スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイティングロード製スピンバイクのペダル交換(ビンディングペダル化)



ファイティングロードのスピンバイク (Fighting Road Speed Bike BC4620)のおかげで順調に体重は減っている。コストパフォーマンスは良いのだが、どうしてもサドルとペダルだけが気に入らない。サドルは通常のロードバイクやMTBと互換があるので交換したが、ペダルは軸のサイズが違うので最初は交換を諦めた。一般のロードバイクやMTBのペダル軸のサイズは9/16インチ。このスピンバイクの軸サイズは1/2インチである。

調査を続けると、このスピンバイクのボトムブラケット(BB)はアメリカンタイプであることが判明。アメリカンタイプのボトムブラケットはベアリング外径41mm、カップ外径51mm。スピンバイクのカバーを外し、ボトムブラケットをノギスで測ると正にこれである。昔のBMXやビーチクルーザーの自転車がアメリカンタイプらしい。また、これらのペダルの軸サイズも1/2インチが多い。どうやらスピンバイクやエアロバイクは、昔のBMXやビーチクルーザー系のドライブトレインと同じ物が多いようだ。

BMXのパーツを調べると、クランクによっては9/16インチの軸サイズの物もある。但し、殆どがワンピースでなく、3ピースタイプのクランクになる。ボトムブラケット、クランク、チェーンリング、要はドライブトレインを総取り替えすれば、ペダル交換が可能になる。

ということで、ペダル交換に挑戦した。ちなみにこの改造を行うとオリジナルのチェーンカバーは装着できなくなる。

※ご注意
DIYによる作業はリスクを伴います。破損や怪我、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。あくまでも自己責任でお願いします。


先ずはパーツ集め。BMXのパーツはマイナーらしく、国内では所望のパーツを見つけることが出来なかった。結局USのショップで購入することにした。購入したのは、ACEBMX.COM というショップ。日本への発送もしてくれるが、問い合わせ等は英語を使う必要がある。

買ったパーツは以下の通り。



チェーンホイール
 REDLINE FLIGHT RECLUSE BMX CHAIN WHEEL /
 19mm spindle bore / Sprocket Gear Size - 46T
ボトムブラケット
 BB SET FOR 3PC CRANKS American 19mm
チェーン
 KMC Z410 Chain 1/2" X 1/8"
クランク
 NITROUS THRUSTER 175mm

合計価格は送料込みで約$160。日本円で約13000円であった。

スピンバイクオリジナルのチェーンホイールは44Tだったが、クランク長はスピンバイクオリジナルより長めになるため、46Tをチョイスした。パーツ選択のポイントとしては下記の通りである。

 ・クランクのペダル軸のサイズが9/16インチ。
  ※これはメーカーのサイトの製品ページを見れば、大抵は書いてある。
 ・ボトムブラケットはアメリカンタイプ。
 ・ボトムブラケット、チェーンホイールのスピンドルの軸サイズが同一。
  ※19mmの物が多い。

これらを満たせば、このスピンバイクには取り付けが可能だと思われる。

作業は以下の通り。先ずはペダルとカバーを外す。



スピンバイクオリジナルのボトムブラケットはワンピースタイプ。6角ネジをスパナで外す。



六角ネジを外した後、溝が2本あるリングをマイナスドライバー等で軽く叩き、回して外す。



ワンピースのクランクが外れた。オリジナルのチェーンホイールは44T。



オリジナルのボトムブラケットのカップは嵌め込み式。マイナスドライバー等で軽く叩き、こじると外れる。



ボトムブラケットのカップが外れた。



購入したボトムブラケットを取り付ける。左ペダル側ベアリング、右ペダル側ベアリングの間に付属の金属チューブを挟んで双方のベアリングを嵌め込んだあと、付属のスピンドル(軸)を差し込む。



付属の六角ボルトでチェーンリングとクランクを取り付けた後、クランクをスピンドルへ噛ませ、六角レンチで締め込んで圧入する。

チェーン取り付け前には、フライホイールの軸のナットを緩め、テンション調整ネジを回してテンションを緩めにしておく。



チェーンはチェーンカッターで長さを揃えた後、チェーンに付属しているスプリングクリップコネクターで接続。



テンション調整ネジを回してチェーンに適切なテンションを掛ける。チェーンの張りの遊びは15mm〜20mm程度。



ペダルは使ってなかったSPDペダルを装着。XTRはちょっとオーバースペック。



チェーンラインの確認。真っ直ぐである。



ボトムブラケットとチェーンリング付近。メーターのセンサー用磁石は後で移設しよう。



カラーが選択できたのでブルーで統一してみた。結構いい感じに仕上がった。自画自賛。



早速ビンディングシューズで漕いでみた。ポジションは決まるし、引き足も使えるし完璧である。また、従来はQファクター(左右のクランクの距離)が広めだったが、これも標準的なサイズになって違和感は消えた。
スポンサーサイト

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

東京へ移動

7時起床。8時出発で八ヶ岳のパン屋バックハウスインノへ。最近は八ヶ岳を経由しての移動が多い。今回も一般道で八ヶ岳へ。

パンを購入し、長坂インターから高速へ乗り八王子。懐かしのグリーウォーク多摩へ寄って帰って来た。

土日共に週末は早起きした上、ゆっくり自転車にも乗れたので非常に長い週末のように思えた。 

安曇野ステイ

今週末は安曇野ステイ。妻の通院後、毎年夏だけ開いている農家の露店販売でトウモロコシを10本購入。1本100円なのに、大きくて新鮮。コストパフォーマンスは絶大である。

