写真を撮れば良かった… あまりの大きさと美味さで速攻で食べてしまった。

一瞬の快楽の代償は3週間分のスピンバイクトレーニング。なんてこったい…

父の日帰省で食い倒れ

母の日に続き、父の日も東京で美味しい物を買い、実家へ帰って食い倒れパーティー。

10時過ぎに新宿の京王と小田急のデパ地下へ。肉まん、寿司、カニ弁当、焼き魚等の惣菜を大量買い。続いて先日見つけた高円寺の小籠包を買いに高円寺へ。お昼頃に買い物終了。高速を使って実家へ。普段は摂生した生活を送っているが、この日だけは無礼講。両親と我々夫婦で堪能した。何食分のカロリーを摂取したのだろうか…なんて野暮なことは考えない日が今日である。

写真を撮ろうと思ったが、既にスタートしてしまったので写真は無し。

高田みち子ライブ@新宿PIT INN ~松木恒秀さん倒れる~

驚いた。What Is HIP?の松木恒秀さんが演奏中にステージで倒れたのである。

いつものように第一部が始まり、今日も松木節は絶好調に見えた。途中、岡沢さんのベースを弾いてみたりでいつものように第一部終了。そして休憩の後、第二部スタート。高田みち子嬢とWhat Is HIP?のメンバーが再登場。今回はシックで上品な黒の服装。1曲目は「雨は優しく」でスタートした。

「雨は優しく」が終わりに差し掛かったところで異変が起きた。松木さんがスタッフの人と上から脱ぐ様にギターを外そうとしている。トラブルかな?と思ったその時、松木さんは気を失い崩れるように真後ろに転倒。強く頭を打った様子は無かったが、そのままモニタースピーカーにもたれる様にぐったりしている。目は見開き宙を見つめたまま。スタッフの方が「松木さん!松木さん!」と声を掛けたところで演奏がストップ。すぐに救急車を要請する声も上がった。30秒くらいだったろうか、瞬きも、ピクリと動きもせず、目を見開いたまま倒れていた。非常にヤバいと思っていた所、ようやく意識を取り戻したようで、手や目が動き始めた。そして回りの人に支えられて立ち上がった。エフェクター類をよけることもできず、そのまま踏みつけながら小さな足取りで舞台の袖へ。「皆さん、すみません」と2度程、か細い声で観客席へ。こんな状況にも関わらず、観客に気を使うとは…。彼の違う一面を見た気がした。

約20分後、松木さんを除くメンバーが再びステージへ。結局、松木さんは救急車には乗らなかったらしい。症状も改善し、普通に話せるようになったとスタッフの方は言っていたが、それはまずいと思った。あの倒れ方は素人が見ても普通じゃないと思う。余計なお世話だろうが、年齢やタバコ・酒をやることを考えると、彼を見にくるファンの為にも、絶対に病院で精密検査を受けるべきだと思う。今回はプロ根性でステージを続けたい、という強い意思の現れだとは思うが、是非後日、病院へ行って検査を受けて頂きたい。何でもなければそれでラッキーだし、もし異常があるのであれば、しっかり直して頂きたい。今後のステージの為にも、切に願う。

ということで、その後は松木さん抜きでステージ再開。正直、あの状況では中止でも誰も文句は言わなかっただろう。我々でさえあんなに驚いたのに、クオリティを下げる事無く、いつもと同じ、いや、それ以上の歌と演奏を聞かせてもらった。曲と曲の間に、松木さんの部分をどうリカバリーするかを打合せしながらの進行。確かにいつもとアレンジが違う気もしたが、ギター不在を感じさせない見事な演奏であった。流石プロである。みち子嬢も途中涙ぐみそうな時があったように見えたが、寂しそうではあったが気丈に振る舞い、いつもと変わらぬ素晴らしい歌声を聴かせてくれた。

どうかまた元気な姿でステージにたって頂きたい。お大事にどうぞ。



本日のセットリスト。

1.雨は優しく
2.Come Rain Or Come Shine
3.Farewell Mr. Old City
4.溜め息
5.Lonesome Car-boy
6.You've got a friend

スピンバイク+VULKANO FLOW(ボルカノフロー)

平日、帰宅後に45分、そして遂に週末も2時間、スピンバイク(Fighting Road Speed Bike BC4620)に乗る様になってしまった。トラックに幅寄せされることや排気ガスも信号待ちも無し。予想以上に快適で、ロードバイクの出番がゼロ。ロードバイクは安曇野へ移動させるか思案中である。

