スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Elecrowでプリント基板を作ってみた

基板を作る際は国内のプリント基板製造サービスを使っていたのだが、今回は2層の簡単な基板だったので試しにElecrowを使ってみた。

結論から言えば、試作なら十分問題なさそうだが、量産では注意が必要かもしれない。今回は同一設計の基板を2版分作った。下記はその比較写真。比較のため、初版、第二版共に変更が無かった基板の一部の拡大である。

初版の基板写真。レジストは黒色。オプションとしては Lead time -- Rush 24h, Shipped in 2-3 days を選択。春節後の混雑時期だったせいか、発注から到着までDHLで8日間だった。急ぎのオプションにしたのに Status が In Production のまま変わる気配がなかったので、Webにあるチャット機能で問い合わせたら今日中に発送しますの返事。問い合わせなかったらもう少し遅れたのかもしれない。価格は10枚で送料込み総額$52.07。実際は12枚届いた。

初版の基板品質はまぁまぁって感じ。特に問題になるような部分は見つからなかった。黒のレジストはパターンが見難くい。



二版の基板写真。レジストは赤にした。同じくオプションとして Lead time -- Rush 24h, Shipped in 2-3 days を選択。今回は配送業者の選択に OCS/ANA Express が選択可能だったのでこれにした。発注から到着まで5日間だった。今回は早い。価格は10枚で送料込み総額$49.73。実際は前回同様12枚届いた。

品質はちょっと?な感じ。初版も第二版もシルクのフォントを若干小さくしたり位置を変えただけで、写真部分のガーバーは全く同じ。にも関わらず、部品のシルクがランドに被っていた。試作ならいいけど、量産ではちょっと考えてしまうかも。



とは言え、この驚愕の価格と納期では、今後もお付き合いすることになるだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。