帰ってから自転車トレーニングへ。帰宅してから洗車など車のメンテ。肉体労働してはシャワーを浴びてたので、今日は3回も風呂に入ってしまった。

洗車

■洗車
ボディ、ホイールの水洗いと拭き上げ
車内の掃除機掛け、レザーシートクリーナーによるシートのクリーニング

theme : BMW
genre : 車・バイク

豊科南部総合公園〜安曇野わさび田湧水群

今日のコースは農道、山麓線、国道(147号,19号)を極力使わないルート。行きは梓橋まで南下し、帰りは松川村経由で戻ってくるコース。

豊科南部総合公園。土日でもあまり人がいない。東京とは違って恵まれた環境。



そのまま北上し、久しぶりに安曇野わさび田湧水群に来てみた。子供連れ数人が水遊びをしていた。本当に水が奇麗な場所である。



本日の走行距離55Km

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

燃費記録更新

スポーツカーに燃費を期待するのは間違っているとは思うが、丁寧に高速道路を走るとどのくらいの燃費になるか挑戦してみた。

自宅近くのガソリンスタンドで満タン。車に搭載されている燃費計をリセット。一般道を4〜5Km走った後で高速道路に乗り、約220Km走った時の燃費。

特に意識せずに高速道路を走っていると、従来の燃費はリッター当たり約11〜12Km程度。今回は意識して丁寧に走った。基本的にオートクルーズで走行。加速は他の車に迷惑を掛けないレベルで緩やかに。そうしたところ、リッター当たり14.2Kmという記録が出た。

外車で3000ccのスポーツカー、しかもAT車としては驚異的な燃費だと思う。頑張ればこんなに走るとは…

高田みち子ライブ@新宿PIT INN

前回倒れた松木さんが元気に復活。髭を生やされ、帽子も被っていたので最初どなたか気が付かなかった。すっかり元気になられたようで、冴えたMCに加え倒れる真似の自虐ギャグまで満載。

今日の高田みち子嬢はアイボリーのカジュアルな感じのパンツスタイルで登場。TALEA DREAMでスタートし、続いて驟雨。前回が松木さん不在で、且つ、短めのライブだったこともあってか、今回は以前に比べても熱の入った演奏、歌であった。途中のMCは野球の話など。みち子嬢はホークスファンで、松木さんは知人がいるチームがファンだそうで、今はヤクルトファンらしい。

ということで、本日のセットリスト。

1.TALEA DREAM
2.驟雨
3.Doesn't Mean Much
4.One-Trick Pony
5.chocolate
6.Lonesome Car-boy
7.You've got a friend ※アンコール

DICE MEDIABRIDGE MBR-1500 アップデート 6518

久しぶりのアップデート。リリースノートを見ると、Bluetooth関連が色々と修正されているようだ。

-------------------------------------------------------
* DICE Electronics Firmware Update Information Sheet *
-------------------------------------------------------
BMW MediaBridge
Version Number: 6518
Release date: 8/10/2012

Changes and improvements
---------------------------
- Chapter (Audiobooks) and Episodes (Podcasts) are now handled correctly
- Firmware version number is now announced by TTS
- Pressing the Scan button turns on Voice Control
- Fixed a bug which caused the BT Phone not to pair.
- Added a feature where the system announces the status
- Automatically reconnect when a BT connection is lost
- Allow the start if a BT stream if in BT mode and a next/prev track is pressed.

取り敢えずアップデートして使ってみた。以前のバージョンでは、Songモードで曲を聴いている時にPlay Listモードへ移動しても、今再生している曲のプレイリストの場所へ戻れず、プレイリストの最初に戻ってしまっていた(稀に成功する)。まだ真剣に使い込んでないのでわからないが、リリースノートには記載されてないが、今回はそれが改善したように思える。Bluetooth関連は電話の着信や発信しか使ってないので、恩恵は少ないかもしれない。

theme : BMW
genre : 車・バイク

夏休み10日目

夏休み最終日は結局どこにも出掛けず、ゆっくり過ごした。

COSTCOで買って冷凍保存していたピザを解凍、焼いてブランチに。午後からは別記事でも書いたNexus 7のトラブルーシューティング。結局原因が判明したのは夕方になってしまった。

今日は運動も休み。貯まっていた録画番組を見たりWebを見たり。

明日から仕事だが、世間は休みなので道路も公共交通機関も空いてそう。さて、明日から頑張るか…。

Nexus 7 故障?→解決 Google ロゴの表示を繰り返して起動しない

結論から書く。Google Nexus 7のバッテリーを完全放電してしまうと、Nexus 7付属のUSB ACアダプタを用いないと充電が出来ない。汎用の500mAしか流せないUSBハブ等につないでも、充電アイコンのアニメーションは表示されるが充電は出来てない。

Nexus 7 をシャットダウンをせずに1週間以上放置してしまった。電源ボタンを押しても電源が入らない。メールを15分間隔で見に行く設定なので、多分バッテリーが切れたのだろう。いつものようにUSB経由で充電した。起動画面は出ないものの、画面中央にバッテリー充電アイコンのアニメーションが表示されたので、そのまま一晩充電した。