そんなスピンバイクをガジェットでカスタマイズ。iPadで、HDDレコーダーに撮り貯めていた番組を見られる環境にしてみた。最近1万円という激安価格で売られているVULKANO FLOW(ボルカノフロー)の導入である。HDDレコーダーの番組をリアルタイムでエンコードし、iPadへWiFi経由で送信できる。iPadでは、専用のアプリケーションを使ってリアルタイム再生する。

iPadで見る場合の良いところは、目の前に設置すると眼鏡が不要なこと。運動中は汗が凄いので、原則眼鏡は掛けない。普通のテレビでは、眼鏡無しでは見えないのだが、目の前に設置したiPadであれば、眼鏡無しで見ることが出来る。

VULKANO FLOW本体。手前に赤外線受光部があり、手持ちのリモコンを学習させることもできる。接続にはある程度のネットワークの知識が必要。



赤外線送信部。iPad上でのリモコンボタンを押すと、この送信部から学習した赤外線のデータが送られ、HDDレコーダーが操作できる。画像が5~10秒くらいバファリングされているため、実際に操作した動作が反映されるまでにタイムラグがある。基本はボタンを押しても気長に待つ事。うまく押せなかったと思って何度も押すと、その操作が全てバッファに貯まって実行されるため、動作がグダグダになる。



スピンバイクは音が静かなのでiPadのスピーカーでも充分だが、ヘッドホンの方が当然音は良い。時々心拍計を見ながら心拍数が落ちてないことを確認していれば、後は録画番組に集中できる。先ずは貯まりに貯まって見てなかった英語でしゃべらナイトとリトルチャロを消化しよう。体重も減って英語も勉強できる。一石二鳥。



iPadはフレキシブルスタンドに設置。取り敢えず適当な台が無かったので、自転車のメンテナンススタンドを使った。



iPadでの再生画像は、ローカル内では極めて高画質。ちなみに画像はネットワーク経由でどこへでも送信できる。一度安曇野からもネット経由で録画番組を見てみたが、ローカルに比べれば若干画質は落ちるものの、高速回線であれば問題無く鑑賞できるレベル。

著作権の問題があるかもしれないが、キャプチャー画像はこんな感じ。非常に奇麗である。



さて、後はひたすら漕ぐのみである。

清掃、油脂類チェック

■コックピットの清掃
掃除機による足元のクリーニング。
最近オープン走行が多く室内が埃っぽいため艶出しペーパーで樹脂部の拭き掃除。

■エンジンルームの清掃
各部をチェックしながら清掃用ペーパーで汚れの拭取り。
エアクリーナーボックス内に落ち葉や虫の死骸等があったため掃除機によるクリーニング。
それほど汚れてはいなかったが、エアクリーナーも掃除機を掛けた。

■油脂類チェック
オイル、ブレーキオイル、ウォッシャー液は異常無し。クーラントが若干減っていたので補充。

4年振りに英会話スクール再開

4年のブランクがあったが、ようやく英会話スクールを再開した。と言っても、オンライン英会話である。

英会話というと学校に通うのが普通だが、今はネットを使って外国在住の外国人から直接習う英会話スクールが多い。一般的なオンライン英会話では、先生はフィリピン人の大学生(アルバイト?)、Skypeを使って1日1回(まで)25分の授業、月5000円というのが相場のようだ。

ということで、定番のLangrichという英会話スクールの無料体験(2回)を申し込んでやってみた。オンライン英会話は生まれて初めての経験である。

予約を入れSkypeを立ち上げて待つとコールが来て授業スタート。最初なので、テキストを使うコースで受けてみた。結論から言えば非常に良かった。やはり話すことは重要であり、言いいたくても表現できなかったことを後から振り返ることでそれが英語力向上に繋がると思う。

オンライン英会話は時間に束縛されない。空いていれば15分前から予約が出来るので、思い立った時にできる。当初短いと思った25分という時間も集中するには適度。先生の発音も奇麗だったし、教え方も良かった。オンライン英会話の場合、先生の質、即ち先生に対する教え方の教育がポイントになるようだ。

先生はフィリピンにいる訳なのだが、音声はクリアで遅延も途切れることも無かった。映像は若干カクカク気味だが、問題にならないレベル。Skypeは音質が良いので聞き取り易かった。

