スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷蔵庫 TOSHIBA GR-W50FB(W) のオートクローズドアをDIYで修理

2年程前、我が家の冷蔵庫である東芝GR-W50FBの製氷機のDIY修理記事を書いた。冷蔵庫の修理なんて誰も興味は無いだろうと思ったが、一応記事にした。車やガジェット類をバラす時は大抵詳細に写真撮影するのだが、冷蔵庫に限っては撮影することさえ忘れてしまい、テキストだけの記事となった。

blogには、本サイトを訪れた人がどんな検索キーワードでこのサイトに辿り着いたかを調べる機能があるのだが、実は意外に「東芝冷蔵庫 製氷機 修理」など冷蔵庫関連のキーワード検索で訪れる方が多い。予想以上のアクセス数なので、きちんと写真を撮れば良かったと後悔している。

ということで前置きが長くなったが、今回はオートクローズドアが壊れたので、忘れずに写真を撮りながら修理した。

妻から、冷蔵庫の両開きドアの左側が押し込まないと閉まらなくなったので見て欲しいと依頼があった。本来ならば、オートクローズ機能により、軽くドアを閉めると途中から冷蔵庫が自力で最後までドアを閉め切る。この機能が完全に壊れたようだ。左ドアを開けた状態で冷蔵庫本体の上部を見ると、左側からダンパー、ドアフックのロック機構(冷蔵庫本体にドアフックが噛む部分)、電動タッチオープン用ソレノイドが並んでいる。この中央のドアフックのロック機構を覗くと、スプリングが外れている。単に外れたか、スプリングを支えている部分が折れたかのどちらかであろう。手前側は折れた形跡が無いので、奥が外れたか、折れたことになる。冷蔵庫天板の開閉機構用カバーを外して調査する。

冷蔵庫天板の開閉機構用カバーは4つのネジをプラスドライバーで外し、少々力を入れると外れる。左ドアのドアフックのロック機構を見ると、案の定スプリングを支える支柱が折れていた。



これは正常な右ドアの同じ部分。やはり折れた事に間違いはない。スプリングはかなり強力なので、接着剤で折れた支柱を貼ってもテンションに耐えられないだろう。

恒久対策としては部品の交換だろうが、幸いに、支柱部分のプラスチックは肉厚なので、この部分でスプリングを支えることは出来そうだ。DIYで修理対応することにする。



ということで、ネジ5本を外してドアフックのロック機構を一度取り外し、折れたプラスチック支柱の下部付近に直径1.5mm程度の穴を電ドルで開けた。この穴にスプリングを引っ掛ける。



スプリングをラジオペンチで引っ張り、開けた穴に差し込み、カバーを戻して修理完了。

動作確認すると、オートクローズドアは無事復活した。修理成功。操作感も特に違和感無し。ちなみに修理時間は10分程度であった。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

感謝です。
我が家も同じ症状で折れてました。しかも左右の支柱両方です。
こちらを拝見できて自分でもできました。
ありがとうございました。

Re: No title

こんにちは。コメントありがとうございます!
いやぁ、やはり冷蔵庫ネタ、読まれている方が多いのですね。
やってみると意外に簡単な修理でも、実際に修理依頼すると出張費やら何やらで時間もお金も掛かるものです。お役にて立てた様で何よりです。

No title

写真入り解説、ありがとうございました。
大変参考になりました。

修理見積もりで12000円と言われ、そろそろ買い替えするかどうかの冷蔵庫に12000円は高いと思いdyiチャレンジしてみました。
キリでバネが引っかかる程度のくぼみをつける事しかできなかったので、応急的な対応ですが、これで半ドアアラームから解放されます♪

Re: No title

こんにちは。コメントどうもありがとうございました。
まぁ殆どが人件費なんでしょうが、12000円とは結構高いですね。
キリでくぼみを付けたとのことですが、開閉時の振動等で外れなければ大丈夫だと思います。
お役に立てて何よりでした。

No title

型違いの東芝製で同じ症状でした。
最初オートクローズ機構というものを知らず原因がわからなかったので、下にある足の高さを高くして閉まりやすくしましたが根本解決には至らず、改めて検索するとこのページに。
写真付きで分かりやすかったです。ありがとうございました。
うちでは、開けた穴にバネを引っ掛けた状態だとバネが強くなりすぎて開けた時カチカチ音が大きく気になったので、穴に針金を結び、その針金にバネを引っ掛けました。