翌日、改めて電源ボタンを押す。一度Googleロゴが出たが、10〜15秒後、再びリセットが掛かった様な状態で画面が消え、再度Googleロゴが表示される。これを永遠に繰り返す様になってしまった。電源ボタンと音量の[+][-]ボタンを同時に押し、FASTBOOTモードへは入れた。

何らかの理由でFlashに書いてあるイメージが壊れたかと思い、UbuntuにAndroid SDKをインストールして、FASTBOOTモードでUnlockし、ファクトリーイメージをダウンロードしてイメージの書き直しまでやったが改善しない。

一度だけ工場出荷時の状態で正常に起動し(上述通り真っ新にイメージを書き直した)、言語の設定とWiFiの認証まで進んだが、「ジジジジ…」という数秒間のノイズ音と共に画面がブラックアウト。その後はUSBを挿しても一切起動も充電もされない(画面中央にバッテリの充電アニメーションが表示されない)場合もあった。その場合は、爪でフタをこじ開け、バッテリコネクタの抜き差しをすると再度充電アニメーションが表示されたりもした。

当初は、バッテリーが充電出来ないので、バッテリーが死んだと考えていた。昨今のCPUはマルチコアだったり周波数が可変式だったりする。OSやアプリが真剣に動き出すと、複数のコアが動き出したり周波数が上がったりするが、ブートローダーではやることがそれほど無いので、コアが1個で、且つ、周波数も低めで低消費電力で動作する場合が多い。そのため、比較的電力を食わないFASTBOOTでは容量が殆ど残ってないバッテリーでも動作するが、OSは起動しないのではないかと考えた。

多分バッテリーが原因だろうからバッテリー単品だけ買って自分で修理出来ないだろうか、なんて考えてたところ、ふと、以前blogに書いたNokiaのスマフォE71のACアダプタの件を思い出した。

購入直後から、Nexus 7のACアダプタは箱から出してない。汎用のUSBハブでずっと充電出来ていたからである。もしかして、完全放電してしまうと充電時に大電流が必要で、付属のUSB ACアダプタでしか充電できないのでは?と思い、Nexus 7の箱からUSB ACアダプタを取り出して定格出力を確認してみた。


Output 5.0V 2.0A

なんと2Aも流せるのであった。付属のACアダプタを接続したところ、Nexus 7は元気一杯に起動した。OS起動後、バッテリーの残量を確認すると残量ゼロ。なるほど、そういうことだったのか。

推測だが、Nexus 7はバッテリーを完全放電させてしまうと、汎用USBハブのバスパワーの規格である5.25V/500mAでは保護回路等が働くか電圧がドロップする等の原因で、充電が出来ないようである。

わかってしまえば、なぁーんだ、という原因であったが、気付くまでに半日掛かってしまった…

夏休み9日目

今日は朝7時に安曇野を出て、峠を超える一般道で東京へ移動。午後3時過ぎに帰宅。

夜はいつも通り腹筋・背筋の筋力トレーニングとスピンバイクトレーニング。今日はiTunesで映画1本を借り、映画を見ながら2時間漕いだ。

安曇野~ビーナスライン~小海~上野村~秩父~所沢~杉並

安曇野から東京への移動に国道299号線を使ってみた。一昨日下見していて十国峠は厳しいので、県道124号線を使った。

松本からビーナスラインに入り、通り慣れた八島ヶ原湿原や車山、白樺湖を経由して蓼科から国道299号線へ。小海リエックスや松原湖を通り、県道124号線へ入る。十国峠を超える国道299号線に比べれば雲泥の差。道路は広く、道も良い。狭い箇所もあるが、それでもゆっくり対向車と擦れ違いができるレベル。お盆休みということもあり、東京方面からの対向車やライダーが結構多かった。

秩父付近で若干混雑したものの、基本的に渋滞らしい渋滞は無し。約8時間のドライブであった。今回は天気も良いので松本からビーナスラインに入ったが、諏訪まで高速を使えばもっと時間短縮ができたかもしれない。ドライブを兼ねて往復する場合は、今後はこの道を通ろう。


夏休み8日目 結婚19周年記念

この前結婚したと思ったら19年も経過してしまった。本当に時間が経つのは早い。

ということで、結婚記念日は松本でランチバイキング(笑)。以前、元英会話の先生&クラスメートと来たが、意外に美味しかった。妻が是非来たいというのでここになった。



バイキングとなると、大抵は30分程度でミッションコンプリーティッドな我々だが、今日はゆっくり食事を楽しんだ。夜は次のキャリアや目標などを語り合いながらお茶をしたり…

夏休み7日目 国道299号線の調査

ずっと気になっていた道があった。国道299号線を使い、佐久から十国峠を通り、秩父に抜けるルートである。もし安曇野と東京を往復するのに使えれば、時間は掛かるかもしれないが、一般道だけで渋滞せずに走れるかもしれない。

