スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイティングロード製スピンバイクのペダル交換(ビンディングペダル化)



ファイティングロードのスピンバイク (Fighting Road Speed Bike BC4620)のおかげで順調に体重は減っている。コストパフォーマンスは良いのだが、どうしてもサドルとペダルだけが気に入らない。サドルは通常のロードバイクやMTBと互換があるので交換したが、ペダルは軸のサイズが違うので最初は交換を諦めた。一般のロードバイクやMTBのペダル軸のサイズは9/16インチ。このスピンバイクの軸サイズは1/2インチである。

調査を続けると、このスピンバイクのボトムブラケット(BB)はアメリカンタイプであることが判明。アメリカンタイプのボトムブラケットはベアリング外径41mm、カップ外径51mm。スピンバイクのカバーを外し、ボトムブラケットをノギスで測ると正にこれである。昔のBMXやビーチクルーザーの自転車がアメリカンタイプらしい。また、これらのペダルの軸サイズも1/2インチが多い。どうやらスピンバイクやエアロバイクは、昔のBMXやビーチクルーザー系のドライブトレインと同じ物が多いようだ。

BMXのパーツを調べると、クランクによっては9/16インチの軸サイズの物もある。但し、殆どがワンピースでなく、3ピースタイプのクランクになる。ボトムブラケット、クランク、チェーンリング、要はドライブトレインを総取り替えすれば、ペダル交換が可能になる。

ということで、ペダル交換に挑戦した。ちなみにこの改造を行うとオリジナルのチェーンカバーは装着できなくなる。

※ご注意
DIYによる作業はリスクを伴います。破損や怪我、メーカー保証が効かなくなる場合もあります。あくまでも自己責任でお願いします。


先ずはパーツ集め。BMXのパーツはマイナーらしく、国内では所望のパーツを見つけることが出来なかった。結局USのショップで購入することにした。購入したのは、ACEBMX.COM というショップ。日本への発送もしてくれるが、問い合わせ等は英語を使う必要がある。

買ったパーツは以下の通り。



チェーンホイール
 REDLINE FLIGHT RECLUSE BMX CHAIN WHEEL /
 19mm spindle bore / Sprocket Gear Size - 46T
ボトムブラケット
 BB SET FOR 3PC CRANKS American 19mm
チェーン
 KMC Z410 Chain 1/2" X 1/8"
クランク
 NITROUS THRUSTER 175mm

合計価格は送料込みで約$160。日本円で約13000円であった。

スピンバイクオリジナルのチェーンホイールは44Tだったが、クランク長はスピンバイクオリジナルより長めになるため、46Tをチョイスした。パーツ選択のポイントとしては下記の通りである。

 ・クランクのペダル軸のサイズが9/16インチ。
  ※これはメーカーのサイトの製品ページを見れば、大抵は書いてある。
 ・ボトムブラケットはアメリカンタイプ。
 ・ボトムブラケット、チェーンホイールのスピンドルの軸サイズが同一。
  ※19mmの物が多い。

これらを満たせば、このスピンバイクには取り付けが可能だと思われる。

作業は以下の通り。先ずはペダルとカバーを外す。



スピンバイクオリジナルのボトムブラケットはワンピースタイプ。6角ネジをスパナで外す。



六角ネジを外した後、溝が2本あるリングをマイナスドライバー等で軽く叩き、回して外す。



ワンピースのクランクが外れた。オリジナルのチェーンホイールは44T。



オリジナルのボトムブラケットのカップは嵌め込み式。マイナスドライバー等で軽く叩き、こじると外れる。



ボトムブラケットのカップが外れた。



購入したボトムブラケットを取り付ける。左ペダル側ベアリング、右ペダル側ベアリングの間に付属の金属チューブを挟んで双方のベアリングを嵌め込んだあと、付属のスピンドル(軸)を差し込む。



付属の六角ボルトでチェーンリングとクランクを取り付けた後、クランクをスピンドルへ噛ませ、六角レンチで締め込んで圧入する。

チェーン取り付け前には、フライホイールの軸のナットを緩め、テンション調整ネジを回してテンションを緩めにしておく。



チェーンはチェーンカッターで長さを揃えた後、チェーンに付属しているスプリングクリップコネクターで接続。



テンション調整ネジを回してチェーンに適切なテンションを掛ける。チェーンの張りの遊びは15mm〜20mm程度。



ペダルは使ってなかったSPDペダルを装着。XTRはちょっとオーバースペック。



チェーンラインの確認。真っ直ぐである。



ボトムブラケットとチェーンリング付近。メーターのセンサー用磁石は後で移設しよう。



カラーが選択できたのでブルーで統一してみた。結構いい感じに仕上がった。自画自賛。



早速ビンディングシューズで漕いでみた。ポジションは決まるし、引き足も使えるし完璧である。また、従来はQファクター(左右のクランクの距離)が広めだったが、これも標準的なサイズになって違和感は消えた。

theme : 自転車(スポーツ用)
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

だいぶ前の記事にごめんなさい。
チェーンラインのずれなどは発生しませんでしたか?

Re: No title

こんにちは。
チェーンラインのずれは無かったですね。トラブルと言えば負荷をかけるためのシューからのジャダーが発生して何度かメンテしています。

> だいぶ前の記事にごめんなさい。
> チェーンラインのずれなどは発生しませんでしたか?

No title

私の方はアメリカンBB→JISBBコンバーター+ピストBBで対応できました。
この記事がなかったらアメリカンBBというものに気づけないままあきらめていたと思います。情報ありがとうございました。

Re: No title

コメントありがとうございました。お役に立てたようで何よりです。

> 私の方はアメリカンBB→JISBBコンバーター+ピストBBで対応できました。
> この記事がなかったらアメリカンBBというものに気づけないままあきらめていたと思います。情報ありがとうございました。
プロフィール

hashiken

Author:hashiken
基本的に自分で作る、直す、メンテする。東京と安曇野の二重生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Photoscope∀
different version
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。