スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac版 Punch! ViaCAD Pro v9 を使ってみての感想

Mac版の3D CADであるViaCAD Pro v9を使って約1年になる。感想などを書いてみる。



結論
気合いを入れた複雑な設計をするには覚悟が必要。比較的軽い作業のアマチュア向けかも。もしくは、SolidWorksやSpaceClaimを買う予算はないが、どんな困難も乗り切る自信があればお勧め。安いものにはリスクが付き物で、それを気合と根性で乗り越えることができてこそ、安さの恩恵を被れる。
あと日本には代理店もサポート拠点もないので、マニュアルも情報掲示板もサポートとのコミュニケーションも全て英語を使う必要あり。

先に悪い部分から。

悪い部分
バグが酷いし、修正されない(使用しているのは最新のv9.0.0 Build1109)。バグの種類も多く、その内容も深刻なので、それを回避しながら進める必要がある。

例:DXFをインポートするとグダグダ
回路とプリント基板をEAGLEで設計したので、そのプリント基板のデータをDXFにエクスポートしてViaCADにインポートして取り込んだ。プリント基板のパッドやホールが一つ一つのサークルやラインに分解されてしまい、移動が大変なのでグループ化。しかし、それらグループ化したパーツを移動しようとすると、移動したはずなのに元の場所に同じパーツが残ってしまったり(複製されたようになる)、場合によっては分解された状態になってしまう。この現象が起こったり、起こらなかったり、再現性も不安定。また、Undoも効かない場合もあるので、数アクション作業をしては、別な名前でデータを保存しながら設計を進める必要がある。まぁセルフタイムマシンをやらないと、後で苦労する。このバグで何度も数時間単位で作業を無駄にしたことがある。

例:遡っての修正が失敗する確率が異常に高い
ヒストリーベースのCADなのは良い。しかし、当たり前の作業である過去に遡っての修正がうまくできる確率が低く(体感で50%もないと思う)、複雑な設計をすると大抵は失敗する。しかも、エラーが出た後に、アプリケーションがクラッシュして強制終了されることが多い。本来であればヒストリーとして記録された以前の作業に対し、その作業に修正を加えれば(例えばサイズ変更等)その修正結果がその作業以降の作業に全て反映されて正常に作業が終了するはずである。推測だが、上述のDXFのインポートをするとこの異常終了の発生確率が高いように思える。たまにエラーダイアログも出力するのだが、フィレットが正常に戻せないというエラーダイアログが出て、その後にクラッシュする。このバグでも何十時間という時間が飛んだ。ワークアラウンドとしては、以前の作業の修正をする前は、必ず保存。大抵の場合は失敗するので、クラッシュ後にファイルをリロード。ヒストリーを手前の作業から自分で外す(加算作業をしていたら加算作業を削除、フィレットは自分でフィレットを削除)していき、目的の修正作業を行ったあと、加算やフィレットを再度加える必要がある。物凄い手間がかかる。というか、殆ど再設計し直しって感じ。

例:細かいバグも多数
グリッドのスケールが何度設定しても、アプリを立ち上げ直すとさりげなくマイナーグリッドが-1されていたり(このバグで何度もサイズをミスった)、時々オブジェクトの回転操作が効かなくなったり。他にも思い出せないが何個かあった気がする。まぁこれらはクリティカルじゃないので、再設定したりアプリを再起動すれば直るので良しとする。

良い部分
コストパフォーマンス「だけ」を見れば最高。$250でしかもMac対応。
この価格でIGESやSTPをエクスポートできる3D CADは他にない。
やりたいことは一通りできる。
使い勝手も慣れの問題だろうが、悪くはないと思う。
サポートは早い。
技術的なサポートの場合、多分調査するからデータを送れとかの話になりそうだし、DXFをインポートするという割と普通の問題が解決できてない状況から最初から期待はしてないので敢えて質問はしなかった。しかし、先日技術とは違う問題が発生したのでサポートを受けた。年末にMacを買い換えたら、1ヶ月経過したあたりからアクティベーションのトラブルが発生した(多分無料評価中の1ヶ月は普通に使えていたのだと思う)。ViaCADを起動しても、エラーのダイアログが表示されて起動しない。こりゃ大変だということで、購入時に届いたアクティベーションコード通知メールのリンク先にあった、サポートのWebフォーム経由で質問をした。こちらが夜で向こうがビジネスアワーだったことも幸いし、30分もせずに回答が来た。こちらに表示されているアクティベートコードを送ると、それに対応するキーを送るので、それを入力すれば復帰するとのこと。確かにアクティベートコードが表示されていたので、それを送った。その後また30分もしないうちにキーが送られてきて、それを入力したら無事解決。非常にレスポンスが早くて素晴らしい。

総評
複雑な設計が多いし、土日祝日作業という貴重な限られた時間で作業をすることが多いので、時間を買う意味でSolidWorksやSpaceClaimを買うことを検討中。Windowsでの作業は嫌だけど…

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。