調べてみると、実際の往復にぶっつけ本番で使うには勇気が必要な道のようである。現に今も一部区間が通行止めで、林道が迂回路になっている。

ということで、今日は調査に出掛けた。ルートは下記の通り。安曇野から国道254号線で三才山トンネルを抜け、国道152号線~国道254号線~国道142号線を通り佐久市に入る。国道141号線を南下し、国道299号線を秩父方面に向かって道の駅上野まで行ってみた。



結論から書けば、ドライブを楽しむという感じではなかった。

十国峠に入る前までの国道299号線は素晴らしい道路であった。道幅は広く、舗装も良い。特に今日は平日ということもあり、前後に車がいないこともしばしば。時々関東圏のナンバーの車と擦れ違うので、峠を越えて来たのだろう。

十国峠に入る手前付近から雰囲気が変わる。通れると言えば通れるが、見通しが極めて悪く、且つ、1車線程の狭い場所が多い。通行止めの場所は門で封鎖され、誘導係の方が矢弓川林道方面へ案内していた。矢弓川林道は特に狭く、道も悪い。一部舗装が陥没している部分もあった。

上野村側の工事の案内看板を見ると、通行止めの期間は「当分の間」という表記になっていた。

今日は時間が無かったので走れなかったが、上野村から県道124号線を通り、小海へ抜けるルートもある。どうもこっちの方が良さげな気がする。今度機会があれば試してみよう。

夏休み6日目:軽井沢~嬬恋パノラマライン~志賀高原ドライブ

色々と作業も終わったので、今日は夏休みらしくドライブへ。今回のコースは軽井沢から嬬恋パノラマラインを経由し、志賀高原へ抜けるルート。



8時に出発して、今日は国道143号線を通り軽井沢を目指した。我々にとって、軽井沢と言えばブロンコのクレープ。お約束である。

実は夏の軽井沢は初めて。やはり夏の軽井沢は混んでいた。道路もあちこち渋滞。それでも平日ということもあり、駐車場に車を停めることはできた。



中軽井沢まで戻って、星野エリアへ。妻が木製品専門店の我蘭憧で買い物をしたことがあった。以前は軽井沢ショッピングプラザに入っていたが、星野エリアに移転したようなので来てみた。小洒落た感じの女性好みの小さなショッピングモールという感じ。



国道146号線経由で、嬬恋パノラマラインへ。予想通り見晴らしも良く、素晴らしい道路。というか、昔、この道の一部を通ったことがあった。今回は、起点から終点まで通して走ってみた。たまに出会うのはトラクターくらい。標高が高いこともあり気温が上がらないので、オープンで走るには最高の道であった。XXXXラインと名付けられる道は、大抵は見晴らしが良く、快適に走れる道のようだ。



愛妻の丘。



嬬恋パノラマラインから国道292号線。前にも寄ったことがあったが、白根山の湯釜へ。火山活動の影響らしく、以前は近寄れた湯釜が、かなり遠い位置からの見学となった。



道路を挟んだ反対側にある弓池。木道が整備されているので軽く1周。ワタスゲが奇麗。



帰りは志賀高原を通り、信州中野から高速で帰って来た。非常に運転が楽しめるコースであった。

夏休み5日目:来客

ゆっくりめに起きて、お客様を迎える準備。午後は最近blogが縁で親交が深まったAさんが来訪。本当なら奥様もご一緒のはずだったが、急用ということでAさんお一人。趣味や経歴が似ており、且つ、色々と深い考えをお持ちの方なので、話していて非常に楽しい。妻も交えて3人で歓談後、松川村のパンプローナで一緒に夕食。

blogがきっかけでこんな出会いがあるとはねぇ…縁とは不思議なものである。

夏休み4日目

6時半起きで自転車トレーニング。木崎湖までを往復。





帰宅し、一段落してからブランチを食べに松本にあるカレーバイキングのメーヤウへ。久しぶりだったが、カレーの種類が増えた様な気がした。



デザートは豊科胡蝶庵で抹茶パフェ。平日なのに表の駐車場に入ることが出来ない程の混み具合。



帰宅してからは、つなぎに着替えて一仕事。ボディカバーの洗浄と自宅のメンテナンス。ボディカバーは別記事の通り。

自宅のメンテは、網戸と掃き出し窓のレールの洗浄。網戸は外して洗剤で水洗い。掃き出し窓のレールもブラシで奇麗にした。本当は掃き出し窓も外して洗浄したかったが、時間と気力が無くてそこまではしなかった。

作業でくたびれたので、夕食は豊科かつ時でとんかつ。

4日連続でつなぎを着ての作業だ。夏休みだが、何か休んでいる気がしない…

ボディカバーの洗浄

■ボディカバーの洗浄

東京で使っているボディカバーを水洗い。車に接する内側を中心に、汚れが酷い部分はカーシャンプーで洗った。外側は水で流す程度。

theme : BMW
genre : 車・バイク

木崎湖往復

ロードバイクを安曇野へ移動して初の自転車トレーニング。早起きをして木崎湖へ向かった。MTBに比べて、ロードバイクはやはり楽だ。しかも道を選べば信号に殆ど引っ掛からない。自宅を出て木崎湖までの間に停止した信号は1つだけ。東京の幹線道路と違って排気ガスもトラックに幅寄せされることもない。東京ではスピンバイクでダイエット兼トレーニングを行い、安曇野に帰った時にだけ自転車に乗るのが正解であった。