Re: No title

コメントありがとうございました。
やはり同様の症状で故障する場合が多いのですね。お役に立てて何よりです。

こんな時期に故障(12年)してしまい、霜付きによる冷蔵室(冷凍室だけ冷えている)不良が発生しました。お盆の帰省ついでに冷蔵庫の電源切って霜付き解消!そしてこのページのお陰て右側ボス破損の修理もしました。買い替え時期なのですがお陰さまでもう少し延命しそうです。ネジ打ちの他のwebもありましたが穴開けの方がスマートでした♪ 情報感謝しますm(__)m

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです。我が家の冷蔵庫も延命によりまだ現役です。

> こんな時期に故障(12年)してしまい、霜付きによる冷蔵室(冷凍室だけ冷えている)不良が発生しました。お盆の帰省ついでに冷蔵庫の電源切って霜付き解消!そしてこのページのお陰て右側ボス破損の修理もしました。買い替え時期なのですがお陰さまでもう少し延命しそうです。ネジ打ちの他のwebもありましたが穴開けの方がスマートでした♪ 情報感謝しますm(__)m

天板の外しかた

冷蔵庫 TOSHIBA GR-W45FBのオートクローズドア機構を構成する部品が破損してしまい、このサイトにたどり着きました。

天板が外せずに困っています。

ネジを4つ外し、手前側を押し込みながら持ち上げると手前側中央部分は外れましたが、両端手前側が外れません。
リンク先の写真のような状態です。
外しかたのコツのようなものを覚えてらしたら教えて頂けないでしょうか。

https://drive.google.com/open?id=19cCsZ4C5mMnwjq5N_ZHq3sQGKpsNRbQM

Re: 天板の外しかた

まるもさん>写真閲覧承認どうもありがとうございました。写真を拝見しました。
先ほど改めてウチの冷蔵庫の現物も確認しました。ウチの冷蔵庫は4本のネジを外したところ、簡単に天板が外れました。ただ、天板の左右側面に、ツメがあるようです。もしかすると、このツメが外れないのかもしれません。天板の左右側面の隙間から、マイナスドライバー等で爪を折らないよう、優しく外側に開くようにコジってみてはいかがでしょうか? この程度のアドバイスしかできずに申し訳ないです。

> 冷蔵庫 TOSHIBA GR-W45FBのオートクローズドア機構を構成する部品が破損してしまい、このサイトにたどり着きました。
>
> 天板が外せずに困っています。
>
> ネジを4つ外し、手前側を押し込みながら持ち上げると手前側中央部分は外れましたが、両端手前側が外れません。
> リンク先の写真のような状態です。
> 外しかたのコツのようなものを覚えてらしたら教えて頂けないでしょうか。
>
> https://drive.google.com/open?id=19cCsZ4C5mMnwjq5N_ZHq3sQGKpsNRbQM

Re: 天板の外しかた

正面手前側のツメを外し、その流れで天板を外そうとして失敗していました。天板の左右に外側から内側に入り込むツメがあるとのことでしたのでそれを意識しながら奥側から持ち上げたら外すことができました。

助かりました。ありがとうございました。

ちなみに我が家のケースでは、写真の黒い部品のネジのネジ山がバカになり、外れたことが原因で、黒い部品が割れてしまったようです。

少し大きいサイズのネジを探し、固定できれば割れたままでもオートクローズドア機能は復旧できそうです。もうこの部品はメーカーに在庫がなさそうです。

https://drive.google.com/open?id=1_9LSvo47a2KUFUkTm8KP8yiqoONrxCD5

https://drive.google.com/open?id=1JG_TgdYafV0jiLsJOMKAyA8xzdm7nkuq

Re: Re: 天板の外しかた

まるもさん>
お役に立てたようで何よりです。
確かに黒い部品が割れていますね。タッピングのネジでしょうから、探せば見つかりそうですね。
うまくいくことを祈ってます。

> 正面手前側のツメを外し、その流れで天板を外そうとして失敗していました。天板の左右に外側から内側に入り込むツメがあるとのことでしたのでそれを意識しながら奥側から持ち上げたら外すことができました。
>
> 助かりました。ありがとうございました。
>
> ちなみに我が家のケースでは、写真の黒い部品のネジのネジ山がバカになり、外れたことが原因で、黒い部品が割れてしまったようです。
>
> 少し大きいサイズのネジを探し、固定できれば割れたままでもオートクローズドア機能は復旧できそうです。もうこの部品はメーカーに在庫がなさそうです。
>
> https://drive.google.com/open?id=1_9LSvo47a2KUFUkTm8KP8yiqoONrxCD5
>
> https://drive.google.com/open?id=1JG_TgdYafV0jiLsJOMKAyA8xzdm7nkuq
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。