基本的に毎日習えるので、続ければかなり向上しそうな予感。それにしても凄い時代になったものである。

暫く続け、またレビュー予定。

一般道で安曇野から東京へ

いつもなら安曇野から東京へ戻る時は高速道路を使うのだが、今日はドライブを楽しみながら一般道で戻ってみた。

今回は山側を通って女神湖に行き、八ヶ岳から清里、その後は甲州街道で東京へ向かうコース。結論から言えば、渋滞も無く、快適なドライブを楽しめた。



安曇野を朝9時頃出発。国道254号線を走り、三才山トンネル、鹿教湯温泉を経由して県道40号線へ。立科町を通り、女神湖へ。この冬、女神湖氷上ドライブへ参加したが、氷が溶けた状態を見てみたかった。季節が違うと全く違う場所に思えるから不思議だ。



女神湖から白樺湖~大門街道~メルヘン街道。ジェラート店ピッコへ8年振りに寄った。相変わらず美味しいジェラート食べて少々休憩。

山寺上の交差点を左折して県道17号線。続いて柳沢の交差点を左折して八ヶ岳農場方面へ向かい、八ヶ岳八巻道路~八ヶ岳ライン。この付近をオープンで走ると本当に気持ちいい。

小荒間の交差点を右折して県道609号線。JA梨北小泉支所前信号を鋭角に曲がって608号線。若林の信号を右折して28号線。しばらくすると、左手にバックハウスインノ八ヶ岳店というパン屋がある。初めてここのパンを購入したが、これは素晴らしい。これはドライブしながら買いに来たくなるレベル。

その後、清里ラインから韮崎付近で甲州街道へ。その後はひたすら甲州街道。甲府付近で若干混雑したものの、それ以降は順調。目立った渋滞もなく、東京へ7時頃到着。

色々と遊びながら帰ったので、結局一般道を約300Km走った。天候も曇りのため日差しが弱く、快適で充実したオープンドライブを楽しむ事ができた。

BMW Z4 Roadster 3.0 si (E85) ノーマルマフラーの排気音をPCM録音

早速リニアPCMレコーダーを使って、BMW Z4 Roadster 3.0 si (E85) の排気音を録音してみた。最初にZ4に乗りイグニッションキーを回した時、ノーマルマフラーとは思えない低音に感動した。エンジン始動時の音は、エンジンが冷えている方が音が大きい様に思えるが、気のせいだろうか。

今回はブリッピングも行っているので、エンジンが温まった状態で停止させ、改めて始動している。録音は 24-bit / 96KHz リニアPCM ステレオ録音。iMovieで編集して静止画を入れた。音はそのままリニアPCMで出力されているはず。

PC、特にNOTE-PCのスピーカーは貧弱なので、ヘッドホンで聞くと低音が奇麗に再生できる。

theme : BMW
genre : 車・バイク

リニアPCMレコーダー TASCAM DR-08 購入

排気音や車内での加速音をHiFi録音してみたくなってリニアPCMレコーダーを買ってみた。TASCAMって聞いた事が無かったけど実はTEACのブランド名。価格は8560円。この価格で24-bit/96KHzでPCM録音ができる。MP3もOK。中学の頃、ソニーのステレオプレスマンとか持っていたけど、悲しいくらいに時の流れを感じる。


英会話仲間とランチ

午前中は妻の通院送迎、昼から元英会話仲間とランチ。今回の場所は松本のホテルブエナビスタにあるラ・カフェテラサでランチバイキング。業種の違う方々と接することが出来、且つ、英語学習のモチベーションを上げる貴重な場なので、実は楽しみにしている。

今回も一番実感したのは言葉が出なくなっている。簡単な言い回しも、喋る機会が減ってしまったこともあり、咄嗟のレスポンスが悪い。最近はネットで学習できる安い英会話もあるので、マジで復活させようか…

料理の方は、実は8年くらい前にここでディナーバイキングを食べたことがあったのだが、高い料金にも関わらず、あまりにも貧弱な料理でクレームを言ったことがあった。今回久しぶりにここの料理を食べたが、シェフが変わったのか、経営者が心を入れ替えたのか、非常に充実した内容とクオリティであった。料理の種類も豊富で、どれも美味しくて驚いた。また来たいと思わせる味であった。


プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。