走ったコースをGPSでロギングし、Google Earthに貼ってみた。
今日の走行距離は52Km。


theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

夏休み3日目

一昨日洗車したばかりなのに、午前中は雨が降る中を所用で松本へ。その後、ホームセンターで買い物。切れていたブレーキクリーナーや拭取り用のペーパーなどを購入。帰宅してブランチ。

夕べは妻と話が盛り上がったりで寝たのが遅かったせいか、眠くて仕方が無かったので仮眠。気付いたら夕方になっていた。空を見ると晴れ。いい塩梅に日陰もあり、天気予報を見るとこれからはずっと晴れ続きのようなので、もう一度洗車。

今日はあっという間に時間が過ぎた感じだ…

洗車

■洗車
ソフトトップとボディ、ホイールの水洗いと拭き上げ
PRO STAFFスリキズ消しポリマーの塗布

今日は朝から雨。一昨日洗車したばかりだが、所用で出掛ける必要があり、見事に汚れた。週間天気予報ではずっと晴れの予報なので、洗車することに。

ソフトトップの洗浄はBMWの純正クリーナーを使用。洗車後に、コーティング剤も塗布。一昨日に続き、妻も手伝ってくれた。どうもありがとう。

theme : BMW
genre : 車・バイク

夏休み2日目

今日は若干寝坊で8時半起床。つなぎに着替えてZ4のリアカメラ取り付け作業開始。リアカメラのビデオケーブルに変換コネクタが必要なことが判明。近所のホームセンターへ買いに行き、作業継続。結局作業はお昼過ぎまで掛かってしまった。

作業途中、妻の誕生日に買って上げたコレクションケースが到着。6~7年くらい前、やはり誕生日に、シュビップボーゲンと呼ばれるドイツの木工民芸品を買ってあげた。本来はクリスマスに飾るものらしいが、リーズナブルで気に入ったデザインの飾るケースが無く、箱に入れたままにしておいた。ところが先日行ったホビーショウで、フィギュアを飾るコレクションケースというキーワードで検索すると良さげなケースが見つかることが判明。妻が誕生日のプレゼントに欲しいというので、買ってあげた。大きなケースなので、私のコレクションも飾って良いことに。私もコレクションが若干あるのだが、やはり飾る場所がなくて箱にいれたまま。妻のコレクションとは対極的なコレクションだが、機会があれば後日紹介。このblogを読んでいる人なら、想像できるかもしれない。

遅いブランチは今日も妻とステーキ宮へ。意外に美味しかった上、肉体労働の後は肉を食べると一気に体力が回復するので今日も肉。連続で肉なんて、何年振りだろう。それでも体重計に乗ると、かなり体重が減っていたりする。普段のデスクワークより、肉体労働の方が健康的だ。

デザートはパティスリーチーアでケーキ。ここのケーキは安曇野では一番気に入っている。

帰宅して妻とケーキ&お茶。今日の夕飯はこれで終わり。うーん、カロリーを考えると夕食は抜きだ。

妻はコレクションケースと中に飾ったシュビップボーゲンが大層気に入ったようだ。私のコレクションもこうして見るとカッコ良くてたまらん。あっ、バレたか…。

BMW Z4(E85) リアバンパーカバーを外してリアカメラをDIYで取付

夏休みの工作第二段は、BMW Z4(E85)のリアバンパーカバーを外し、リアビジョンカメラ(バックカメラ)を取り付ける。

BMW Z4(E85)にはPDC(Park Distance Control)と呼ばれる超音波の障害物検知センサーが後部バンパーに取り付けられている。後退時、障害物を検知するとビープ音の間隔で障害物の距離を知らせてくれる。駐車時は基本的にこれで用は足りるのだが、リアの白線位置の確認や、背の高いタイヤ止めへのヒットを避けるために後方の画像が見えた方が良い。

幸いなことに、取り付けてあったカーナビは汎用のRCA入力のリアカメラに対応していた。ギアをバックに入れると、リアカメラに切り替わる。また、以前iPodを聞く為にDIYでMEDIABRIDGEを取り付けた時に、カーナビ本体にアクセスできたので、予めRCA出力のビデオケーブルを引き出しておいた。しかし、美しくリアカメラを取り付けるにはリアバンパーカバーを外す必要があることが判明し、広い作業スペースや作業時間が掛かるので先送りしていた。

今回は、前回達成できなかったリアバンパーカバーを外し、リアカメラを取り付ける作業をDIYで行う。

※ご注意
DIYによる作業はリスクを伴います。破損や怪我、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。あくまでも自己責任でお願いします。


購入したカメラは汎用品。Clarion クラリオン車載用リアビジョンカメラ(RCA入力付きモニター用)RC11C 価格は9500円。



先ずはカメラが本当に接続できるかチェックするため、電装系の作業から開始。カメラの電源はバックランプから電源を取る。ケーブルの引出し等を考慮すると、右側を使った方が作業効率が良いので右側を使う。

レバー90度傾けて、テールライト部のカバーを外す。



カバーを外すと、テールライト部のコネクタが見える。青/黄の信号がバックライト。コネクタを外し、巻いてあったビニールテープを剥いて、分岐タップを青/黄のケーブルに噛まし、リアカメラの電源線に接続する。グランドはクワ型端子を圧着する。テールライト部のコネクタの横のボルトはグランドに落ちているので、クワ型端子はこのボルトに噛ませる。



