スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブレコーダー PITTASOFT BLACKVUE DR400G-HD

先日、信号無視の車と接触しそうになった。証拠としてどこまで使えるかは分からないが、保険という意味でドライブレコーダーを導入することにした。

国内メーカーの物から調査したが、結局、韓国PITTASOFT製のFull HDドライブレコーダー BLACKVUE DR400G-HD が性能及び価格でずば抜けていることが分かった。国内メーカー品は惨敗、というか足元にも及ばない。国内製を買いたかったが寂しい限りである。

詳細は上記リンクからメーカーサイトを直接参照して頂くとして、主な特徴を挙げると、

 Full HD録画(1980x1080@30fps)
 常時撮影
 電源断でも内蔵バッテリーによって正常に書き込みを終了
 GPS内蔵
 SDHCカードへMP4で録画、PCで変換無しで再生可能

など、過剰とも思えるスペック。基本的に国内では扱ってないので、ebayで個人輸入することにした。価格は円高ということもあり、約17387円であった。これには韓国からの速達の送料と、SDHCカード16GBも含まれる。性能を考えると激安と言えるだろう。

ebayで発注すると、下記の様に見事に2日間で物は届いた。また、こちらが韓国語を理解できないと知ってか、英文マニュアルのPDFと英語版の最新ファームウェアをダウンロードできるURLも別途メールで知らせてくれた。物の性能だけでなく、サービスも良い。韓国恐るべし。



という訳で、開封から装着、サンプル動画、感想などを書いてみる。

この機種は初期ロットに不良があるという噂が掲示板にあった。届いた商品のシリアル番号は、DR4GS1B100XXXXであり、掲示板で話題になっているロットのものでは無かった。あくまでも掲示板の噂なので、本当に不良なのか外的要因(バッテリーの電圧やノイズによる影響等)なのかは不明である。

届いた商品は、すぐに英語版のV1.037へアップデートした。今の所問題無く正常に動作している。

まずは外箱。非常に立派。高級感もある。





韓国国内向けなのか、箱も紙のマニュアルも韓国語表記。



一般の有名メーカーのガジェット類と何ら変わらないパッケージ内容やデザイン。





※ご注意
下記はあくまでも作業例であり、動作を保証するものではありません。また、DIYによる作業はリスクを伴います。破損や怪我、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。あくまでも自己責任でお願いします。


さて、BMW Z4(E85) へ取り付け。

電源はシガーライターから取らない。Z4のシガーライターは常時給電のため、バッテリーが上がってしまうからである。Z4の配線図を調査したところ、グローブボックスのヒューズ F2 がエンジン始動中に給電する予備ヒューズであることが判明。そこから拝借することにした。

先ずはヒューズボックスへアクセス。グローブボックスのダンパーに装着されているクリップを外す。



板状のボタン?を2カ所押すとグローブボックスは下まで全開でき、ヒューズボックスにアクセスできる。



ヒューズボックス登場。いつ見ても奇麗。



ヒューズから電源を取り出すには、エーモン製のヒューズ電源を使う。F2のヒューズは10Aだったので、同じ10Aの物を選択。取り出しは5Aまでだが、そんなに電流は流れないので問題無し。



F2に挿して完了。ACCでは通電しないが、エンジン始動中(ACCからもう一段回したON)の場合は通電することがテスターで確認。配線図通り。ドライブレコーダーなので、ACCでは動作せず、エンジン始動中だけ動いてくれた方が都合が良い。



ドライブレコーダー DR400G-HD に付属していたシガーライターから電源を取るケーブルを加工する。シガーライターのケーブルを切断し、赤の+12Vはギボシ端子を接続してヒューズボックスから取り出した電源に接続する。黒のグランド側はクワ型端子を接続し、グローブボックス内でフレームグランドに落ちてそうな適当なネジに接続。接続後の写真は撮影するのを忘れてしまった。



このドライブレコーダーは気が利いている。カメラの位置合わせ用に、コンポジット出力機能が付いている。おまけにケーブルまで付属。なので、いわゆる黄色のビデオ端子付きのテレビがあれば、テレビを見ながらカメラの位置決めが簡単にできる。インストール作業にまで気配りをするとは…。

ということで、装着完了。



撮影サンプルは下記。前半の昼間の映像はHD(1280x720)で撮影、後半の夜間はFull HD(1980x1080)で撮影している。Full HDでなくてもHDで充分奇麗なので、実際の運用ではHDを使っている。録画時間も長くなるし。

動画はiMovieで編集しているが、解像度は落としてない。見た感じもオリジナルとほぼ一緒。画質は文句無し。夜間も非常に奇麗である。気になったのが信号機。点滅無しで奇麗に撮影できる信号機もあれば、点滅しているように見える信号機もある。どうも信号機のメーカーか型番に依存しているように思える。LEDは点灯しているように見えても実は高速に点滅している回路構成の場合がある。その周期とカメラのフレームレートが同期してるのかもしれない… まぁ、赤か青かは認識できるので問題は無いが。



性能、デザイン、サービス。全てにおいて国内メーカーの水準もしくはそれ以上であり、価格は激安。信頼性は実際に使い続けてみないと分からないが、韓国メーカーが国内メーカーにとって、とてつもない脅威であることを改めて実感した一品であった。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

車載カメラとしても使える「ドライブ・レコーダー」の選び方

「[N] 【閲覧注意】ドライブレコーダーに記録された事故の動画」という記事をみて一番驚いたのは事故の映像ではなく、ドライブレコーダーの価格。 2790円!? え、え、え、何その低価

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。