カーナビとリアカメラをRCAケーブルで接続し、エンジンをONにしてギアをバックへ。画像が映ることを確認。これで電気的には問題がない。



いよいよ本題。バンパーの下のネジを外したり、タイヤハウス内の作業効率を考え、リア側をジャッキアップしてウマを掛ける。車の下に若干もぐる形になるので、何らかの理由でウマが外れた場合の安全策としてボディの下にホイールを入れておく。



右側テールライトの上部にあるクリップを外し、内装をめくる。



覗き込むと、上の方にPDCユニットとコネクタが見える。リアバンパーカバーを外す時、このPDCのコネクタを引き出すことになるので、予めこのコネクタを外しておく。

このコネクタの外し方は、灰色のレバーを約90度上に傾けるタイプ。但し、爪でロックされているので、拡大写真右上から爪を押し、灰色のレバーを反時計方向に回す様にすると外れる。



内装をめくった下側に、PDCのケーブルが車内からバンパーへ引き出されている穴がある。リアカメラのケーブルも、ここの穴を使う。



バンパーの取り外し開始。写真はバンパーの左側を下から見上げたもの。ボルトを2本外す。



続いて中央と右側の合計4本のボルトを外す。



写真はリアタイヤハウスを前方から後方を見たもの。このタイヤハウス内のリベットを左右3本ずつ、合計6本外す。外し方は、中央部分をラジオペンチで引き上げ、マイナスドライバでリベット全体をこじると外れる。



ここからは作業は一人では難しいので二人が必要。リアバンパーカバーの上部を外側に力を広げると、クリップが外れる。これを左右共に外す。それから二人でリアバンパーカバー全体を後部に引き出す様に外す。

PDCのケーブルとライセンスプレートライト(ナンバープレート照明)のケーブルはまだ接続されているので、テンションを掛けない様に注意。



PDCのケーブルを防水のためのゴムブーツ(ゴムパッキン)経由で車内とリアバンパーカバー内部で接続されている。このゴムブーツを外す。一人がバンパーを支え、もう一人が外すと良い。



ライセンスプレートライトのコネクタを左右合計2個外す。このコネクタは爪を押しながら引き抜くタイプ。



リアバンパーカバーの取り外し成功。バンパーは傷が付かない様に、下にシート等を敷くと良い。私は100円ショップのレジャーシートを使用。



リアバンパーカバーを外した後部。見た事がなかったので、なかなか興味深い。



リアバンパーカバーの内側。PDCセンサーの配線が見える。



リアカメラ配線用の穴を開ける作業に入る。準備として、リアバンパーカバーの角をエアキャップで養生する。



リアバンパーカバーを寝かせて電動ドリルで穴を開ける。リアカメラのコネクタを通すため、直径は8mmくらい。リアカメラをセンターに取り付けるか、右側にオフセットさせるか悩んだ。センターに取り付けるとナンバープレートに被るので、右側にオフセットさせることにした。

穴をあけてしまったらもう後には引けない。



ヤスリで穴の大きさを微調整。



リアカメラのコネクタを通す。PDCのケーブルを留めていたタイラップ用のマウントを拝借し、PDCのケーブルとリアカメラのケーブルを一緒にタイラップで巻き直し。



PDCのゴムブーツも拝借し、リアカメラのケーブルも一緒に通す。通した後は、元と同様にビニールテープで巻く。



リアカメラのコネクタを通す必要上、穴はケーブルに対して若干大きめ。下向きなので雨水が入る様なことはないが、跳ね上げた水が入り難くなるよう、一応ビニールテープで内側から塞いでみた。



逆の手順でリアバンパーカバーを取り付ける。やはりこの作業も二人での作業が必要。

ライセンスプレートライトのコネクタ2個の再接続と、PDCのケーブルを車内に入れることを忘れずに。ゴムブーツも元の通りに取り付ける。

リアバンパーカバーの取り付けは基本的に押して嵌め込む。

PDCのケーブルを再接続。リアカメラのビデオケーブル及び電源ケーブル類は束ねてタイラップで結び、めくった内装の下に収納。基本的にケーブルが露出することなく収納可能。

内装をクリップで留め、テールライト部のカバーを取り付ける。

ブレーキクリーナー等で脱脂後、リアカメラの向きと角度を合わせ、両面テープで貼付けて作業は完了。



なかなか奇麗に取り付けられた。



思っていた以上に目立たない。素晴らしい。自画自賛。



実際にリアカメラを使ってみると、やはり便利である。この手の車は後方視界が良い方ではないため、音の情報だけでなく、目で見えるメリットは大きい。PDCと組み合わせることで、安心感は倍増。

theme : BMW
genre : 車・バイク

夏休み初日

窓を開けて寝たら寒くて6時頃に目が覚める。目覚ましは6時半にセットしておいたので、そのまま起きてしまった。Webでニュースをチェックした後、つなぎに着替えてZ4の内装アルミパネルの交換。お昼前に完了。

昼は妻とステーキ宮でランチ。ステーキ宮はまだ実家に住んでいた中学か高校の頃に行ったのが最後で数十年振り。当時の味は覚えてないが、コストパフォーマンスは絶大の様な気がする。

その後、みさとミルクでジェラート。この辺りではジェラートと言えば彩香が有名だが、夏場はあまりの混雑でいつも避けてしまう。みさとミルクのジェラートもかなり美味しいが、場所が農道から見え難い場所なので混雑してないのが良い。ついでに隣の三郷サラダ市で野菜やトウモロコシを購入。

帰宅後、日陰が出来たので洗車した。
明日も朝から車と戯れる予定…

BMW Z4(E85) 内装アルミフィニッシャー(パネル)をDIYで交換

BMW Z4(E85) の内装には、アルミのへアライン処理されたパネルが装備されている。正式な呼び方はわからないが、ブラッシュドアルミインストゥルメントトリムとか、アルミフィニッシャーパネルとか色々な呼び方がされている。

友人のSちゃんからも、このアルミパネルは高いから傷付けないように注意した方が良いとアドバイスされていたのだが、先日、不覚にも傷を付けてしまった。走行性能には影響が無いので放っておくというのも手だが、車を大事にしている自分としては精神衛生上非常によろしくない。モノがモノだけに、ディーラーに頼めば部品代と工賃で間違いなく2桁コースであろう。ということで、自分で修理することにした。

部品はドイツから直接購入した。詳細はそのうちBMWをDIYで修理する方法として、修理マニュアルや部品の入手方法等を別記事で書く予定。

ということで、これが問題の傷。光の具合によっては目立つ。ヘアライン処理されているので、耐水ペーパーやコンパウンドで削って直すのも不可能。ということで、アルミパネルを1枚交換となった。

※ご注意
DIYによる作業はリスクを伴います。破損や怪我、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。あくまでも自己責任でお願いします。




先ずは助手席側のエアグリルを外す。上部ネジのキャップを外すとネジが現れるので外す。



ドリンクホルダーを出すと、下部のネジが見えるのでこれを外す。



引き出すと、エアグリル一式が外れる。



センターフレッシュエアグリルを外す準備。私のZ4にはエアグリルにカーナビが取付られているので、カーナビのマウントを外し、傷が付かないようスポンジで保護。



エアグリルを外すための簡易治具を作る。エアグリルを傷付けないよう、細身のマイナスドライバーにビニールテープを貼って保護。先端部だけ露出させる。これを2本用意。



エアグリル吹き出し口の上部を覗き込むと、金具が見える。これを2箇所、上記マイナスドライバーで同時に下げる。



これは外した状態。このような金具が付いている。



こんな感じで2本のマイナスドライバーで同時に押し下げながら、手前に引き出す。結構力が必要で、且つ、コツがいる。



エアグリルを引き出した後は、カーオーディオを取り外す。カーオーディオ上部の2本のネジを緩めると、手前に引き出せる。



カーオーディオには大きいコネクタと小さいコネクタの2つのコネクタが接続されている。大きいコネクタは、上部のツマミを摘んで90度後ろへ倒せば、テコの原理で簡単に抜ける。小さいコネクタは引っ張るだけで抜ける。

オーディオを外した後、4隅にあるネジ4本を外す。



今回交換するのは右ハンドル車の左パネル。パネルの左端(助手席の左手)だけ、特殊な留め方をしている。この写真は、説明し易い様に、外した後の写真となっている。

アルミパネルはダッシュボードのプラスチック部に差し込まれたあと、右手の円形の部品が後部(外した助手席側エアグリルの内側からアクセス)から嵌め込まれ、左手のV時型の金具を上から差し込んで固定されている。

このV時型の金具を上部に持ち上げて外す。



助手席側エアグリルから覗いて見たV時型の金具。左手をエアグリルを外した場所から入れて、V時型金具を持ち上げるようにすると外れる。

外した後、傾斜しているのでリングがそのまま下に落ちるので注意が必要。



カーオーディオを外した穴に手を掛け、引っ張って隙間を作る。アルミパネルはかなり頑丈なので、曲がったりはしない。隙間が空けば、幅広タイプの車内内装外し工具(リムーバー)を用い、ダッシュボードに傷が付かないようテコで外していく。

しかし、ここで洗礼を受けることになる。アルミパネルの内側の取付部には、内部でダッシュボードの嵌め込み用の穴と噛む様な金具が装着されている。引っ張ることで、これが内側に落ちる。購入した新しいパネルには新品の金具が予め装着された状態で納品されるので見なかったことにしても良いのだが、下にはヒューズボックスがあるので最悪の場合ショートしたり、走行中の振動で異音の原因になる可能性があるので取り除く。



ということで、落ちた金具を拾うため、グローブボックスからアクセスする。ヒンジを外した後、ネジを4本外す。グローブボックスの外し方は、ドライブレコーダー取付の記事を参照。



更にヒューズボックス部分とその右側の計2本のネジを外すとグローブボックスが外れる。グローブボックスの上部や周辺を探すと、金具が落ちているので回収する。



今回新品のアルミパネルはドイツのSPEED AUTOTEILEから直接購入した。詳細は後で別記事で書く予定だが、見積がユーロで来る。支払いはPayPal。価格は日本円で下記の通り。

部品代(部品番号 51456961777)約36000円 
送料(UPS)約10000円
フューエルサーチャージ 約1500円 (UPS / DHLの場合は発生)
保険 約1200円

送料その他を入れても合計で約5万円。特に部品が安いのには驚いた。確かにドイツでは国産車だから当たり前なのかもしれない。他にも色々と部品を調査したが、想像を絶する安さであった。ディーラーなら部品代はこの倍?はするだろうから、多分工賃を入れるとやはり2桁は行くのだろう。

この手のパーツは基本的に海外のサイトを探すことになる。今回、パーツ番号を調査すると、左ハンドル車の右部品なのか、右ハンドル車の左部品なのか、図や写真、表記が違っていたりで混乱していた。SPEED AUTOTEILEはドイツの会社だが英語が通じるので、何度かメールのやり取りをした。メールの回答は迅速で、しかも非常に丁寧。自分で調査した部品番号に自信が無かったので、本当に右ハンドル車の左パーツかどうか質問したところ、わざわざドイツのBMW本社に尋ねてくれて、速攻で返事をくれた。対応は非常に良かった。

また、運送会社は基本的にUPSかDHLを使う。送料は高めだが、荷物はドイツから発送され2日間で自宅へ到着。これには驚いた。梱包も非常に丁寧であった。



アルミパネルの部品は薄い物では無い。厚くて重厚感がある。作りもしっかりしており、簡単に曲がったりはしない。立派な部品だとは思っていたが、見るからに高そうなパーツである。



新しいアルミパネルの取付準備。カーオーディオのネジの受け側は、外した部品から移植する。



パネルはかなり強く押さなければ嵌らない。シートに座ったままでは無理だった。オープンの状態にしてドアを開け、車外から押し込んでやっと嵌った。

後は各部品を逆の手順で組み上げて完了。個体差かもしれないが、センターフレッシュエアグリルがなかなか押し込めなかった。どうもグリル上部中央の突起がアルミパネル内部と干渉していたので、グルリ上部中央の突起(プラスチック)をヤスリで0.5mm程度削ったところ、うまく嵌め込むことができた。



走行テストもしたが、特に異音等の発生も無かった。傷も無くなり、以前の奇麗な状態に復帰。やはり気分が良い。

今回の作業は結構大変であったが、BMWの部品は大抵が入手可能で、しかも安く購入できることが分かったことは大きな収穫であった。

theme : BMW
genre : 車・バイク

洗車

■洗車
ボディ及びホイールの水洗いと拭き上げ

夕方、日陰が出来たので洗車開始。ボディが熱かったので、拭取り前に水滴が蒸発してイオンデポジットにならないよう注意を払いながら洗車。

theme : BMW
genre : 車・バイク

MacBook Pro 起動せず→リカバリ成功

夏休み初日から出鼻をくじかれたが、MacBook Proのリカバリーモードの優秀さによって救われた。

昨夜移動し、MacBook Proに電源をつないで起動。ん?何かおかしい。アップルマークが表示され、スピンドルが回転するがそのまま5分待っても起動しない。もしやと思って本体に耳を当てると、「カショーン、カショーン、…」と1秒程度周期で嫌な音がしている。これはHDDが逝ったか?

早速リカバリディスクでDisk Utilityと思ったが、良く考えてみるとそんなディスクが添付されていた記憶がないし、あったとしても今回はACアダプタしか付属物は持って来てない。調べてみると、起動時に[command] + [R] キーでリカバリーモードに入るのであった。しかも、このリカバリーモードのOSやユーティリティのソフトウェア群自体はどうも内蔵のフラッシュメモリに入っているようだ。素晴らしい。

早速Disk UtilityでHDDのチェック。特に起動しないような問題は無かった。想像するに、起動時にOSがアクセスする何かのシステムファイルが格納されているセクタにたまたまバッドセクタが発生し、リードでリトライを繰り返しているように思う。必要なシステムファイルが根本的に読めないようではしょうがない。OSの再インストールを試みる事にした。

このリカバリモード、更に驚くべき機能があった。リカバリーモードのOSで無線LANがつながり、Mac OS Xの再インストールができるではないか。しかも、このMacは元々OS X Lionモデルだが、先日アップデートしてOS X Mountain Lionをインストールしたばかりであった。そのアップデートの状態も認識し、ネットワークからOS X Mountain Lionをダウンロードしてインストールしてくれる。賢過ぎる…

こういう普段は見えない部分に出来の良さを感じさせるところがAppleである。一般の人から見ると地味な機能ではあるのが、こんな機能にさえ徹底的に拘り、何かあった場合は気持ち良いくらい奇麗に事が進められるところがAppleの本当に強みなのかもしれない。こういう経験をしてしまうと、価格が高くても次はAppleを選んでしまう。

待つこと約1時間。OS X Mountain Lionの再インストールは無事終了。何事もなく、昨日シャットダウンした時と全く同じ設定、状態で起動が成功して問題は解決した。その後HDDは大丈夫そうだが、一応様子を見ながら状況によっては交換を考える。

Time Machineには何度か救われたが、OS Xのリカバリーモードがこんなに素晴らしいとは…

夏休みスタート

昨日は早めに仕事を終えて安曇野へ移動。今日から世間よりちょっと早い夏休みスタート。今回はちょっと長めに休みを取ったのでゆっくり出来そうだ。と言ってもいつもの如く、車をいじって自転車を漕ぐ日々になると思われる…
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。